「いい糀を作りたい」 しなこ

1月31日

 午後から味噌作りに向けての準備をしました。
 糀作りに必要なお米とぎをして、ちさとちゃんやゆりかちゃんをはじめ6人で30升のお米をとぎました。
 私は初めてだったので、口頭で教えてもらったあとに、ふみちゃんが実際にやって見せてくれました。糠がしっかりとれると菌が繁殖しやすいということで、お米が砕けないようにしながら、すすぎもしっかりしました。研ぐ回数や、すすぐ回数が決まっていて、毎年の味噌作りで作られた回数なんだなと思って、味噌作りのマニュアルができあがっていくのもすごいなと思いました。
 
 といだお米は水に浸して、最低15時間は浸すということでした。
 今日のメンバーはゆりかちゃんやちさとちゃん、どれみちゃんやひろこちゃんやふみちゃんで、お米研ぎのプロフェッショナルが揃っていました。予定していた時間よりも早くにお米をとぎ終えることができて、次の準備に取り掛かることができました。

 私は次に糀箱の煮沸消毒を、どれみちゃんとしました。
 糀箱が36箱と沢山あったのはびっくりしました。糀箱のメンテナンス(釘が出ていたら金槌でたたくなど)をしてから、大鍋で沸いた湯で消毒しました。
 家庭科室に戻ると、味噌作り第1弾のメンバーが揃って、育苗機のお家作りがされていたり、道具の準備をしました。

 これまで味噌作りをした人たちが残してくれた資料があるから、今も味噌作りができるなと思って、すごく嬉しいし、糀箱や育苗機が手作りで、どれも手作りなのが嬉しいなと思います。
 昨年も糀作りをしていたみんなの話を聞かせてもらっていたけれど、実際にどのようなことが行われているか、私もまだわかっていないので、楽しみだし、しっかりとやることを理解して、みんなでいい糀を作りたいです。
 明日も楽しみです。
 ありがとうございました。