1月3日(月)「紙版画で、『楽しんでいる私』を & 白熱の独楽回し・羽根つき・セブンブリッジ大会」

1月3日のなのはな

DP2Q0005

 

「書初めでも陶芸でも、いつもは基本を大切にと言っていますが、今日の紙版画は芸術的に作ってみましょう!」
 お父さんのそんな掛け声とともに、始まりました、お正月遊び3日目。

 毎年、新しくお正月遊びに加わる創作系の遊び。今年は紙版画をすることに決まりました。
 テーマは『楽しんでいる自分』。

 

 

 私はてっきり、花とか置物とかモノがテーマだと思っていたのですが、『楽しんでいる自分』と聞いて、頭を悩ませました。
(う~ん。私、いつも楽しいんだけれどな~)
 なのはなでの生活は何をしていても楽しくて、面白さがあって、1つに選びきれません。
 桃の枝吊りも摘果も霜対策も楽しい。
 畝立て選手権や牛肥撒きも好き。
 ダンスや楽器演奏、ただ廊下を歩いているだけでも楽しいのですが、その中から1つ、『レインボーのダンスを踊っている自分』を思い、作品を作っていきました。

 

DP2Q0017

 

 私は去年の11月から、藤井先生に教えて頂き、木版画教室に入っているのですが、同じ版画でも、紙版画はまた違う面白さや魅力があるなと思いました。
「絵が苦手という人は、紙版画には向いているかもしれませんね」
 お父さんのその言葉を信じて、簡単な下書きを書いた後、後は頭の中で想像しながら、ハサミを動かしていきました。

 笑っている表情、瞳の動き。手の形などを考えながら構図を決め、芸術家になったつもりで、紙を切っていきました。
 紙版画だと、奥行きも紙をずらしたり、下にすると出すことができて、繊細な部分は難しかったけれど、これがどんな風に刷り上がるのか楽しみになりました。

 

DP2Q0007

DP2Q0001

 

 ふと前を見ると、お父さんが笑いながら作品を手にしていて、そこにはまさに芸術作品の姿がありました。
 そう、お父さんの作品は、『腹筋をしている、未来のお父さん』でした。

「お父さんの作品、彫刻みたい!」
 あゆちゃんがそう言った瞬間、リビングにいたみんながお父さんの方を向き、「わ~すごい!」という声と共に笑い声が広がります。
 さすがお父さんと思うくらいに、その作品はとても迫力があり、力強さや前向きさが伝わってきて、ただの紙のはずが、金色に光って見えました。

 

DP2Q0026
〈お父さんの紙版画、『腹筋をしている、未来のお父さん』です!〉

 

DP2Q0022

DP2Q0025

 

 限られた時間の中だったのですが、集中して机に向かい、自分に向かい、紙版画を作る時間はとても面白かったです。
 最後、みんなで列になって、完成した作品を見て回りました。
 ソフトボールにバレエの基礎練習、サックスやギターを弾いている姿。
 秋の運動会での竹取物語、泥んこ相撲。
 
 みんなの楽しいことを知ることができて嬉しかったし、みんなの作品を見ていると、(こんなこともあったな)(今年も楽しみだな)と思いました。
 作品の中の、仲間が笑っている姿に、誰もが楽しんで版画を作って、その時も今も楽しんでいるのを感じました。

 

DSCF6413
〈『草刈りをしている私』〉
DSCF6416
〈ダンスを踊っている、芸術的な作品もありました〉
DP2Q0033
〈ソフトボールが楽しい!〉

 

  『楽しんでいる自分』をテーマに、紙版画を作り、改めてどんな時も、仲間と一緒なら生きていることを楽しめるんだと改めて思いました。
 たとえ、難しいことや大変なことがあったとしても、仲間となら乗り越えられると信じることができます。
 
 刷りの作業はまた後日に行なうのですが、実際に刷られることでどんな仕上がりになるのか、それはまだお楽しみです。
 芸術家になった気分で、紙版画作りができて嬉しかったです。こんな風に、日々感じたことや、思ったことを色々な方法で表現できるのは、とても面白いと思いました。
 
(ななほ)

 

***

 

 お正月3日目、午後はコマ回しと羽根つき大会でした。
 最初に宇宙人たちが登場して、可愛く午後の説明をしてくれました。
 6チームに分かれて対決です。手回しごま、糸引きごま、木ごま、アルミごまの4種類で戦います。私はかにちゃんチームでした。

 

IMGP6597
〈宇宙人たちが、コマ回し大会・羽根つき大会を開いてくれました!〉

 

 最初に練習の時間をもらい、色々なコマを試して、得意なコマで参戦します。
 私は小学生のころ、くるくると簡単に木ゴマを回していたような記憶があったので簡単に回せるだろうと思っていました。
 でもやってみてびっくり、うんともすんとも回りません。
 多分周りから見たらコマを投げつけているように見えたことでしょう。
 のりよちゃんがコツを教えてくれているのを聞きながら、何とか一度だけ回せました。とっても難しかった!

