4月23日(土)「桃、春夏野菜、田んぼ、1日全力で進めました!」

P4230005
  
 桃畑では、桃の若々しい新緑に、清々しい気持ちになります。桃の摘果をはじめました。

 桃の花びらが散ったあと、ガクが残りますが、その中に小さな桃の実ができています。今はほとんどの品種が、赤いガクを残した状態で、緑色の新葉と相まって、可愛らしく見えます。現在、実の大きさは5ミリ~8ミリです。
  
P4230008

 摘蕾の時点では、霜が降りる危険性もあったため、蕾の数をかなり多めに残していました。今後、もう霜が降りそうにないので、これから5月下旬までに2~3回の摘果で、実の数を絞っていきます。
 
 実の数を段階的に絞っていく理由は、これから先の摘果でのショック(急激な養水分の変動など)を軽減させることや、病害虫や、変形果が出るなどのリスクを考えてのことです。1回目の摘果では、最終着果数の2倍程度まで実を絞ります。
  
P4230002
  
 この日は開墾17アールの早生品種を進めました。はじめにメンバーでやり方を確認しました。よく見ると、毛虫に食べられている実や、枯れてしまっている実が時々あるので、そのような実を見落とさないことや、葉の数に対して残し過ぎないことなどに気を付けて落としていきます。

 実がなるところを想像して、一番いい位置に実がきちんと残るようにすることも心がけたいと、伝えました。

 6月末に採れるはなよめという品種は、開花が早く、人工授粉が必要な品種の花粉採り用に蕾を多く残していて、多く開花していたので、葉の出方が少し弱く、開花するのにそれだけ体力を消耗しているのを感じていました。

 そのため、できるだけ早く摘果をしたいと思っていたので、前日と合わせて4本すべてのはなよめの1回目の摘果を終えられて、少しほっとしました。はなよめのあとは、加納岩白桃を進めていきました。作業を進めていくうちに、それぞれの目と手が慣れてきて、スピードが上がるのを感じました。
  
P4230010
  
 先日、霜が降りた日があったのですが、どの畑でも被害はほとんどなく、よかったです。霜を見越して摘蕾を甘めにしたところもあって、木によってはビッシリというくらい実がついている木もあり、早く摘果してやらなきゃ……という気持ちになります。

 桃の木の本数も増えたり、それぞれの木が年々成長していますが、私たちはみんなでやれるからそれが強味だし、良い作業をしていきたいです。  

(あんな)

***

 河原開墾畑にピーカンナッツを植え付けました!これまで古畑の一角で、17本のピーカンナッツの苗木を育てており、ついに1mほどに大きくなったものを、畑に植え付けました。お父さんと、さくらちゃん、りなちゃんと一緒に苗木を掘り起こすところから始めました。
  
P4230057
  
 スコップで軽く掘り上げられるようなイメージで始めたものの、実際には木の太さよりも根の太さの方が太く、広範囲に広がっており、そのことにとても驚きました。根元の土を軽く掘って、根の広がる方向性の見当をつけて、どんどんスコップで掘り進めていきました。

 ピーカンナッツは10mもの大木になると聞いていたけれど、さすがは根の張りも幼木のころから力強いのだなと感じました。
  
P4230060
  
 軽トラで畑や肥料倉庫を回って、植穴に入れる肥料を集めていきました。崖崩れハウス前上畑で作っている、おまんじゅう型の落ち葉堆肥や、牛肥、牡蠣殻、草木灰などを集めて、配合しました。

 河原開墾畑では、まず、17本を植え付ける位置に印をつけていきました。今すでに植わっている木の並びにそうように、あんなちゃんが見当をつけながら、篠竹を立てていってくれました。
  
P4230077
P4230088
   
 木と木の間隔は約4mをとり、今は十分に広々としているけれど、木が大きく成長するにつれて景色もどんどん変わっていくのだろうな、と楽しみになりました。植穴は、直径1.5mほどの円を描くように、クワやスコップで掘っていきました。月のクレーターみたいな穴が、畑にポコポコと空いている光景が、面白かったです。
  
P4230113
 
 今回は、透水防根シートで根の周囲を囲み、根域制限栽培を行います。植穴に、4種類の肥料を入れ、みつぐわで土とかき混ぜて、準備をしました。
  
P4230141

 いよいよ、ピーカンナッツを植え付けます。苗木の先端には、淡い緑色の葉が茂り、幹にはいくつもの芽が吹いていて、とても可愛らしかったし、希望を感じました。じょうろでたっぷりの水を注いで、大切に植え付けていきました。

20220423_161909
〈植え穴のなかには落ち葉堆肥や牛肥、草木灰、カキ殻を入れて混ぜ込みます。その上に土をいれて苗木を植え付けます〉

P4230136
  
 木を植え付けるというのは、想像以上にスケールの大きな作業で、2本を植え付けたところで、すでに夕方の4時を回っていました。少し厳しいな、そう思っていた時に、たくさんのみんなが畑に駆けつけてくれて、その笑顔がとても心強くて、嬉しかったです。

 大人数になってからは、肥料の配合、水やり、植え付けを役割分担して、一斉に進めて、ものすごいスピードで作業がはがどりました。最後に畑一面にピーカンナッツの木が並んだ光景を見たとき、胸いっぱいに充実感が広がって、みんなとできて嬉しかったです。
  
P4230147
  
 これから、元気に活着して、大きく育っていってくれたらいいな、と思いました。

(れいこ)

***

P4238671
〈ポポーの追肥もしました!ポポーはこの時期、赤い花を咲かせています〉  
 

P4238672

***

P4230034

 今日の午後は、粉雪姫かぼちゃを定植しました!
 山畑に着いてみると、午前の作業で作ってくれたかぼちゃの畝がずらり。その数なんと92個。綺麗におまんじゅう型に成形されています。
 やよいちゃん率いる午前の畝づくりメンバーの仕事の早さに感激しました。
  
P4230018
P4230019
  
  おまんじゅう型の畝のてっぺんに、かぼちゃの苗を植え付けていきます。ペアになって、1人が、植え穴に水を含ませ、もう一人が植え付け。植え付けてからも、もう一度、水やり。活着を促します。防草と保湿の目的で、株周りに草も敷き詰めていきました。途中で、あゆみちゃん、たけちゃんも来てくれて、嬉しかったです。

P4230024
P4230027

P4230033 (2)

 最後にカボチャの天敵、ウリハムシを防ぐためにネットがけ。90株近くの定植が、みんなの力で1時間ほどで終わりました!
 ホクホクした食感が美味しい粉雪姫カボチャ。収穫時期の実はほんのりと白くて、とっても可愛いです。今年もたくさん収穫できるのが楽しみだし、これからもしっかりと手入れしていきます!

(せいこ)

***

P4231043
〈石の下畑ではスイートコーンの植え付けをしました〉

  
P4231048

***
  

P4230054 (2)
〈1週間前に滝川横畑に植え付けたナスも活着し、葉がピンと立っています〉

P4230053 (2)

P4230066
〈半分畑で育てているホウレンソウ第2、3段には、芽が発芽するまで毎日2500~3000リットルの水やりをしています。第2段は少しずつ小さな双葉が地上に顔を出しています〉
 

P4230073

***

20220423_101745
〈田んぼには元肥入れを行っています。来月初旬には播種も控えていて、いよいよお米作りも本格的に始まります。しっかりと準備を進めていきます〉

20220423_101915