「桃畑、たけちゃんと」 ななほ

3月17日

 桃の摘蕾2巡目が始まりました。今日は午前午後と、摘蕾の作業に入らせていただき、1日で24本の摘蕾を終えることができました。
 午前の初め、桃畑に行くと四つ葉のクローバーがあって、それをまちちゃんに渡したら、まちちゃんが帽子の横にチョンとクローバーをつけていました。

 私は最初、その事に気が付かなかったのですが、少ししてからあんなちゃんがフフッと笑っていて、その目線の先にまちちゃんと四つ葉のクローバーがあり、私もつい笑ってしまいました。
 桃の摘蕾をしているととても時間が過ぎるのが早く感じて、あっという間に12時の鐘が、あたりに響きます。

 12時を過ぎたあたりから、地域の方が車で通りすがり、最後に青木さんが、
「もうすぐお昼にしましょうね!」
 と明るく笑って声をかけて下さり、その笑顔が嬉しかったです。
 午前中は主に開墾26アールの白皇を終えて、白鳳の摘蕾をしていたのですが、白皇のほうは、もう蕾もふっくらとして、先端がピンクがかっていました。

 摘蕾をした蕾を割ってみると、もう既に黄色い雌しべと雄しべと共に、ピンク色の花びらの姿も見えて、今か今かと桃の花が、開花の準備をしているのを感じました。そして、白鳳のほうのつぼみは割ると、黄色い雌しべと雄しべは同じようにつまっていたのですが、花びらはまだ白くて、透明に近いような色でその違いが面白かったです。

 今年はコンサートが春なので、もう少し花が咲くのは待っていてほしいのですが、霜対策の声がかかったら、いつでも動ける体制で、来週あたりからは気持ちも作っていたいです。

 午後からは26アールの清水白桃から始まり、開墾17アールも残り1本と言う所まで進めることができました。17アールのほうは、はなよめと日川白鳳もあり、それらは人工授粉が必要だったり、生理落花がしやすいなどの理由で2巡目の摘蕾はしないのですが、大人数での摘蕾で、半日にもかかわらず16本の桃の摘蕾ができました。

 午後からはたけちゃんも一緒です。車で抱っこしている時はとてもご機嫌だったのですが、畑に着いた瞬間、キョトンと立ち止まり、私を見たり畑を見たりしながら、(一体、ここはどこだろう)(僕、変な所に連れてこられちゃった?)(僕、ここにいていいの?)というように、茫然と立ち尽くしていました。

 でも、
「よし、たけちゃんも行こう! お姉ちゃんたちは今から、桃の摘蕾をするんだよ」
 と声をかけると、「もーも!」と言いながら後ろをちょこちょことついてきて、その姿に後ろは振り返らなかったけれど、心の中で嬉しさが広がりました。

 その後は、たけちゃんがずっと、私の後をトコトコとついて回って、なんだかアヒルのお母さんになったような気持ちになりました。今日は、たけちゃんもしっかりしようと思ったのか、私が斜面で滑りそうになっても、たけちゃんは1度も滑らなくて、転ばないように力を入れていて、その姿がカッコイイなと思いました。

 今日は26アールのお隣の方も作業をされていたのですが、「1歳半のたけひろです」と私が話すと、「まあ、かわいらしいね」と声をかけて下さり、たけちゃんが深い、深ーいお辞儀をしていました。
 それからは、私の脚立によじ登り、降りて、綺麗に脚立を上がっていたのですが、2段や3段目までくると、後ろを振り返り地域の方の様子をうかがっていて、それがまた可愛かったです。

 私は8段の脚立で作業をしていたのですが、時々バンバンと長靴を誰かが叩いていると思ったら、たけちゃんが4段目まで上がっていて驚きました。桃畑だから多少、転んでも大きなけがはしないだろうと思い、意識はたけちゃんに向け続けているものの、そんなにたけちゃんを下ろしたりせず、自由にさせていたのですが、4段目まで上がったたけちゃんの気持ちを思うと、何かのツリーに登った様な気分になっただろうなと思いました。

「なあなあ」「わーあ」。
 たけちゃんが1段上るごとに話しかけてくれて、下を見る度に満面の笑みがあり、両手を脚立にしがみついたまま、身体を後ろにそらせていて、その時の伸び伸びとした笑顔や、髪の毛が全部後ろになびいて、気持ち良さそうな表情を見ていると、小さい頃の私も、一緒に遊んで、この気持ち良さを感じているようで、たけちゃんにとっても私たちにとっても、今、この瞬間に幸せがたくさんあって、桃畑が1つのテーマパークだなと改めて思いました。

 桃畑にいる間は殆ど誰も、たけちゃんを抱っこしていなかったのですが、それでも脚立を動かせば私の後を追ってきたり、みんなに声をかけに行ったり、時には私の脚立の3段目に登り、みんなを真似して蕾を落としていました。
 本当にたけちゃんと一緒にいられる時間、たけちゃんの姿を見てなのはなの生活に向かえること、たけちゃんと一緒に畑に出たり、家族としてお互いの責任を果たしながら、未来に向かえる時間がとても幸せだなと思います。

 たけちゃんのとってもかわいい写真も撮ることができて良かったです。