「有志ライブの準備」 せいこ

5月7日

 2022年の山小屋キャンプ、全てのイベントが終わりました。準備を含めたこの10日間ほどで感じたたくさんのことの本筋はまた感想文で書こうと思います。

*有志ライブの準備*
 謎解きゲームで遊んで、夕方になった頃から、まえちゃんが呼びかけてくれて、有志ライブの配線を手伝えたことが、すごく嬉しかったです。私はただただ、まえちゃんが指示してくれるものを持って行ったり、自分の楽器を繋いでいただけだったのですが、配線をするたびに少しずつ、どの機材がどういう役割なのかとか、どれとどれを繋ぐのかとかが分かっていくたびに、嬉しくなります。今日はリハーサルの時に、歌うみんなが聴けるような中音を急遽追加したのですが、中音スピーカーとDCPアンプがつながっていることは分かったのですが、DCPアンプとミキサーは、どの部分で繋がっているのかが見えなくって、また見に行こうと思います。
まえちゃんが機材を用意して繋いていくスピードは、すごく速くって、毎回感動します。

「私もイベントの配線で何回もトラブルを経験して、音が出ない時のパターンを学んだんだよ」
 自分が経験した失敗とかを、笑顔でありのまま伝えてくれるまえちゃんの優しさに、安心感をもらったし、改めて、私もまえちゃんのように、優しい人になりたいと思いました。

 ちゃんと役に立てるように、場数を踏んで、1回1回の配線に入らせてもらうたびにきちんと頭で理解して積み上げていきます。
 今日は、ライブ中も、まえちゃんやあゆちゃん、まことちゃんと、袖で聴かせてもらい、みんなの演奏のためのマイクの入れ替えなどもさせてもらえたのもすごく嬉しかったです。私は、りゅうさんのギターの音をとるために1番マイクを下げることでさえ、少しモタモタしてしまいました。私は、そんなに難しいことではなくても、初めてやることは、必ずといっていいほど、ちゃんと出来ないです。サラッと応用がきく人と、私みたいに融通の利かないとの違いって何なんだろう……分かりませんが、みんなの演奏をミキサーの側で聴くだけで、より良い音にするためにミキサーを操作しているあゆちゃんやまえちゃんの側にいるだけで、いつも何と無く観客になってみんなの演奏を聴いていた時よりも、よくよく曲の響きとか、みんなが歌いやすそうかどうかとかを意識するようになっていて、もっともっと音響のことを知りたい、という気持ちが大きくなりました。

 もっともっと書きたいことはあるのですが、またあした感想文で書きたいと思います。
 今日も1日ありがとうございました。おやすみなさい。