「言葉や眼差し」 えみ

1月23日

 お母さん、お誕生日おめでとうございます。いつも、本当にありがとうございます。いつも暖かくみんなのことを見守ってくださって、時には真剣に、真っすぐに向き合ってくださるお母さんの存在があるから、私はこうして安心して、前を向いていられるなと思います。
 廊下ですれ違った時、集合の時など、お母さんと目が合うと、いつも大きくて優しい笑顔を向けてくださって、その笑顔を見るたびに元気をもらいます。
 落ち込んで、自分ではどうしようもなくなった時、お母さんがかけてくださった言葉や、眼差しが心の中にすっと入ってきました。その時、お母さんは、自分以上に自分のことを理解してくださっていることを感じて、お母さんの深い優しさに、何度も助けてもらいました。その瞬間は、それに気づけなくても、時間が経てば経つほど、後から分かってくるということもあって、それが不思議でした。
 未熟で、間違ってばかりの私だけれど、お母さんのように、強くて優しい大人になれるように、新しい世界を作っていく仲間の一人になれるように、成長していきます。
 お母さんのことが大好きです。これからも、よろしくお願いします。

 今日は、1日、みんなとお母さんのお誕生日をお祝いできた時間がとても幸せでした。昨日から、ファッションショーに向けてみんなと衣装考案をさせてもらって、それぞれ物語とセリフを考えて、今日は一人ひとりレッドカーペットを歩いて演技をしました。その過程は自分にとってハードルが高くて、ギリギリまでどうしようかと緊張と不安でいっぱいでした。でも、本番で、舞台の前にお父さんと並んで座っていたお母さんの優しい笑顔を見ると、その気持ちも吹っ飛んだなと思います。
 みんなの衣装も見させてもらって、宇宙や人体の世界観をイメージしたみんなのアイデアつまった衣装が本当に素敵で感動したなと思うし、何よりもお母さんが、「コンサートに使えそうな衣装がたくさんありました!」と言って喜んでくださったことが嬉しかったです。
 スプリングコンサートに向けて、お母さん、お父さん、それから今いる仲間とこれから舞台を作りあげていけるのがすごく楽しみだし、その中で自分もしっかりと与えられた役割を果たしていきたいです。
 お昼には、りゅうさんの得意料理、餃子もみんなと作らせてもらえて、とても楽しかったです。自分はちゃんと包み方を教わるのは初めてだったかなと思うのですが、ずっとやっていたくなるくらい包むのも面白くて、りゅうさんやひでゆきさん、あゆちゃん、まりこちゃんが焼いてくださった美味しい餃子をみんなと頂けたことも特別で嬉しかったなと思います。

 お母さん、お父さんのことが大好きです。いつもありがとうございます。
 読んでくださりありがとうございました。