「思い切り気持ちを表現して」 えみ

2月13日

*3日間の音楽合宿

 お仕事組さんもいてくださった3日間の音楽合宿があっという間で、みんなとみっちりとコンサートに向けて練習できた時間がとても充実していて濃い時間だったなと思います。
 今回の音楽合宿では、『バード・セット・フリー』や『マディ・ウォーターズ』のダンスを分解してあゆちゃんに見てもらったり、『キュア・フォー・ミー』や『アップタウン・ファンク』の音入れもして、新しい曲がどんどんみんなの曲になっていくのを感じて嬉しかったです。

 1日目には、『バード・セット・フリー』のダンスをあゆちゃんに見てもらいました。サビの部分など、振り入れをしてから曖昧なまま覚えてしまっていたところもあったのですが、細かく分解して、みんなと一つひとつ揃えていくことができて嬉しかったです。

「本物の、長くて、重くて、切れ味の良い日本刀をイメージするんだよ」
 例え振りだとしても、本物の剣を持って、目の前の物体を切り裂くイメージを具体的に見ることを教えてもらいました。他にも、刀で自分の依存を断ち切っていくことや、本物の刀を心の中に作りあげていくことなど、あゆちゃんが曲の気持ちやイメージを具体的にみんなに話してくれて、ダンスの練習を通してどんどん自分の気持ちも作られていくのを感じました。

 サビの部分をみんなと繰り返し踊っていると、自然と強い気持ちになれて、勇気が湧いてきました。まだ、自分は回るときの足の動きが身体に入っていなかったり、身体の使い方に厳しさが足りなくて流れてしまっているところがあるので、これからの練習で、しっかりと正しい振りを自分の中に入れていきたいし、同時にもっと気持ちも前に出して踊れるようになりたいなと思いました。

 『キュア・フォー・ミー』や『アップタウン・ファンク』の音入れをしてもらって、コーラスを歌えるようになると、この2曲がより好きな曲になりました。『キュア・フォー・ミー』は、あゆちゃんの作ってくれた和訳を読ませてもらうと、本当に自分たちのための曲なんだなという風に思ったし、曲を通して自分が理解されているような気持ちになりました。あゆちゃんが見てくれて、みんなと音楽室に集まって練習させてもらった時間がなによりとても楽しかったです。一つひとつ歌い方のイメージを自分たちにも分かりやすいようにかみ砕いて伝えてくれて、どんどん歌いやすくなっていったのが嬉しかったなと思います。
 
 『アップタウン・ファンク』は、これまでにないくらいぶっ飛んだ歌詞で、思わず笑ってしまうくらい自己肯定感の強い歌詞がたくさん出てくるのですが、みんなと歌っていると無理にでも前向きで明るい気持ちになることができました。

 練習の時から、本番をイメージして、お客さんに気持ちの伝わるダンス、コーラスにできるように、これからもみんなと練習を頑張りたいなと思いました。

 ダンスやコーラスは、気持ちを表現するためのものなんだと、お父さんお母さんはいつも教えてくださります。
 最近の夜の集合で、内向きの気持ちと外向きの気持ちの割合をどう持つべきなのかという話をお父さんがしてくださって、それが心に刺さりました。
 
 自分が人からどう思われているかや、評価を気にしてしまっている部分が大きいと、大抵は内向きの気持ちが70パーセントから80パーセントくらいになってしまっている。その他の30パーセントから20パーセントくらいでしか自分以外のことを考えられていない。
 
 でも、本当は、自分に対する見られ方ではなくて、常によかれの気持ちで、どう人を楽しませるか、喜ばせるかという考えで頭をいっぱいにしておくべきで、そんなふうにいられたら外に出ても躓かずにいられる。ダンスやコーラスも一緒で、普段から内向きの気持ちでいたら、こもった音やダンスしかできないし、美しい表現はできない。お客さんにどう見られるかではなくて、どう見せたいかを考えないといけない。
 
 そのことを聞いて、今の私は、多分、普段は内向きの気持ちと外向きの気持ちの割合で言ったら、70パーセント対30パーセントくらい、もしくはそれより内向きの気持ちのほうが大きいなと思いました。自分が人からどう思われているかなんて本当はどうでもいいはずなのに、人に見捨てられるかもしれない、という怖さを感じる癖から、いつも自分のことばかり気にして、それで頭がいっぱいいっぱいになってしまっていると思います。それでは、ダンスやコーラスをしても何も伝わらないし、意味がなくなってしまうと思います。
 
「内にこもらない」というのは自分の課題だけれど、今回のコンサートに向けての過程を通して、みんなと思い切り自分たちの気持ちを表現して、その壁を破りたいです。
 また、コンサートに向けて、ダンスやコーラスの練習だけでなくて、ウォーキング練習もしています。普段から、もっと美意識や人に見られている意識を持って生活していきたいなと思いました。
 読んでくださりありがとうございました。