 

IMGP6651

 

 私は練習の時に綺麗に回せた手回しごま、糸引きごまで参戦です。
 1種類3回戦。かにちゃん、ゆかこちゃん、ほしちゃんと私で前半は戦いました。
 最後のほうまで回り続ける試合が多くて、どれも3位以内に入ることが出来てとってもわくわくしました。コマを応援する声もだんだん大きくなっていきます。

 

IMGP6634

IMGP6624
〈糸引きゴマ〉

 

 後半の木ゴマ、アルミゴマでは、ゆいちゃんやはるかちゃん、りゅうさんが活躍してくれました。
 ゆいちゃんやはるかちゃんは、コマ回しが苦手と言っていたのにいざ本番になるとびゅんびゅんコマは回り続けます。

 

IMGP6696

IMGP6659

 

 投げた直後は傾いて回っていたのに、みんなが回り終えたくらいに持ち直して真っすぐ回り始めたりと、予測不能なコマの動きが面白かったです。
 コマが最後まで残った時のハイタッチや、つい大きく、やったー! とみんなで叫ぶのもすごく温かくて楽しい時間だったなあと思いました。

 名人戦では惑星を模した小さな台に向かってコマを着陸させます。
 6チーム、せーの! で一度に投げ入れるので、それだけでも難しそうです。
 1回目はゆりかちゃんが、2回目はお母さんが見事着陸成功!
 成功したチームには宇宙人から「MIKAN」がプレゼントされました。

 

IMGP6776
〈新しい惑星へ向かって、いざコマを投げる!〉
IMGP6760
〈2回戦でそれぞれ、あゆちゃんチーム、お父さんお母さんチームが見事着陸!〉

 

IMGP6783

IMGP6769

 

 名人戦も終わり、いよいよ結果発表。
 みんなで集まり、待っていたところでサプライズが。

 ひでゆきさんとあゆみちゃんが、長男のたけちゃんと、昨年の12月22日に生まれたばかりの赤ちゃんを連れて来てくれました。
 みんなが気になっていた名前も「泰知(たいち)くん」になったと発表してくれて、素敵な名前をみんなで呼ぶことが出来ました。

 

IMGP6804

 

IMGP6818
〈生まれて13日目の、泰知(たいち)くんです〉

 

IMGP6812

 

 生きているんだよなあと不思議になるくらいに小さく可愛くて、これから一緒に成長していく姿を見られることがすごく幸せなことと感じました。

 心がほっとしたところで結果発表。
 6位のチームから、よしえちゃんチーム、お父さんお母さんチーム、あゆちゃんチーム、ちさとちゃんチーム、なるちゃんチーム、。
 そして1位はなんと、かにちゃんチームで私たちのチームでした!
 最初はみんな、自信がないと話していたので、とっても驚きました。
 楽しいコマ回しの時間がお正月遊び3日目をうんと盛り上げて、羽根つき大会に向かっていきました。

(まなか)

 

***

 

 コマ回し対決を終え、続きましては羽根つきです。
 黄緑色フリースのなるちゃんチーム。コマ回しでは、第2位となかなかの好成績。果たして、羽根つきの実力はいかに……。

 始まった羽根つき大会。まずは、ノーマル羽根突き対決です。ノーマル羽根つき対決は、全6チームの総当たり戦です。2分間の制限時間のなかで、何回連続して羽根を突くことができたか、その回数を競います。
 1回の対戦に、1チームから4ペアが出場し、全ペアの突いた回数を合計します。

 

IMGP6908

 

 各チームに、袋に入った羽子板と羽根が配られ、さあ、競技スタート!
 まずは、ペア分けを決めていきます。今回の羽根つき大会では、いったんペアと出場順を決めたら、全ての試合をそのオーダーで戦い続けるとのこと。最初の選択が重要です。実力が同じくらいで、息が合いそうな相手と組みたい。チームでのベストパフォーマンスを発揮できる組み合わせを探っていきます。

