「書き初めと百人一首」 よしみ

1月2日

 三が日2日目の今日は、1日を通して書き初めと百人一首をしました。私は午前が書き初め、午後が百人一首です。書き初めでは顔真卿の字をお手本にして、「春光」という字を書かせていただきました。最初にお父さんが顔真卿について説明してくれたり、書道での筆の使い方なども教えてくれてありがたかったです。久しぶりの書道は、最初は全然慣れなくてやっぱり難しいなと思いました。
 
 今日気づいたことなのですが、私は書道のとき筆を寝かせすぎて書いてしまう癖があり、気がついたら筆が寝ているということが今日も何度もありました。でも、意識して筆を立てて書くようにすると、それまでよりも圧倒的に書きやすくなった感じがします。練習した「春光」の作品をお父さんが一人ひとり講評してくれて、私は書き出しが顔真卿のようにとがっていなくて丸くなってしまっていること、書き終わりの止めのところが曖昧なことなどを教えてもらって、もっともっと自分をなくし顔真卿の真似をしなくてはいけないなと思いました。
 何度も練習していくうちに、最初よりも圧倒的に進歩した感じがしてすごく嬉しかったです。
 
 そのあとは今年の抱負を清書しました。私は「信頼」と書かせていただきました。もっと信頼し、信頼される人になりたいという気持ちを込めてこの熟語にしました。みんなが書いた作品は食堂に全て展示してくれていて、みんなの作品も見させていただけて嬉しいなと思います。集中した空気の中で自分も書き初めをして心を正すことができて、書き初めの時間が楽しかったです。

 午後からは百人一首をしました。私のチームはなんといってものんちゃんがとにかく強くて、散らし取りのときは、のんちゃんが自分と正反対側の札まで飛んでいって取っている姿が本当にかっこよかったです。
 
 青冠では、2回戦ってなんと2回とも相手チームに勝利することができました。対角にいる同じチームの人がどのカードを持っているのか、相手チームは何のカードが出されたら嫌なのかを考えながらやっていくのがすごくドキドキして面白かったなと思います。
 
 坊主めくりも2回やったのですが、1回目が終わった時点で黄色チームと赤チーム(私がいるチーム)はほぼ同点くらいでした。最後の1回で私は最初に「蝉丸」を当ててしまってかなり驚いたのですが、そのおかげか私とつきちゃんのペアは最後まで大量のカードを死守することができ、午前と午後の総合結果でも見事1位になれてすごく嬉しかったなと思います。坊主めくりもかなり心臓に悪いくらいドキドキしたけれど、みんなで賑やかにできてすごく楽しかったです。

 夜のセブンブリッジでは実行委員をさせていただきました。うまく司会進行ができなくて申し訳なかったなと思うのですが、みんな楽しんでくれていたみたいで、みんなの笑顔が見られてとても嬉しかったです。明日もセブンブリッジがあるので頑張りたいと思います。
 読んでくださってありがとうございました。