「味噌づくり2日目」

2月1日

*味噌づくり2日目

 味噌づくり2日目の今日は、朝からチームのみんなと蒸米と種付け、引き込みの作業をしました。
(明日の朝は7時10分集合!)そう唱えながら寝たのですが、目が覚めてパッと時計を見たらちょうど10分で、(やってしまった)と思いました。みんなにすごく申し訳ないなという気持ちで、(どうしてこんな日に限って自分はこうなんだ)という自己否定で頭がいっぱいになりつつも、何とか気持ちを切り替えて、みんなとまずは昨日研いでくれていたお米の水切りをしました。

 ザルにはAからFまでのアルファベットが振って合って、それぞれ2つずつ、計12回戦分のお米をザルにあけて、朝食後から蒸せるように準備をしました。水を吸ったお米は、真っ白で少しぷっくりとしていて綺麗だったし、これが糀菌の住処になるんだなと思うとわくわくした気持ちになりました。

 少し早めの朝食をみんなと頂いた後は、いよいよ蒸米をさせてもらいました。ゆりかちゃんとちさとちゃんが、それぞれコンロについてくれていて、2台体制で、蒸籠を使ってお米を蒸していきました。蒸し加減は、「ひねりもち」と言って、耳たぶくらいの硬さ。蒸し過ぎるとご飯のように柔らかくなりすぎたり、それを通り越すと硬くなってしまったりするそうで、ちょうどいい柔らかさが糀にとって一番いいそうです。

 去年までの積み重ねで、コンロによって蒸しあがるまで何分かかるかがすでに大体分かっていて、その通りか、少し早めに、タイミングを見て、ゆりかちゃんやちさとちゃんが引き上げてくれました。

 蒸米されたお米に、今度は種付けをしました。お米を大体40度ほどに冷ましてから、緑色の粉状になった糀菌を、全体に茶こしを使って振りかけ、米粒の表面に傷をつけるようにしながら攪拌します。「糀菌は一人で歩かないんだよ」そうゆりかちゃんに教えてもらって、一粒一粒に糀菌が付くようにみんなと念入りに、でも冷めすぎないように混ぜていきました。

(上手く繁殖してくれますように)そう願いながら、育苗機の中にしまって、引き込みが完了しました。
 そこから1時間ごとにペアで見回りをして、35℃を目標に、少しずつ温度が上がっていくように温度を管理していき、夜の時間には、1回目の手入れ、切り返しをしました。

 育苗機の中から糀箱を取り出して、布巾をはぐると、パーッと栗ご飯のようないい香りがして、お米の表面に、薄っすらと白い斑点が見え始めていました。みつきちゃんが命名してくれたミルキークイーンのコージー君は、もう一方のお米のナマコちゃんよりも繁殖力が強くて、すでに全体が白っぽくなっていて、その明らかな差にちょっとびっくりしたなと思います。ナマコちゃんのほうは、大器晩成型かなとみんなと話していて、これからの成長が楽しみだなと思いました。

 夜の間は、私はどれみちゃんとペアで、2時と6時の見回りを担当させてもらいました。今日の朝はちょっとやらかしてしまったので、絶対に起きるぞと思って布団に入って、無事その時間に起きられて良かったです。

 廊下に出ると、時間が経つごとに家庭科室からの甘い香りが強くなっていくのを感じました。順調にここまで糀たちが成長してきてくれているのが嬉しいです。
 糀たちがいい形で味噌になれるように、明日もみんなと手入れを頑張りたいなと思います。

 読んでくださりありがとうございました。