「スターに」 さき

1月30日

〇コーラスオーディション

 午前中は、ホールでの金時太鼓の練習がありました。
 最初に保存会の方のアップに一緒に参加させてもらって、『那岐おろし』を全員で叩きました。こんなに大勢の人と叩くのは初めてで、とてもうれしかったです。両サイドでは、保存会の方が叩いていて、自分が音が出ていないところ、腕が上がっていないところを目に見えて感じました。

 そのあとは、『那岐おろし』を何度か通し、部分部分で竹内さんからアドバイスをいただきました。全体的に、最後になるにつれて最初のテンポより速くなってしまいます。そのことを自分でも感じていて、手が追い付けなくて腕があがらないところがあるなと感じました。

 なので、自分も含めて速くなりがちなところを抑えて、最初のテンポをずっとキープできるように、太鼓の音で感じながら叩きたいと思います。コンサートまでは、約2か月間ありますが、どんなときも本番だと思って練習にのぞみたいです。

 

〇コーラスオーディション

 金曜日の夜、あゆちゃんから音楽合宿の日程の説明があったとき、初めてコーラスオーディションなるものがあると知りました。

 課題は『バード・セット・フリー』。アルト一人、ソプラノ一人ずつがマイクコーラスとしてステージで歌います。午後からの『バードセットフリー』のバディ練習では、一人のボーカルとして歌うつもりで歌いました。

 練習に入る前に、バードセットフリーのあゆちゃんの和訳を読ませてもらって、曲の伝えたい気持ちを知ってから歌うと、今までと全然違った感覚になりました。
 
 本番では、心臓がバクバクで緊張したけれど、何より歌うのがとても気持ちよかったです。みんなの声を聴いているのも楽しくて、一緒に小さく口ずさんでいました。歌うのはもともととても好きなので、夢の舞台に立つような気分です。
 やはり、ボーカルのあゆちゃんをはじめ、マイクコーラスのよしえちゃん、ゆいちゃん、バンドメンバーのみんなが本当にかっこいいなと感じました。
 コーラスのマイクの前に立つと、なんだか自分がスターになったようで、勇気が湧いてきます。マイクを使うと、また普通に歌うのと雰囲気が違って、面白いなと思いました。

 もっともっと曲を聞きこんで、この曲のイメージを思い切り表現できるようになりたいです。