2月13日(日)「自分って、最高にホットでクール! 『アップタウン・ファンク』練習スタート」

2月13日のなのはな

 

 音楽合宿3日目の午後は、『アップタウン・ファンク』の振り入れをしました。まえちゃん、あけみちゃんと一緒に地道に考案させてもらっていたこの曲が、やっとみんなに伝え始められるところまでこぎ着けました。

 この曲は役者陣メインで踊ることになっていて、なおちゃんやせいこちゃん、まおちゃんなど、普段あまりダンスをしないようなメンバーもいてくれて、新鮮なメンバーでの振り入れでした。あゆちゃんが、振り入れの前に、
「キレッキレで揃えるっていうよりも、覚えたらあとはその役なりにで良くて、バラバラでもいいよ」
 と言ってくれて、それは絶対面白いことになる、と思ってわくわくしました。

 

IMG_5726

 

 私はまえちゃんと一緒に振りを伝えさせてもらいました。振りは、全体的にかっこいいのになんだか笑えてくるような動きになっています。キレッキレでロックダンスみたいにポーズを決めたかと思いきや、膝を内外にガクガク震わせるような動きが入ったり、かっこよくハットを被るようなポーズをしたかと思いきや、投げキッスをしてみたり。

 次はこんな動きです、と説明すると、みんなからどっと笑いが起きたり、やよいちゃんなんかは、声には出してないけれど、「そんな動きするの!?」という心の声が聞こえてくるくらい目をパッチリ開けて、唖然としていて、みんなの反応がすごく面白かったです。

 

IMG_5748

 

 この曲自体が本当に気持ちいいくらい自信満々で陽気で底抜けに明るいので、踊っていても自然と、「どうだ!」って感じで堂々としてくるし、ノリノリになっていきます。間違っていようがなんだろうが、自信満々に踊ってさえいればなにも問題ない! と思えてくるほど、清々しいくらい陽気な気持ちになれます。逆に言うと、どんなに振りが合っていようが、自信なさげに踊っていたらこの曲らしさが出ないです。

 繋げてカウントで振りをできるようになってきたら、曲をかけてやってみます。多少間違えても、サビ前のポーズと、そこからの「カモン!!」の動きさえキメれば、すごく気持ちがいいし、みんなも途中がちょっとわからなくても、そこだけは笑顔で思いっきりキメているのが楽しそうで見ていても嬉しかったです。

 

IMG_5807

IMG_5923

 

 今日は1番と2番を主にして、中盤がまだ空白で、最後のサビから、そのあとの8カウント8回分を振り入れするところまでいきました。空白の中盤には、マーチングのように楽器を持った人たちが出てきてくれる予定で、最終的にどうなっていくのか、すごく楽しみです。これからこの曲を作って楽しんで練習していきながら、みんなとこの曲みたいに自由で自信を持った自分たちを作っていきたいです。

(のん)

 

***

 

 とても楽しみにしていた、『アップタウン・ファンク』のコーラスの音入れがありました。

『アップタウン・ファンク』は、お母さんが選んでくれた曲です。
 スプリングコンサートで演奏する曲の中でも、飛びぬけてノリノリで、楽観的で、自己肯定感が強く、聴いただけでも嬉しくなってしまうような曲でした。
 金管楽器の華やかな音も利いていて、演奏も、コーラスも、全員が主役になれる曲だと、感じました。

 

IMG_5712

 

 午前中の音入れでは、図書室にみんなで集まりました。せいこちゃんがはじめに、『アップタウン・ファンク』のミュージックビデオを見せてくれて、みんなでこの曲の気持ちになりきるところから始まりました。
 ミュージックビデオでは、サングラスをかけた、ノリノリな男の人たちが街中で踊りながら歌っていました。男の人たちは、自己肯定感に溢れていて、どんな気持ちのときに見ても、元気が湧いてくると感じるくらい、明るかったです。