 練習に軽く羽根を突きながら、お互いの相性を確かめます。同時に、羽子板と羽根のコンディションも吟味します。
 決定したペアは、なるちゃん、あんなちゃんペア。せいこちゃん、さくらちゃんペア。そして私は、まちちゃん、のえちゃんと組んで、2回試合に出場します。

 初戦は、お父さん・お母さんチームとの対戦です。私は、まず、まちちゃんとペアで出場。
(うーん、数分間の練習だけでは、まだ羽根突きの感触を掴みきれないな……)
 とにかく肩慣らしのつもりで、リラックスしていってみよう。
 向かいには、明るい笑顔のまちちゃん。やる気に満ちています。それでは、よーいスタート!

 

IMGP6922

 

「カコン、カコン、カッコン……」
 赤と緑のカラフルな羽根が空中を舞い、羽根を突く音が響きます。(ああっ、落としちゃった!)でも、なかなかに続いているぞ。がんばれ、私達! 結果は、122回。(おおっ、私達けっこう上手いかも!)滑り出しは、好調です。
 続いて、のえちゃんとペアで出場。安定した球を返してくれる、のえちゃん。ちょっと狙いがそれたときも、落ち着いて立て直してくれます。結果は、93回。うん、なかなかいいじゃないか。

 そして、運命の全体結果発表。4ペアの得点を合計し、その合計得点を競います。私達、なるちゃんチームは、266点。対する、お父さん・お母さんチームは……377点!
(うわー、負けた!)
 負けたチームには、勝ったチームからの墨入れが待っています。今回の墨入れのテーマは、『宇宙人』。お父さんによる墨入れ。何やら、眼鏡のようなものが書き込まれた感触。
(宇宙人に、一歩近付いてしまった……)

 

IMGP6878

IMGP6913

 

 気を取り直して、次の対戦です。

 次の対戦相手は、よしえちゃんチーム。水色のフリースが爽やかです。先ほどの対戦では、よしえちゃんチームのさやねちゃん、さくらちゃんペアが、194回の記録を叩き出していました。強豪チームです。
 再び、まちちゃんとペアで羽根をつきます。「カコ、カコ、カコ……」(あっ、なにか調子が良い)羽根が、落ちません。2分間つき続け……なんと、2分間一度も落とさずにつき通しました。「やったー!」思わず、まちちゃんと抱き合って飛び上がります。結果は……「201回!」200回越えの記録に、自分達もびっくり。

 この勢いにのり、次はのえちゃんと出場。(あれあれ、今度も調子が良いぞ)またまた、一度も落とさず羽根をつき通し、結果は203回。記録更新です。
 そして結果発表。なるちゃんチーム、492回。よしえちゃんチーム、452回。(やったー、勝った!)強豪チームに勝った喜びに、チームが沸きます。
 勝ったら、相手チームの顔に墨入れです。ちょっとお洒落な宇宙人をイメージし、るりこちゃんの額にダイヤマークを書き込みます。ついでに、鼻筋にもちょっと模様を入れて。良い具合に仕上がりました。

 

IMGP6851

 

 この調子で、次の対戦だ。
 続いての対戦相手は、緑フリースのあゆちゃんチーム。
 さあ、まちちゃん、いってみよう。そろそろチームワークができてきたかな。試合開始。前に出した左足と、後ろに引いた右足。両足でリズムを取るように、体重移動を繰り返します。そうすれば、羽根がちょっとそれたときも、フットワーク軽く取りにいけます。

「カン、コン、カン、コン」
 羽根を付く音が一定のリズムで聞こえているときは、順調にいっている証拠。呼吸が合ってきました。
「距離近くする?」羽根をつく距離を近くすれば、それだけ2分間の制限時間以内に突く回数を多く稼ぐことができます。ちょっと距離を狭めて……「ああっ」羽根の軌道が乱れて、落としてしまいました。やっぱり、欲を出してははダメだね。謙虚に、気持ちを引き締めていこう。

 あゆちゃんチームとの対戦。結果は、なるちゃんチーム403点対、あゆちゃんチーム472点。(負けたー!)私の左頬に、羽根突きの羽根のマークを書き込む、ななほちゃん。頬の上を、筆が滑る感触がくすぐったい。(悔しいー! 今度こそは!)次の対戦に臨みます。

 

