「小さくて、小さくて」 ななほ

12月31日

(朝)
 年末年始に卒業生もたくさん帰って来てくれて、一緒に過ごせるのが嬉しいです。大好きな仲間と新年を迎えられるのが嬉しいです。

 また昨日はもう1つ、嬉しいことがありました。
 夕方にたけちゃんを送りに、たけちゃんハウスへ行った時、あゆみちゃんの2人目の赤ちゃんを抱っこさせて頂いたことです。

 私はたけちゃんよりも小さな子を抱っこしたこともなければ、生まれてから1週間しか経っていない赤ちゃんを見るのも初めてでした。
 まだこの世界に生まれて1週間の赤ちゃんは、私の想像を遥かに超えて、小さくて、小さくて、神聖な雰囲気をまとっていました。

 手を洗って、綺麗に消毒して、あゆみちゃんから教えて頂きながら優しく抱っこすると、本当にふんわりとして軽いけれど、赤ちゃんの命の重さを感じました。
 お父さんの作詞したなのはなオリジナル曲、『君が生まれた日』が私は好きで、この曲を聞く度に涙が込み上げてきそうになるのですが、きっと、本当に優しい気持ちで子供を育てていく人は、こんな気持ちになるんだろうと改めて感じました。

「幸せ信じ、生まれてきたね。本当に僕は、幸せを君に与えてやれるかな。僕は幸せ、見てたかな」。
 私はお母さんではないけれど、生まれてくる大切な命の為に、私もこの世界を作る1人なんだ、優しい世界を作っていく1人なんだと改めて思い、たけちゃんと弟くんがなのはなでみんなの中で育っていくのが楽しみだなと思いました。

 話は戻りますが、今日は大晦日です。朝起きると、外が銀世界になっていて、卒業生のみんなが雪の降る前に帰って来れて良かったなと思いました。
 でもゆきなちゃんが、「やっぱり、雪は嬉しいな」と笑っていて、私も嬉しくなりました。

 今夜はNHF紅白歌合戦です。まなみちゃんも「紅白がすごく楽しみ」としきりに言っていたので、今日は思いっきり楽しみたいです。
 まなみちゃんと過ごすなのはなのお正月や、まなみちゃんと一緒に向かえる新年が嬉しくて、まなみちゃんが楽しめるように私たちも思いっきり楽しみたいし、まなみちゃんにとって素敵なお正月になったらいいなと思います。