 あゆちゃんが和訳してくれた歌詞は、「自分にキスしちゃう!! もう自分最高!!」そんな気分が一貫していました。
 一体どこからこんな気持ちが湧いてくるのか、分からないけれど、ここまで自分を肯定して、周りの人も明るくできるような人は、とても素敵だと思いました。
 『アップタウン・ファンク』のコーラスをしながら、私もそんな人を演じて、別人になってしまえることに、ワクワクしました。

 音入れでは、せいこちゃんが、
「この曲は、音を合わせるというより、気持ちを作って歌う曲だと思います」
 と教えてくれました。
 音は多少バラバラでも良くて、大切なのは、ビートに乗ること、自分最高! と思う気持ちを揃えること、でした。

 コーラスも、最初から最後まで魅力的なフレーズが詰まっていて、歌うことがとても楽しかったです。中には早口で英語を言うところもあったので、バディ練習で、走らず、ぴったりに早口のところも歌えるように、何度も練習しました。
 私はななほちゃんと、しなこちゃんと一緒のバディで、「私たち、ここめっちゃうまいね!」と自分たちを肯定しながら、練習できたことが、楽しかったです。

 

 

IMG_5538

 

 午後は、体育館でバンドとの合わせ練習をしました。
 今、スプリングコンサートに向けて完成している『マディ・ウォーターズ』『バード・セット・フリー』『ホーリー・ウォーター』『ハッピー・フェイス』『キュア・フォー・ミー』『アップ・タウン・ファンク』の、6曲を合わせました。

 それぞれの曲を、はじめにダンスは無しでコーラスだけを歌って、もう一度ダンスを踊りながらコーラスを歌う、という風に練習していきました。
 体育館の中央の空間に、みんなの音を集めるように、ソプラノ、アルトで向かい合って、コーラスを歌いました。なのはなのバンドの、迫力ある演奏、あゆちゃんの歌と一緒に、コーラスを歌うことで、一つひとつの曲が自分たちの曲となっていくことを感じました。

 

IMG_5558

 

 それぞれの曲の空気感は違うけれど、根底にある、私たちの気持ちは同じで、いろんな角度から、思いを表現していく。なのはなのみんなの中で、あるべき表現をしていけることが、本当に嬉しいなと思いました。
 あゆちゃんから、より美しく、気持ちを前に出せるように、歌い方も教えていただけて、みんなでより良くしていけたことも、嬉しかったです。

 2回目にダンスを踊りながらコーラスを歌うと、コーラスだけのときよりは、音程を揃えたり、声を前に出したりすることが、かなり難しかったです。けれど、いきなりダンスとコーラスを合わせるよりも、落ち着いてコーラスにも意識を向けることができました。
 この練習を積み重ねて、確実にダンスを踊りながら、コーラスもあるべき形でしっかりと歌えるようになりたいと思いました。

 

IMG_5897

 

 合わせの後は、図書室に戻り、さとみちゃんに今までのコーラスの復習を見てもらいました。
『アップタウン・ファンク』の復習では、「Hot Damn」とソプラノで繰り返すフレーズの気持ちを、さとみちゃんが分かりやすく伝えてくれました。

「『Hot Damn』は、『それ、イケてるね』という感じの意味。でも、一番イケてるのは自分。最高にイケてる自分が、上から、『これは、イケてるな』と思うものを評価しているんだよ」

 さとみちゃんの言葉を聞いて、みんなから笑いがこぼれましたが、本当にこのフレーズにぴったりの気持ちだと思いました。
 そんな気持ちで歌うと、別人になり切ってしまえて、より、歌うことが楽しくなりました。

 

IMG_5684

 

 根拠はなくても、元気が湧いてきて、前向きになれるような、『アップタウン・ファンク』を、みんなで歌えることが、とても嬉しいなと思いました。
 お客さんまで、この溢れる肯定感、前向きさ、弾けた空気が伝わるように、これからも、楽しんで練習していきたいです。

(りんね)