1月19日(水)「バンドの楽譜、完成 & 目線の先に景色を ――『ホーリー・ウォーター』振り入れ」

1月19日のなのはな

 連日頑張っている、バンド演奏の楽譜作りも、そろそろ終盤になってきました。今日は、さとみちゃんもお仕事がお休みで、一緒に作業できて嬉しかったです。午前中は、近々、みんなで練習を行う、シーアの『バード・セット・フリー』のコーラスパートの最終調整や、アデルの『イージー・オン・ミー』の楽譜作りを進めました。

 

IMGP9522

 

 『バード・セット・フリー』は、原曲の音取りから、なのはなバンド用にアレンジするところまで、すべて、さとみちゃんが楽譜を作ってくれていて、今日は、実際にコーラスパートを2人で歌ってみました。この曲のコーラスは、原曲の時点で、いくつもの声が重なっており、曲の壮大さ、重厚感を担っています。改めて、なのはなのみんなで、演奏するにはぴったりな曲だなぁ、と思いました。

 そして、バンドメンバー以外が、みんなダンサーで演奏する曲だということも考慮し、踊りながらでも歌いやすいような、それでいて、曲のドラマチックさが最大限引き立つようなハーモニーを意識して、最終調整していきました。
 さとみちゃんは、原曲には無いようなハーモニーも、編曲の時点で作ってくれていて、その部分が、すごく素敵で、明日みんなで練習できるのが楽しみです。

 

IMGP9525

 

 続いて、『イージー・オン・ミー』の楽譜作り。私が担当している楽譜作りはこの曲が最後です。原曲は、ピアノとベースが主で、少人数編成のバンド曲です。先日から作業を進めていたのですが、細かいニュアンスまできちんと音を取って楽譜にしていこうと意識すると、他の楽器数の多い曲と同じくらいか、それ以上に、時間がかかりました。

 この曲をより良く聴かせるには、ピアノもベースも、ものすごく高度なリズム感というか、「ノリ」が必要だな、と感じます。ボーカルのあゆちゃんの声が、たくさんの人の心にどこまでも深く響き渡るような演奏にできるよう、しっかり練習していきたいです。なのはなバンドでは、まえちゃんのギターも入った演奏にできるよう、編曲を考えました。
 たくさんあった楽譜作りもこの曲で最後。今後、バンドの合わせで変更するところもあると思いますが、今日でひとまずの区切りをつけられて、一安心です。

 

IMGP9523

 

 午後には、自分のパートの練習を始めることができました。まず取り掛かるのは、やっぱり、『マディ・ウォーターズ』。コンサート練習初日からみんなが踊り込んでいるこの曲から、私も練習を始めました。スケールの大きな曲です。

 今日は全体の譜読みをし、実際に弾いてみたのですが、まだまだこの曲の理解を深めていかないといけない、と感じました。まずは、原曲をたくさん聴きこんで、この曲を演奏する気持ちを作っていきます。そして、なのはなのみんなとだからこそ表現できる形に昇華させた演奏ができるよう、みんなのダンスをどっしりと支えられる演奏ができるよう、これから努めていこうと決心しました。

 

KIMG0183

KIMG0192

 

 楽器練習をさせていただくたびに思うのですが、演奏は、自分の心がものすごくダイレクトに表れてしまいます。強い気持ちがないと肝心な1音に鋭さが出せないし、大きな優しさがないと丸い音が出せません。

 楽器練習を終えるといつも、
「もっとちゃんと生きたい。もっともっと自分の心を成長させたい」
 と感じます。気づけば、なのはなに来てから、音楽は、私にとって、背筋を正してくれるものになっています。そのことがとてもありがたくて嬉しいです。コンサートに来てくださる方々の心に深く深く響くような演奏をみんなと作り上げていきます。

 勝央文化ホールで行う、なのはなスプリングコンサート。今いるメンバーで最高のコンサートにできるよう、みんなで精一杯努めます!

(せいこ)

 

***

IMGP9499

 

 卒業生ののんちゃんがダンスの構成、振り付けを考えてくれて、のんちゃんに教えてもらいながらみんなとダンス練習する日々が続いています。それがダンス合宿をしているみたいで、音楽とダンスを通して日常に非日常が混ざっているみたいで嬉しいです。

『マディー・ウォーターズ』『バード・セット・フリー』に続いて、3曲目、今日は『ホーリー・ウォーター』の振り入れを、のんちゃんがしてくれました。
 はじめに、体育館で身体を温めるために、みんなで『ホーリー・ウォーター』を聞きながら、体育館の中をぐるぐると走りました。
 体育館に響く『ホーリー・ウォーター』の音とメロディは、花が散っていくような、少し春を連想させる切なさを感じる、とても綺麗な曲でした。スプリングコンサートに、ぴったりだなあと思いました。

 

IMGP9645

 

 ステージ一杯に、みんなで三重の円を作るフォーメーションからはじまります。
 曲の中には、両手で口に触れてから、聖なる水を掬って、それを天に捧げるような振りが何度も出てきます。
「この振りを、この『ホーリー・ウォーター』の象徴となる振りにしたいんだ」
 とのんちゃんが話してくれました。

 

IMGP9685

 

 みんなで囲う円のなかでは、あけみちゃんやのんちゃんが、軽やかに、でもとても速いダンスを、華麗に踊っています。
 教えてもらったばかりの振り付けで踊りながらも、中心で踊るあけみちゃんや、のんちゃんのことを思いながら、あけみちゃんとのんちゃんと円のグループが一体となってステージを作っている感覚が嬉しかったです。
 そして、みんなで同じ動きをし、一つの作品を作っている感覚が嬉しかったです。
 この曲とダンスを通して、みんなで伝える気持ちを深めて、表現していくのだと思いました。

 

IMGP9734

 

 のんちゃんが考えてくれた振り付けは、とても綺麗で、本当にこの曲とマッチする、なのはなの私たちの気持ちを乗せられる、なのはなのダンスだなあと思いました。
 振り付けを考えて、そしてみんながステージいっぱいに広がり、美しく見える構成を考える、のんちゃんが本当にすごいなと思いました。

 午前の時間ですべての振りを入れることができて、ダンスが完成しました。
 あゆちゃんが最後に見に来てくれて、
「のんちゃんの踊っている目線の先には景色があるんだよ、目線の先に景色を見なくちゃいけないよ」
 と教えてくれました。
 この曲を踊るとき、目線の先にどんな景色を描くのか、それを考えたいと思いました。
 こうでありたいと思う景色を見て、踊りたいと思いました。

 

IMGP9703

 

 自分はまだ自分の気持ちも、曲に対する理解も未熟だと思いました。曲を通して、みんなと気持ちを深めて、理解を少しでも深めていきたいと思いました。
 みんなと曲を通して自分の表現する心を深めて、見てくれる人にとって意味のある、なのはなの『ホーリー・ウォーター』にできるようにしたいと思いました。
 今日は振り入れしたばかりなので、気持ちと共に、振りもしっかりそろえていきたいです。

(やよい)