P1035139

 

 しかし次の対戦相手は、ちさとちゃんチーム。ここまでの試合で、最も高得点を出しているチームです。ちさとちゃん、よしみちゃんペアと、さやねちゃん、さくらちゃんペアが、安定して200点前後の点数を出し続けています。ピンク色のフリースも華やか。さて、勝てるか。

 まちちゃんと、羽根をつきます。調子は、悪くない。得点は、ぴったり200回。次はのえちゃん。おっと、半ばで羽根を落としてしまい、結果は133回。チームの総合得点は、444点。対するちさとちゃんチームは、541点。100点近い差を付けられてしまいました。

 そしてノーマル戦、最終戦。相手は、かにちゃんチームです。
 ここまで戦い続け、ちょっと集中力が切れてきた……苦しいぞ。結果は、まちちゃんとの回が、124回。のえちゃんとの回が、114回。チームの総合得点は、279回。対するかにちゃんチームは……206点!(やった、勝った!)筆を手に取り、ほしちゃんの右頬にハートマークを書き込みます。ノーマル戦は、これにて終了。ここまでの結果では、なるちゃんチームは5位。続いて、名人戦に突入です。

 

IMGP7014

 

 名人戦は、トーナメント戦です。各チームから最も羽根つきが上手なペア、名人ペアをひと組ずつ出し、トーナメントを戦います。
 しかし、この名人戦。普通の羽根突つきとはひと味違います。
 実行委員さんが、なにやら大掛かりな道具を運んできます。運ばれてきたのは、なんと平均台。この名人戦、名人ペアは平均台の上に乗り、その上で羽根をつき、連続して突けた回数を競います。しかも羽根を落としたら、そこまでで終了。一発勝負です。

 

IMGP7037

 

 私は、まちちゃんと、この名人戦に出場することになりました。
(平均台、けっこう高いな……)ちょっと怖い。でも、やるしかない! 裸足になって、気合い充分。さあ、いってみよう! 私達ならば、きっとできる!

 1試合目は、お父さん・お母さんチームとの対戦。フットワークを封じられ、どこまで羽根をつき続けられるか。まずは、練習です。平均台の上に乗り、ドキドキしながら羽根を相手の方へつきます。(あっ、意外と続く……)ここまでで培ってきたチームワークが、いきています。いけるいける!
 いよいよ、試合です。おっかなびっくり突き始め、けれど、意外と続いているぞ。
 結果は、83回。(平均台の上でも、意外と打てるものだなあ)相手チームは、17回。見事トーナメント戦、初戦を勝ち上がりました。

 

P1035200

 

 続いての対戦は、よしえちゃんチーム。さやねちゃん、さくらちゃんペアです。ノーマル戦では、制限時間いっぱい落とさずにつき続け、安定して200点台を出し続けていたペアです。球の軌道が安定していて、近距離で打ち合い回数を稼いでいるという印象の相手。これは、強いぞ。
 でも、私達だって負けてない。試合開始! 打球は、決して安定している訳ではない、まちちゃんと私のペア。右へ左へ小さくそれる球に、反射神経で食らい付きます。安定感は無いけれど、ガッツはある。それが、自分達らしい戦い方。そんな思いがします。今回は、調子が良いぞ。球が続いています。
 結果は、179回。対する相手は、75回。やった、決勝戦進出です!

 

P1035211

 

 迎えた名人トーナメント、決勝戦。相手は、ちさとちゃんチームの、のんちゃん、さやちゃんペアです。ここまできたら、勝つしかない。いざ決勝戦、いってみよう!
 まちちゃんと私の羽子板の間を、行ったり来たりする羽根。右にそれ、左にそれ、そのたびに、腕を伸ばして羽根を拾いにいきます。羽根の向こう側には、真剣な眼差しのまちちゃん。視線は絶えず羽根を追い、耳には、羽根を突く音が規則正しく響きます。お互い、羽根つきの世界に没頭し、集中しています。
「あっ!」相手チームは、球を落とした模様。まちちゃんと私の球は、まだ、続いています。いつまでも、つき続けられそう。そして……。「まちちゃん、あやかちゃんペア、124回!」対する相手チームは「73回!」「……やったーー!!」
 平均台から飛び降り、喜びに、お互いを抱きしめ合いました。名人戦、優勝です。

 

P1035240

 

