【3月号⑥】「桃の樹のために頭と心を使って ―― 春に向けて進む、桃の冬季剪定 ――」 ななほ

 

 桃の蕾も日に日に、膨らみ始め、桃の樹は春に向けて身支度を整えています。
 その身支度をお手伝いするのは、そう私たち、桃の剪定部隊です。
 桃の枝吊りも一段落し、二月からは桃の冬剪定が始まりました。
 剪定部隊のリーダーであるあんなちゃんを中心に、お母さん、どれみちゃん、りなちゃんと桃畑を回り、期間限定の桃の散髪屋さんへと変身です。
 私はこれまでも夏季剪定、秋季剪定に入らせて頂き、実際に桃の枝を剪定してきたのですが、冬季剪定は補助に入ることしかなかったので、初めてのことでした。 

 

 

■桃の気持ちになって

 冬季剪定では日当たりや作業性を考えながら、不要な枝だけを切り落としていくのですが、むやみに切り過ぎてはいけないことをあんなちゃんが教えてくれました。

 初めの一本は、あんなちゃんがどの枝を切り、どの枝を残すのかを実際に剪定をしながら細かく伝えてくれて、私も、
(あんなちゃんは、どういう意図でこの枝を切ったのかな?)
 と考えながら、あんなちゃんの姿を見て、疑問に思ったときはその都度、質問し、自分のなかに基本を入れました。

 桃の樹は、枝が下がってしまうと、植物ホルモンの関係で木が弱ってしまうこと。内向している枝、交差している枝、内側の徒長枝、トンボ枝などの必要のない枝を切ること。
 桃の剪定も掃除をするときと同じで、上から下へと剪定をし、切りすぎず、残しすぎず、頭を使って剪定をしていきます。

 

 

 また、葉を茂らせて光合成をする桃は、葉からも養分を吸収して甘くなるけれど、日陰になり過ぎてもよくない、そして、まったく日陰がないと、枝が傷んでしまいます。
 それを踏まえて、桃の気持ちになり、桃のことを思い剪定をしていく時間はとても楽しく、面白く、桃の剪定は一つの表現だということを改めて感じました。

 夏に、あんなちゃんや桃部会のみんなと桃畑を回り、桃の収穫やブルーシート敷き、ネット掛けを回ったときのこと。そのときに、実がついた枝はどのくらい、しなっていただろうか。夏季剪定、秋季剪定のときに、何を思ってこの枝を残し、この枝を切ろうと判断していただろうか。

 今まであんなちゃん達と桃の作業をしてきたこと、そして今まであんなちゃんに教えて頂いてきたこと。
 剪定をしているときの私の頭は、それはそれは、とても愉快でたくさんの景色が広がっていて、私が判断したり考えた通りに、桃の樹は剪定されていきます。

 

 

■姿と感覚で覚える

 初日は、
(私はこの枝を切る。この枝はならせ枝として残そう)
(この枝は明らかに必要がない。これは日陰を作るために残そうかな)
 と考えて目星をつけたあと、あんなちゃんに確認し、答え合わせをするように剪定を進めていきました。

 初めのころは一本の枝を切るのにも勇気が要ったのですが、本当に桃を思い、自分が桃の樹になったらどうしてほしいだろうかと桃に問いかけるように考えていくと、段々と要らない枝が、「私を切って下さい」と言っているように感じるくらい、判断ができるようになりました。

 それはベースがちゃんとあるからで、農家さんによっても個人差はあるかもしれないけれど、なのはなではあんなちゃんが教えてくれる、糖度の高い質の良い桃を作るための剪定法を、私たちも姿と感覚で覚え、次へとつなげていきます。
 桃の作業はマニュアル通り、教科書通りに行くようなことはほとんどなくて、感覚、鋭い認識力、洞察力が重要だなと感じます。自分が使える最大限の力で、神経を研ぎ澄ませ、高い所を見て桃の作業をする時間は、大きなやりがいを感じます。

 

 

 開墾二十六アールから始まり、十七アール、池上桃畑、古畑と、桃の剪定メンバーのみんなと畑を回り、一本剪定するごとに、一枚の畑が終わるごとに、この上ない達成感と充実感を感じます。

 時には、作業も終盤に差し掛かったとき、お父さんがお母さんを迎えに桃畑へと来て下さります。
「お~。ナギナタガヤが上手く育ってるね」
「うん。今年は冬が寒いから、桃の開花も揃うと思うよ、開花が揃うと、その後の手入れもやりやすいし、いい桃ができそうだね」
 お父さんの笑顔や優しい声に、とても安心した気持ちになり、この広い、広い桃畑で今、桃の剪定をしているというのが自分でも夢のように感じるくらい、心が満たされます。

 古畑の剪定では、ふみちゃんとちさちゃんも剪定メンバーに加わり、ピンクジャンパーを着て、七人が桃の樹にとりついて作業をすると、周りを見渡せばいつも笑顔があり、ピンクジャンパーでパッと花が咲いたようです。

 

 

■剪定した枝は花枝に

 剪定した桃の枝は桃の節句に向けて、花枝作りをします。
 桃の収穫は早生品種の『はなよめ』から始まるのですが、桃の開花は早生から中生、晩生へと行くのではなく、晩生品種の『白皇』が真っ先に花を咲かせます。

 最初は、
(どうして、晩生品種なのに咲くのが早いのだろう?)
 と不思議だったのですが、以前、お父さんが、
「晩生品種は樹についている時間が長い分、じっくりと糖度を増していくんだろうね」
 と話していて、晩生品種は花が咲いてから実がとれるまで、数か月もの時間がかかるのですが、じっくり、じっくり、ユズのコンポートを煮詰めるときのように時間をかけて甘く、糖度の高い桃になっていくのかなと思い、少し納得がいくような気がしました。

 

 

 桃の剪定はまだまだ続きます。でも、のんびりとしていたら、もう摘蕾の時期が迫ってきて、桃は待ってくれません。
 実際に花が咲いたとき、葉が茂り実がついたときを具体的にイメージし剪定をする。これはとても面白く、魅力的です。
 これからもあんなちゃんに教えて頂いたことを隅々まで、吸収し理解し、桃にとって良い手入れができるように頭と心を使って剪定を進めていきます。