5月11日(水)「ウズラの雛、次々に誕生!」

5月11日のなのはな

 朝から雨、今日は室内でさやちゃんと、もうじき生まれてくるウズラの雛のためにケージを再確認しよう! と、作業を進めていました。
 よし、これで準備OK! 明日孵る予定だけれど、卵の様子はどうかなあ……? と孵卵器の中を覗いて見ると

「……ひゃ~~~~!!!! 生まれてる~~~~!!!」

 小さな頭が2つ、ぴょこぴょこ動いているのが見えます!

 私の大きな声に、校内にいた皆が5年生教室に集まってきてくれました。
 孵卵器をそっと開けてみると、小さな小さな雛が2羽、孵っているのでした。予定より1日早く孵化したようです。

 しばらくすると、その近くの卵も揺れてひびが入りはじめます。
 がんばれがんばれ! とくちばしが出始めた卵にみんなで声をかけながら見守りました。
 その声に応えるように、自分の力で雛は卵を割って出てきてくれました。

 

WS002

WS000

 

 その姿を見ていると、なんだかうるうるしてきます。小さな小さなこの子が生きていると思うと不思議な気持ちになりました。
 500円玉サイズの小さなこの身体の中に命が宿っていると思うと、触る手が震えます。

 命が生まれる瞬間を初めて目の前で見て、すごくすごく感動しました。ずっと見てみたかった夢が叶いました。
 生まれてきた雛につい何度も、「えらいねえ、えらいねえ」と声をかけながら皆も、「可愛い!」と、見守る空気の温かさを感じました。
 早速、作りたての雛用のケージに入れてあげることが出来たのも嬉しかったです。

 お父さんに、「生まれました!」と伝えると、「すごいすごい!!!」と一緒に廊下を走ってすぐに5年生教室に見に来てくれました。
 お母さんも見に来てくれて、一緒に生まれたことを喜んで下さったのもとっても嬉しいです。

 その後リビングで、また卵がひび割れたけれどなかなか出てこられない雛を、お父さんが手伝ってあげてくれました。
 お父さんが卵を見つめる顔がとってもとっても優しくて、みんなで丸く囲みながら雛の誕生を見られることも幸せでした。

 

WS001

 

 元気に生まれて来てくれたのは、みんなが優しい気持ちで、雛の事を気にかけてくれていたからだなあ、とすごく思います。
 孵卵器に卵を入れるときも、たくさんの人に、「生まれますように」と言ってもらえたことも、その日から度々、「卵の調子はどう?」と色々な人に声をかけてもらえたことも全部、あの子たちは、なのはなの空気の温かさを知っているような気がしました。
 だから、みんなが雨で室内にいる時に顔を見せてくれたのかなあ、なんて思って、なんてお利口なの! と親ばか気分になっちゃうなあと思ってしまいます。

 この記事を書いている今は、7羽孵りました。(編注:夜21時30分の時点で、9羽に増えました!)
 まだ生まれてからすぐは弱りやすいので、大事に大事に育てて元気に大きくなってほしいなあと思います。

 ぴなぴな鳴いている小さな雛の誕生で、なのはなに集まっている愛情や優しい気持ちが、もっと濃くなっただろうなあと思いました。

(まなか)

 

ウズラの孵化をビデオでご覧いただけます!

 

***

 

 水曜日の夜と言えば……そう、ソフトバレー!
 コンサートを終えてから、夜の古吉野体育館はソフトバレーで賑わっています。
 今日は雨のため、特別に、午後の日中にもソフトバレーが行われました。

 

]

 

 毎週、月曜日、水曜日、金曜日、土曜日の夜に、A~Mチームに分かれてゲームをしています。私は、水曜日のチームに入っています。

 なのはなで、ソフトバレーは一つの回復の手段であり、目安となっています。柔らかいボールで、実力の差がつきづらいぶん、自分がどの程度、周りの人との距離感や状況を正しく認識し、心を使って動くことができているか、ということを、ソフトバレーを移し鏡にして、知ることができます。
 回復のためではあるけれど、負けたら床に突っ伏したくなるほど悔しいし、勝ったら、コビトさんの存在も忘れて、全員で手を取って飛び跳ねてしまうほどに嬉しいです。(コビトさんは、人が浮かれて喜びすぎていると、いたずらをしにやって来るのです)

 全員が同じコートで全力のプレーをします。
 勝つことだけを目指して、全員でボールを拾い、ボールを返す、それが本当に面白くて、毎週、自分のバレーの曜日を楽しみにしています。

 

IMG_5780

 

 今日も、(もうだめだ!)と思ったボールが、仲間のフォローで繋がったり、サーブがネットぎりぎりで決まったり、先週より、全体がレベルアップしていることを感じて、わたしも負けてはいられないと、負けず嫌いに火が付きました。
 前回は、4点のハンデを貰ってやっと1勝出来たのですが、今日は、助っ人に入ってくださったお父さんとけいたろうさんの力も借りて、2勝。水曜日のチーム内では3組中、2位!

 次回は、今回より1勝多い3勝を目指して、頑張ります!

(なつみ)

 

***

 

IMG-8634

 

 心臓まで届く振動。竹内さんがお手本を見せてくださったとき、太鼓を思い切り鳴らすことができたとき、そんな衝撃に包まれて、心が晴れ渡るような気持ちになります。
 夜には勝央金時太鼓の練習があり、11人のなのはな太鼓メンバーは、勝央文化ホールで、竹内さんから太鼓を教えていただきました。
 保存会35周年の記念演奏会を経て、新しいメンバー、新しいパートで練習を進めています。
 今日は、最大音量で太鼓を打つ基礎練習を主に行いました。

 

IMG-8626