 名人戦の得点が加算され、気になる総合結果は……なるちゃんチーム、第3位! 5位からの、躍進です。やった!
 でも、やっぱり最後は墨入れ。総合優勝は、ちさとちゃんチームです。ちさとちゃんチームのみんなが、他のチーム全員に、仕上げの墨入れをします。

 

IMGP7091

IMG_4892

 

 ちさとちゃんチームの前にできた行列。みんな、最後の一画を入れて貰います。墨入れは、魔除けですからね。しっかり墨が入ったほうが、今年1年、安心して過ごせるというものです。
(ああ、楽しかった)そんな充実感を胸に、羽根つき大会は幕を閉じたのでした。

(あやか)

 

P1035246

 

***

 

IMGP7133

 お正月遊び、2日目と3日目の夜は、セブンブリッジ。
 毎月7日に行っているセブンブリッジですが、2回の点数を合計して順位が決まりました。
 今年の干支、寅にちなんで実行委員の耳にはかわいい寅耳。そして、リーグのモチーフは、いろんなトラ! トラ! トラ!

 私は、この2日間、まなかちゃんとペアの白チームでした。
 1日目の前半では、ミラクルなカードが現われます。なんと、エース3枚、2が2枚、ジョーカーが2枚という神がかりなカードでした。カードをめくった瞬間、あまりにすごくて2人して思わずにやりと顔に出てしまいました。
 それからも、運はついてまわり、何回かあがることができてうれしかったです。

 

IMGP7203

IMGP7152

 

 他のチームでも激しい戦いが繰り広げられているようで、叫び声があちこちから聞こえてきます。どんなカードだったのか、全チーム見て回りたいくらいです。
 
 今回は、一部の試合に、新しい特別ルールが取り入れられました。あらかじめ点数に加算される倍数を決め、勝ったら自分の倍数×負けたチームの倍数。負けたら勝ったチームの倍数×自分の倍数。という驚愕の、天か地獄のようなかけです。

 しかし、そんなルールもものともせず、3倍や4倍にするチームもありました。
 実際、2倍のチームが一発上がりすると、4倍となり、さらに負けたチームが3倍で、計12倍となるという、大どんでん返しとなりました。

 そのルールは、みんなの試合を翻弄しました。隣のリーグにいる、白チームのほうをふと振り返ると、7が2枚にジョーカーが1枚という恐るべきカードが見えました。これはいったい何点の失点なんだろうかと思うと、聞くだけで耳をふさぎたくもなります。

 

IMGP7167

 

 私たちのチームはというと、安全策をとり、1倍そのままです。1日目の前半はとても調子がよかったのですが、1日目の後半と、そして2日目の後半になってくると、どんどんカードが冴えなくなってきました。

 バラバラのカードがほとんどで、ポンやチイとなくことができないことに、歯がゆさを感じながらも、まなかちゃんと、「次はいける、次はいけるぞ」と毎回ハラハラしながらできたのが楽しかったです。
 最後の試合では、特別ルールで2倍にしてみました。その試合はお父さんとお母さんが一発上がりという結果で、700点くらい点数を取られてしまい、悔しかったです。

 

IMGP7173

IMGP7189

 

 セブンブリッジ大会も終わり、2日間の総合結果。1位は青チーム、2位はピンクチーム、3位は白チーム、4位は赤チーム、5位は黄色チームという結果に。
 黄色チームは5000点というマイナスでしたが、後半追い上げていき、しかしながらそれでも、赤は逃げ切ったようです。

 罰ゲームは、お父さん自身が考えたという、顔と手首から先だけを使ったゲームです。お題は「1回はおせち料理を顔で表現し、もう1回はそれを食べたときの表情」というものでした。
 考案者のお父さんも、まさかの罰ゲームに崩れ落ちていましたが、見事な煮しめを表現しているところが面白かったです。
 また、みんなが必死に顔で表現しようとしている姿がかわいくて、食べている表情も本当においしそうな顔をしていました。

IMGP7228 IMGP7258

IMGP72671 IMGP7262

IMGP72831

IMGP7237
〈表情を見て、なんのおせち料理を表しているのか、みんなで考えました〉

 

 お正月遊び3日間は、たくさんの卒業生が帰ってきてくれて、みんなで囲んでおせちを食べたり、ゲームができた時間がとえも充実したものとなり、楽しい時間が過ごせました。

(さき)

 

***

夕食では、卒業生のしほちゃんが働いている牧場から、お土産として持って帰ってきてくれた、美味しいチーズをみんなで頂きました!