「掛け声方式」 るりこ

6月8日

○カボチャ→消石灰まき

 お父さんが、カボチャのうどんこ病には消石灰をまくと効き目があり、また予防にもなると教えてくださいました。
 この夏は雨が少ないので、まだうどんこ病は出ていませんが、早速、夕食後に粉雪姫カボチャとエビスカボチャに消石灰を撒いてきました。
 株の頭から、すべての葉に白い粉が行き渡るように撒きました。

 カボチャの手入れについての動画も見てみました。消石灰に含まれている、アルカリ成分で葉が固くなったり、厚くなったりするというのが驚きました。

 畑に見回りに行くたびに、うどんこ病が出ていないかドキドキしていました。
 今のところ株の勢いの方が強くて、粉雪姫の方はウリハムシもほとんどいないくらいに、病害虫になんか負けない! という勢いを感じますが、梅雨入りはそう上手くはいかないだろうとも懸念していました。
 なので、お父さんから消石灰はうどんこ病の予防にもなるという情報は、今やるしかないという感じで、今日すぐに実行できてよかったです。
 この夏のカボチャは、うどんこ病知らずの強いカボチャに育てたいと思います。

○ソフトバレー

 夜のソフトバレーがとても楽しかったです。
 今日はまなかちゃん、なつみちゃん、みつきちゃんとチームになりました。
 試合が始まる前、「失敗しても笑ってごまかしたらダメだよ」と、昨日の集合の話になり、「じゃあ笑わないには?」ということで、以前のやよいちゃんチームの声かけを取り入れさせてもらうことにしました。
 誰かが失敗したら、チームの全員で、「反省!」と、誰かが点を取ったら、「成功!」と叫ぶ、というものです。

 失敗も成功も、自分1人の責任ではなく、チーム全員の責任。
 これがものすごくよかったです。

 ファインプレーのときは、ものすごく大きな声で、「せーの!」「成功!!!」と言うと、嬉しさが何倍にもなるし、心の底からスカッとしました。
 反対にミスをしたら、それが自分のミスであろうと、仲間のミスであろうと、みんなで「反省!」という。失敗を言葉にすることで、ちゃんと自分の中に落ちるものもあるけれど、それが個々で籠もる形ではないので、良い意味で気持ちを切り替えて、(次は、「成功」と言いたい!!!)と、負けず嫌い精神が湧いてきて、逆に燃えました。

 まなかちゃんとなつみちゃんとみつきちゃんと、試合中はとにかくずっと声を出し続けていたのも、自然と気持ちが外向きになって、いつもより3本返しが多くできました。
 声を出すことで、必然的に気持ちのキャッチボールができて、試合が進むほどに団結力がどんどん強まっていくのを感じました。
 今日はいつもより勝てた試合が多かったのと、結果的には負けたけれど、良いところまで粘れた試合もありました。

 笑ってごまかすのもダメだし、反省から内に籠もって、自己否定になってしまうのも、何も生まれません。
 でも今日のように成功も失敗も、それが誰のものであろうと、チーム全員で同じ掛け声を大きな声で言うというのが、結果的にこんなにもチームワークが良くなって、みんなが楽しめるんだなとわかりました。
 
 また来週もこの掛け声方式を取り入れて、チームのみんなともっともっと連携のとれた、強いチームになっていけるといいなと思いました。