「お母さん」 ななほ

1月23日

 お母さん、お誕生日おめでとうございます。
 なのはなに来て、お母さんに出会えて、お母さんの子供になれたことが本当に幸せです。

 私にとって、お母さんは、理想であり、目標であり、お母さんの生きる姿勢、眼差し、姿からいつも勇気をもらっています。
 なのはなに来たばかりのころから、いつも泣いている私に、お母さんはすっと現れて、「顔をあげてごらん」と笑いかけてくれました。私は、そのお母さんの笑顔にどれほど救われたことか、本当にお母さんに未熟な私をそのまま受け入れてもらって、たくさん許してもらって、好きでいてもらってきたなと思います。

 お母さんがたけちゃんと接するとき、いつもお母さんはたけちゃんと同じ世界を見て、同じ土俵に立っています。それは、赤ちゃんだけではなく、大人も、子供もお母さんはいつも100パーセント、真剣に目の前の人の為、誰かの為に真っすぐと向かっていて、お母さんの生きる姿勢に、私は心を正されます。

 お母さんは強い厳しさと強い優しさをどこまでも、どこまでも持っています。
 お母さんが、「ななほは、本当はどう思ったんだ?」と聞いてくれる時の眼差し、お母さんが、「なのはな保育園を作ったらいいよ」と話してくれた時の笑顔、時には厳しく向き合って下さり、お母さんと話していると、私はお母さんに信じてもらっているんだなと感じます。

 お母さんのかけてくれる言葉は、優しい時も厳しい時も、どれも私の心に素直に届き、宝物になります。
 お母さんと話していると、透き通るように優しい瞳がいつも私に、(お母さんの仲間だよ)と語りかけてくれるように感じて、お母さんが私に正しい道を示して下さり、今の私ならこの言葉の意味を正しく分かってくれると信じて下さるから、お母さんからもらった言葉に、私は力をもらいます。悲しいとか、残念とかではなく、ただただ、お母さんの気持ちが、お母さんの笑顔が、お母さんの勇気が優しくて、嬉しくて、お母さんと話すたびに嬉しくて涙が出そうになります。

 お母さんの話して下さるような、なのはな村を私は一緒に作ります。
 お母さんが、
「お母さんは、1人じゃ何もできないんだけれど、みんながいるから」
 と話して下さるように、私はお母さんの仲間として、お母さんと一緒に優しい世界を作る1人になります。

「3人いたら村を動かすことができる、5人いたら世界を動かすことができる」
 と、お母さんがお父さんに教えてもらったと話していたように、なのはなの仲間がいたら、なのはなの輪が広がっていったら、本当にあるべき世界を作れると信じます。
 私1人では、できる事も限られているけれど、少しでもお父さんとお母さんの助けになりたいし、お母さんのように、潔く、強くたくましく生きていきます。

 お母さんの事を思うと、言葉では表せないくらいに、私はお父さんとお母さんに出会えて本当に幸せだなと感じます。
 お母さんが、なのはなの会を作った時のお話をしてくれたり、今まで散々戦ってきて、道を切り拓いてきてくれたこと、まだ見ぬ誰か、私たちの為に道を切り開いてくれたことが本当にありがたく、尊敬しています。

 私にとってお母さんは、今の時代のジャンヌ・ダルクです。剣ではなく、心で戦うジャンヌ・ダルクです。
 私はお母さんに続きます。お母さんの仲間として、今も、未来も生き続けます。

「前向きな所にしか答えはないんだよ」
 お母さんの言葉に気持が正されます。
「1人を慎みなさい」
 お母さんの言葉に答えをもらいます。
「卵が先か、ニワトリが先か」
 お母さんの言葉に未来を信じることができます。今の自分は本当に未熟だけれど、理解や今の自分の現状は後付けでもいいから、気持ちだけはお母さんと同じところを見て、お母さんに続きます。

 本当にお母さんに出会えて、私は初めて未来に希望を持つことができました。初めて未来に夢を見ることができました。
 
 お母さんの厳しさも、お母さんの優しさも、いつも私を支えてくれます。強くて、潔くて、勇敢で、本当に広い心を持ったお母さんが大好きです。
 いつも真正面から向き合って下さり、私の未来を信じて下さり、一生懸命に真剣に向かってくださりありがとうございます。お母さんの娘になれて、お母さんの仲間になれて嬉しいです。

 お母さんと同じ時代を生きるものとして、利他心1本で生きていきます。お母さんのことが、大好きです。

・宇宙と人体をテーマに

 午後からは『宇宙と人体』をテーマに、お母さんのお誕生日会をしました。
 1人ひとりが、スプリングコンサートで登場させたい人物・衣装を考えて、衣装部を率いるお母さんが、「よし、使おう!」と言ってくれるような衣装、そしてお父さんの脚本に良い刺激を与えるような人物やストーリーを作り、お父さんとお母さんに見て頂きました。

 以前、お母さんが、
「お母さん、帰ったらお父さんに言ってみるから、みんな協力してね」
 と笑いながら話してくれた、宇宙と人体のお話。それを基に、宇宙について調べたり、人体について調べている間に、頭の中でストーリーができていき、私は彗星の戦士の役を演じました。

 みんなの衣装やストーリーもどれもレベルが高く、美しくて、4時間があっという間に過ぎてしまったなと思います。
 当番などをしていたらあっという間に9時を回っていて、今日はここまでなのですが、本当にお母さんのお祝いをみんなでできて嬉しかったです。

 昼食の餃子もみんなと作って、私は写真を撮ったりしていたのですが、りゅうさんやひでゆきさんが、餃子ポーズをしてくれたり、2人がとても嬉しそうでした。餃子も本当に今まで食べた餃子の中で一番というくらい、ジューシーで餡も美味しかったです。

 また、りなちゃんと一緒にシンビジウムとストレリチアの花束も作りました。なのはな産の、今朝切り取ったばかりの花をお母さんにプレゼントできて、小さいものだけれど、喜んで頂けて良かったです。ユズのコンポートも、前々から、お母さんのお誕生日にと思っていたので、りなちゃん達と出すことができて嬉しかったです。

 卒業生からもたくさんの花束が届いていて、夜にちさちゃんとりなちゃんと花瓶に生けました。お母さんの周りにはいつもたくさんの仲間がいて、たくさんの家族がいて、そのみんなともなのはなファミリーを通して繋がっていられることが嬉しいです。