「みんなの中だから」 どれみ

5月26日

 今日は、まっちゃんと誕生日をみんなの中で過ごせたことが嬉しかったです。

 まっちゃん、お誕生日おめでとうございます。まっちゃんが大好きです。
 まっちゃんと一緒に誕生日をむかえられ、みんなにお祝いしてもらい、まっちゃんと歌も歌えたことが嬉しかったです。
 まっちゃんが、「私、どれみちゃんと一緒の誕生日なんだ」と言ってくれたとき、嬉しかったです。同じ誕生日の人がいてくれて、昨夜は明日一緒にみんなに歌を歌いたいんだといってくれて歌えて、食事の席に座っていても目の前にまっちゃんがいてくれて笑ってくれていて、嬉しかったです。

 まっちゃんのいつも真っ直ぐで、正直で、オープンでみんなを楽しませたい、喜んでくれるように、という気持ちを感じます。まっちゃんが声をかけてくれるとき、いつも嬉しい気持ちにしてくれる、まっちゃんのやさしい気遣いを感じます。
 ちゃんとやろう、きれいにつくろうという気持ちで企画のラッピングやいちごの手入れ、日々の生活にむかっているまっちゃんの誠実さ、真面目さが素敵だなと感じるし、自分もまっちゃんのように物事に向かわないといけないなと感じることがあります。
 まっちゃんと一緒に今日の誕生日を過ごせたことが宝物だなと感じます。

 誕生日をお祝いしてもらえることが有り難いし、みんながかけてくれた言葉が自分にはもったいないほどの言葉でした。そんな風に見てもらえること、受け入れてもらえることが本当にありがたいです。今日、歌が歌えたこともみんなの中だからできることだと感じます。自分がみんなからそんな風に見てもらっているんだと感じ、自分に籠もっているなと感じるときは、みんなの言葉を思い出し、自分を正して過ごしたいなと思いました。

 お母さんが、これからはおしゃれもして、もっと自分を磨いて年齢に見合った身なり、品を身につけたらいいよと話して下さって嬉しかったです。意識して過ごしていきたいと感じました。年齢に見合った自分をつくっていきたいと感じました。それがこれから自分が生きていく上で生きやすくなる道しるべだと感じました。

 今日もみんなと畑に出て、サツマイモの定植や中耕もできてうれしかったです。
 今日も1日、ありがとうございます。