「大きくなっていく」 まち

1月8日
 
 昨日の夜は、たけちゃんと、あけみちゃんと、どれみちゃんと、ななほちゃんと一緒に寝ました。たけちゃんが一度泣いて、抱っこしたときの温もりが、不思議な感じがしました。暗くて、ちゃんと見えなかったけれど、確かに命の温もりがあって、そこに、小さいけれど確実に大きくなっていく魂が感じられました。小さいけれど、たくましく感じました。思ったよりもろくなくて、自分の「意思」を感じました。こんなにしっかりしているのに、どうにかして自分の思い通りにしようとか、保護したいって思うのは、もしかしたら驕っているのかもしれない、とふと思いました。

 そのまま寝かせるとき、たけちゃんがずっと左手で私の顔を触っていて、身体を離そうとしてもずっと触ったまま、眠ろうとしていました。誰かのぬくもりを確かめるようだと思いました。それがすごく可愛かったです。

 たけちゃんは夜中一度しか泣かなくて、すごくぐっすり眠っていました。朝、おむつを替えるとき、おむつ替えるよ、と言うと、自分から横になって、されるがままの状態になったりして、お父さんやお母さんが言うとおり、たけちゃんは人間3回目以上なのだと思いました。

 昨日からPC室の片付けや、たけちゃんとのお泊まりで、どれみちゃんと一緒にいることが多いのですが、どれみちゃんが、本当に、何でもできてかっこいいのに、決して自分の手柄にせずに、すっと引いて、人のために動いている姿が、なんてすごいんだろう、と思います。PC室の片付けも、掃除機掛けからカーテンの目隠しまで、全部、どれみちゃんがやってくれました。そして、今朝も、気が付いたらおむつを持ってきてくれていたり、一緒にたけちゃんと着替えたり、すっと手を貸すけれど、決して自分のものにしないところが、欲がなくて、尊敬します。そういう部分を、私も見習うべきだと思いました。自分、自分とならず、人のために動けることが尊くて、その姿が、とても素敵だと思いました。

 たけちゃんと一緒にいたり、みんなと一緒にいたりすると、もう能力や勉強ができる、できないに関係なく、幸せだと思います。頑張らないと幸せになれないとか、人よりできることが幸せで、そうじゃないといけないと思い込んでいた節があったけれど、何もなくても、みんなと笑い合ってたけちゃんと暖かい気持ちになれること、そういうことこそが、本当の幸せだと思いました。何もできなくても、みんなと幸せになることができて、それが、人間らしい幸せなのかと思います。そう思うと、ものすごく安心した気持ちになって、どうあっても、自分がどういうコンディションでも、どうあろうとも、幸せであるから、すべてを手放すことができる、と思いました。

 幸せのその日暮らしって、そういうことなんだ、と思いました。

 今日は成人式のお祝いフォトムービー撮影があって、ひなのちゃんも帰ってきてくれるみたいでとても楽しみです。3人の記念に残るムービーを、素敵なものになるように私もいつも笑顔で、出来ることを頑張りたいと思いました。
 
 今朝は、ハクサイを収穫しました。私は、年末以来、久しぶりに穫ったのですが、ハクサイ2弾が立派に大きくなっていて、ハクサイ縛りをしたスズランテープを外し、外葉を何枚か落とすと、真っ白くて綺麗なハクサイが姿を見せて、嬉しくなりました。

 午後は明日の成人式に向けて、車内掃除をしたり飾りを作ったりしました。車内掃除をしていると、海に行く前とか、駅伝の前に、同じように掃除をしたことを思い出し、幸せな気持ちになりました。古吉野では、えみちゃんやりんねちゃん、ひなのちゃんが綺麗に化粧をして、髪型を明日の予行演習で決めていて、本当に美しくて、そこだけ世界が止まったような美しさで、化粧と髪型だけでこんなに綺麗だから、明日が本当に楽しみになりました。ひなのちゃんも帰ってきてくれて、家族揃ってお祝いできることがすごく嬉しいです。

 やよいちゃんチームでお祝いムービーも撮りました。みんなでどんなムービーにしようか考えている時間もとても楽しかったので、それが今回で終わってしまうのは、ちょっと寂しい気持ちになったけれど、練習も本番もすっごく楽しかったです。3人を好きな気持ち、お祝いできて幸せな気持ちを込めて、みんなと、たけちゃんと一緒に撮りました。まえちゃんが優しく付き合ってくれて、本当にありがたくて、みんなと、こうしてお祝いできるのがすごくありがたいと思いました。

 体育館の飾り作りで、花紙を広げる作業をしました。まおちゃんがコツを教えてくれて、丁寧に広げていくと、きれいに花形に広がって、それをふたつ合わせると、まんまるの、お花のぼんぼりができます。みんなとリビングで集まりながらやるのがとても暖かくて、幸せでした。そして、お花紙を広げるのがとても楽しいと思いました。3人の成人式のお祝いを、盛大にみんなで作り上げていけることが、本当に楽しいです。

 明日は、3人の着付けのヘルプに、あやかちゃんとつきちゃんと、入らせてもらうことになりました。すごく嬉しいけれど、緊張するなあ、と思います。成人の3人はもっと緊張するだろうな、と思って、どうか、柔らかい雰囲気で、笑顔で、3人の着付けが少しでもスムーズにいくように、できることを頑張りたいです。どうか、美しい着付けができますように、少しでもできることがあったら頑張りたいです。

 みんなが受け入れてくれていること、優しいことに感謝して、私も、できることを頑張ろうと思います。明日が、どうか良い日になりますように。読んで頂いてありがとうございました。