「桃畑に座って」 つき

5月9日

 朝に雨が降ってしまって、今日に予定していた桃の防除は明日に延期になりました。
 防除ができなかったのは残念だけれど、その代わりに摘果を1日進めることができました。摘果も急ぎだと聞いていたので、進められてよかったです。

 今日は開墾26アールの白鳳が終わって、清水白桃にも入ることができました。ずっと集中して摘果をしていると、時間が経つのがあっという間です。摘果に入るごとに迷いがなくなって、感覚が掴めていくのがすごく楽しいです。桃が大きくなるのを考えて、イメージしながら作業をするのは集中力が必要で頭を使います。穿孔細菌病を見つけたら剪定ばさみで切って病気が広がらないようにするのも大事な作業で、ほんの少しだけれど桃を守れているような気持ちになれて、やり甲斐を感じます。

 終わった後は独特な疲れがあるけれどそれも心地良く、達成感があります。あんなちゃんが最後に向けてくれる素敵な笑顔も何度見ても嬉しい気持ちが広がります。
 今日の午後は、あんなちゃんが、
「この木が終わったらゲームをしたいです! この木が終わるまでにやりたいゲームを考えておいてください」
 と言ってくれて、休憩の時にゲームをしました。あんなちゃんの心遣いがすごく嬉しかったです。何をしようか考えながら作業をするのも楽しかったし、そのゲームに向けてみんなが集中して摘果をしている空気も新鮮な気がしました。

 何をしようか……となった時、あんなちゃんが石けりをやってみたい、と言ってくれました。みんな興味津々だったけれど、誰もやったことがなくルールが分からない……。仕方ないので次の機会にやろうということになりました。
 それで今日は、私は誰でしょうゲームをしました。このゲームは私はなのはなで初めて知ったゲームで、まだ2回くらいしかやったことがなかったので、できて嬉しかったです。ヒントとなる、決め手となるような質問をするのがすごく難しかったし、そこから想像して答えを導き出すのも難しくて、私は1問も答えられなかったのが残念でした。自分が出題者の時は、当てられてしまったら負けなのに当ててもらえると嬉しくて、つい拍手をしてしまいました。

 温かい空気の中、みんなで桃畑に座って笑いながらゲームができた時間がものすごく幸せでした。尊い時間、空間でした。
 リフレッシュできたおかげで、その後の摘果も集中力を保って最後までできたことが嬉しかったです。
 明日は今日できなかった防除があります。朝から始めるので緊張しますが、前回教えてもらったことや学んだことを、しっかりできるように、前回よりも良くできるようにしたいです。明日はあんなチャンチームで回らせてもらうので、しっかり見てさらに吸収して自分のものにしていけるように気持ちを作っていきたいと思います。今日摘果をしていても、穿孔細菌病やアブラムシなどの虫に吸われたようなあとのある実があったので、桃を守れるように頑張ります。