「誇りを持って」 えみ

1月8日

*成人式フォトムービー撮影3日目
 今日は、午前中にひなのちゃんがなのはなに帰ってきてくれて、午後からは、りんねちゃんとひなのちゃんと3人で撮影をさせてもらうことができて嬉しかったです。

 午前は、明日の予行練習として振袖用のヘアメイクを、あゆちゃんやゆりかちゃんがしてくれました。振袖の色に合うようにとアイシャドウの色を悩み悩み選んでくれたり、髪型や髪飾りも、自分にやってもらうのが申し訳ないくらい本当に華やかなものに仕上げてくれました。ようやく明日が本番なんだなという実感が湧いてきて、すごく緊張もするけれど、ここまでみんなに着飾ってもらうと、嬉しい以外の恥ずかしい気持ちとかがだんだんと消えていく感じがしました。

 午後からは、前半は、ひなのちゃんのドレス衣装の撮影をしたり、後半は3人揃っての写真もとらせてもらいました。
 衣装選びの時に、これは絶対ひなのちゃんに似合うねとゆりかちゃんが選んでくれた、真っ白なドレスを着て、お花の壁を背景に立っているひなのちゃんの姿が、本当に可愛くて、愛おしくて、涙が出てくるくらい素敵だったなと思います。
 
 お花の壁は、りなちゃんやななほちゃんが、梅干しなどを干す時に使う枠のついた網に造花をたくさん差して作ってくれたものなのですが、手作りとは思えないくらい立派な背景になっていて、あるショットではその陰から、ひなのちゃんが覗いているような構図でとっていたりと、工夫やアイデア次第でどんな世界も作りだせてしまうのが本当にすごいなと思いました。

 後半は、この間の紅白で、りんねちゃんやひなのちゃんが着ていた、紅クラゲの衣装を私も着させてもらって、紺色の星空を背景に3人でちょっと遊び心のある写真を撮らせてもらいました。かにちゃんやゆりかちゃんが、背景に小物を足してくれたり、宇宙に飛んでいるように見えるポーズを考えてくれて、夢のある感じが出ていてびっくりしました。ひなのちゃんが加わってくれると、その場の雰囲気が一層にぎやかになって、一緒に過ごさせてもらえた時間がとても嬉しかったです。
 
 明日は、いよいよ本番です。やっぱり、緊張します。でも、なのはなのみんなの代表として、みんなの中で成人式を迎えられるから、もうあんまり怖くはないです。自分にはこんなにも大切に思ってくれる仲間、家族がいるから、どんなに不出来なところがあっても、誇りを持って生きていくことができます。成人式に向かう過程の中で、そのことに気づかせてもらえて、感じさせてもらえて、感謝の気持ちでいっぱいです。
 なのはなの子としてふさわしくあれるように、明日は1日堂々としていたいし、一生に一度の日をみんなの中で楽しみたいなと思います。

 読んでくださりありがとうございました。