6月1日(水)「阿吽の呼吸で、ナス支柱のエクセル線張り & ピーマン第2弾の植え付け & 田植えに備えて」

6月1日のなのはな

IMG_6446

 

 ナス畑が、進化しています!
 午後は、「ナスのエクセル線張り」の作業。今期のナスは、支柱に横竹を使わず、代わりにエクセル線を張って、そこに大きくなったナスの枝を誘引していくという方法で栽培しています。
 初めにお父さんが、滝川横の畑で、エクセル線の綺麗な張り方を説明してくださいました。みるみるうちに竹にエクセル線を結びつけていくお父さん。
 お昼の集合で、「『センスの良い作業』を意識して動きましょう」と言ってくださったことを早速心がけて、お父さんの手捌きを、しっかりと見学しました。

 

IMG_6456

IMG_6458

 

 いざ、実践。私&よしみちゃんペアと、やよいちゃん&さきちゃんペアで、エクセル線を張り、まりのちゃん、のえちゃん、あきなちゃんで、畝の間の縦竹とエクセル線とをスズランテープで結んで行く、という役割分担で進めていきました。

 エクセル線は、横竹に比べると圧倒的に軽量で扱いやすいのですが、時々、張りたい位置まで引っ張る時に、他のエクセル線と絡まってしまうというトラブルが起こることが発覚。
「入口側の下段のエクセル線を結びます!」
「うなぎとり畑側の上段のエクセル線を引っ張ります!」
「こっち側、張り終えました! 次の畝に入ります!」
 ペア同士で声掛けをし合うと、お互いの息があっていくのを感じられて、作業が、また一段と楽しくなりました。

 

IMG_6493

IMG_6496

 

 17時ぴったりに、滝川横、そして滝川奥の全てのナスの畝に、綺麗にエクセル線を張り終えることが出来ました。作業時間は約2時間半。10a以上ある広い畑を、7人で力と心を合わせて綺麗に仕上げることが出来、清々しい気分でした。

「最後の方は、せいこちゃんが何を考えて動いているかが分かって来てたよ!」
 帰りの車の中で、よしみちゃんが笑顔で話してくれて、みんなが、互いに気持ちを汲み合いながら作業できたことを、改めて実感し、すごく嬉しかったです。

 

IMG_6482

IMG_6497

 

「畑づくりもある種、アートのようなもの」
 お父さんがよく話してくださる、この言葉が私は大好きで、今日も、みんなで、一つの美しいアートを創造する夢のような時間を過ごしました。
 横竹のない、空間の広い今年のナス畑は、どこか近未来的で、すごくすごくお気に入りです。
 立派なナスがたくさん収穫できるよう、引き続き、誘引などの手入れも頑張っていきます。

(せいこ)

 

IMG_6448

 

 

***

 

 夏野菜の王道、ピーマン。待望の第2弾の定植をしました。
 ハウスでピーマンの苗を見ると、もう畑に植えてほしいと言っているように感じ、これは今しかないと思いました。

 ピーマンの苗は、本葉6~7枚の、一番花が開花する直前の頃が植え付け時期で、ちょうどそのころを迎えていました。もうすこししたら、つぼみが出始め、1か月後には一番花が咲きます。1か月早く植えた第1弾は一番花が咲き、仕立てと摘花をする大きさになってきました。

 

IMG_6504
〈第1弾のピーマンは、白く可憐な花を咲かせ始めています〉

 

 今回の第2弾の定植は、1弾を植えたときにあらかじめ立てた畝に、穴をあけるところから始まります。その穴に水を入れ、定植後の苗を支える誘引用の篠竹をさしました。

 せいこちゃん、のえちゃん、あきなちゃん、あけみちゃんと、1人1役を担当し、それぞれの担当でスピーディーかつ丁寧に定植を進めていきました。苗を植えるときは、根鉢を軽くほぐして根張りをよくし、ピーマンの茎と篠竹をなるべく近づけて誘引しやすいようにします。そして、化成肥料をぱらっとまき、初期成育を助けます。化成肥料をやった後、またすぐに水やりをしてくれたので、急に植えられた苗も、すこしは安心したのではないかと思いました。

 

P6016722

P6016739

 

 最後に草敷きをしたのですが、これは害虫対策で、あけみちゃんが近くの畑から刈って持ってきてくれて、それがとてもふわふわのクローバーばかりで、とてもうれしかったです。クローバーは、敷き草をするのに最適で、やわらかいので害虫もそれを野菜の代わりに食べてくれたらいいなと思いました。

 ピーマンの定植も、コンパクトな人数でしたが、スムーズに終わり、そのあと竹取りも進めることができました。今、田んぼの作業や、桃の袋がけなどで、人手が必要な中、同時並行で、みんなで協力しあって作業を進められることがうれしいです。
 また、ピーマンだけでなく、他の野菜も続々と、一番花や一番果が付き始めているので、夏野菜の初収穫なども楽しみに、手入れしていきたいです。

(さき)

 

***

 

 1日を通して、明日から始まる田植えに向けての準備をしました。
 午前は、まえちゃんと、稲の苗に水をやるためのタンク補充、苗運びの軽トラが通れるようにミラシートを留めていたブロックやレンガの回収をしました。

 

IMG_6507
〈軽トラックには、苗を積むためのラックをセットしました〉

 

 午後は、あゆちゃん、まえちゃんとブロックの回収の続きをし、お父さんが来てくださって田植え機のメンテナンスをしました。
 1回でエンジンがかかって、田植え機の調子が良い、とお父さんが言いました。田植え機の爪の駆動部分などにオイルをさしたり、汚れているところを洗ったり拭いたりして綺麗にしました。
 そのときにお父さんが、田植えが終わった後は、ガソリンを満タンにして終わって、ガソリンタンクの中が水蒸気で錆びないようにすること、イスを倒して砂・埃がかからないようにしておくことを、教えてくださいました。

 

P6016756

 

 夜には、まえちゃんが、田植えに入るメンバーに、明日から始まる田植えの段取りや、気をつけることを話してくれました。
 苗は、それぞれの田んぼに配るトレー+予備としての1トレーを使い、枚数ぴったりくらいに植えられるようにしたいです。
 田植えには、永禮さんも来てくださって、私は永禮さんチームで、やよいちゃんと苗の補充などをさせてもらいます。
 明日から6月4日までの3日間、17枚の田んぼの田植えをします。

(さくら)

 

IMG_6505
〈日々、水やりを続けている苗が、もうすぐ田んぼへ出発です〉