「夏の目標」 せいこ

5月20日

 ナスは現在、草丈40〜50センチほど。一番花は摘花し、2番花、3番花の蕾がつき始めています。今日は、下葉からチャノホコリダニが来はじめていたので、防除を行いました。

 今日の午後、しなこちゃんとナスの防除をしていたら、地域の方から、

 「すごく大きなナスが育っているね」と声を掛けて頂きました。
 毎日見回りをしていると、ナスの調子がいい時も「うん、今の所は概ね元気だなぁ。」くらいに感じていたのですが、こうして、地域の方から声を掛けていただくと、本当に嬉しいし、すごく誇らしい気持ちになりました。

 やよいちゃんたちと一緒に作った、ナスの支柱。今年は横竹をエクセル線にしていて、見晴らしがよく、いつ見ても美しいなぁ、と感じます。

 「せっかく、なのはなは農業だって、プロの農家か、それ以上のことをやっているんだから。道具も、誰もが正しく使えるようにしておいたほうが良い。」

 一昨日、お父さんがいなかった時の集合で、あゆちゃんが言ってくれた言葉を、ふと思い出しました。

 この時私は、「道具をちゃんと使えるようにならないと!」と思うと同時に、

 「なのはなの農業って、そんなに、プロの農家のようなことをしていたのか」

と、そこにも驚きました。

 

 確かに、お父さんが色んな野菜の栽培にあたって出してくれるアイデアや、先輩方が残してくれた今までの作業の記録。そしてその記録から、やよいちゃんを中心に、積み上げる意識で毎年進化させている畑作業。基本的な栽培方法はしっかりと踏まえて、それをステップアップさせるような形でみんなと向上心を持って作業をしていたら、なのはな農業は、客観的に見ると、「プロの農家かそれ以上のこと」になっていたのか、と、なんというか、すごく誇りに感じだし、そんな作業をさせてもらえていることをとても有難いとも思ったし、同時に責任感も今まで以上に感じました。

 一昨日の集合では、そのあと、クワや草刈機の使い方の話にもなって、私も知らず知らずにうちに自己流になっていたと思いました。もっともっと道具をきちんと、上手に、使えるようになりたいし、話にもちらっと出ていた、「畝立て講習会」も、もしやるなら、みんなと受けたいです。

 

 自分の体自体も、もっと上手に使えるようになる必要性を感じます。私は、筋肉が弱い方だと自覚していて、特に瞬発力系の筋肉は弱いし、踏ん張りが効かなくて、作業していても不恰好な時があります。体の筋肉と心の筋肉は連動してる、という話を聞いて、確かに肝心なときに、強く物事を言えなかったりするし、体も心もこういった面を成長させる夏にしたいという目標が出来ました。

 しなやかに、そして力強く動く体と、切れ味の良い心を作っていきます。

 あっという間に金曜日。明日はお仕事組さんやりゅうさんとも過ごせるのが楽しみです。

 今日も一日ありがとうございました。おやすみなさい。