12月25日(土)「クリスマスはお餅つき! これぞホワイトクリスマス」

PC253152

 待ちに待ったお餅つき、今日は天候にも恵まれて朝から家族みんなでたくさんお餅をつけてとても嬉しかったです。
 明日から雪予報で寒さが強くなるそうなのですが、今日は日差しがあるとポカポカするくらいでお餅つき日和でした。
DSC01243

 なのはなのおもちつきのために、盛男おじいちゃん、永禮さんを始め、なのはなファミリー友の会でなのはなを応援してくださっている松山さんや中島さんも来てくださり。たくさんのゲストの方を迎えてのお餅つき大会がとても嬉しかったです。

DSC02871

DSC01085

 朝早くから須原さんが来てくださってもち米を蒸す準備を始めてくださっていたり、お餅つきの役割に入っているみんなが朝食前の時間から準備を進めてくださっていました。
 今年のお餅つきでは丸餅9臼、豆餅9臼、昼食用の生餅4臼の計2臼分のお餅をつくります。
 私は主に中庭にセットされてある杵と臼でみんなと一緒にお餅をつかせていただきました。
 蒸籠で蒸した蒸したてのもち米が臼の中に入ったとき、湯気とともにもち米の甘い香りがすごくしてそれだけでとても幸せな気持ちになりました。

DSC01262

DSC01258

 さあ、いざお餅つきするぞ!!と言いたいところですが、ここは焦らずにまずはもち米の粒がなくなって粘りが出るまでしっかりこねていきます。
 この工程がとても重要だそうで、一緒にこねてくださっていた中島さんが、「こねればこねるほど後で餅をつくときに楽になるんだよ」と教えてくださいました。
 私はなのはなに来るまでは、「お餅つきはとにかくぺったんぺったんとつくものだ」と想像していたけれど、上手にお餅をつくる人はこねる時間の方が長いことをなのはなで初めて知って、新しくたくさん学べることがとてもありがたいなと思いました。

DSC01387

DSC02906
 しっかりこねたあとは3人で順番に杵でお餅をつきます。
 3人で息を合わせて「よいしょ! よいしょ! よいしょ!」と声を出しながらお餅を思い切りついていくのが爽快で、言葉にできないくらい本当に楽しかったです。
 なのはなにはたくさん家族がいるのでみんなで交代しながらお餅をついていくと、1臼分のお餅はあっという間に完成していきました。
 私もたくさんお餅をつかせていただいたのですが、特にちさちゃんとなつみちゃんと一緒に3人で高速お餅つきをしたのが楽しくて印象に残っています。
 この3人でついて完成したお餅を体育館の中の丸めるコーナーへ持って行くと、お餅を1つ分のサイズにちぎってくださっていた河上さんが、「すごい弾力でええお餅じゃ。ようつけとるな」と言ってくださって、頑張ってついたお餅が褒められて更にハッピーでした。

1

DSC02870

 そのときに私もお餅を丸めさせていただき、自分は最初ただなんとなく手の上でくるくると何度もお餅を丸めてしまっていたのですが、河上さんが正しい丸め方を詳しく教えてくださってこれまでの自分の丸め方が間違っていたことを知りました。正しく丸めると3回ほど丸めれば綺麗に形も整い、最初は慣れるまで上手くいかなかったけれどだんだんと綺麗な形のお餅になっていってすごく嬉しかったです。

 丸餅のあとは豆餅をつくりました。豆餅は黒豆が潰れてしまわないように作るというのが課題です。今回は作り方を完全に確立させようということで意気込んで向かったのですが、なかなかうまくいきません。そこで、お父さんの提案でお餅が完成してから最後に黒豆を入れ、黒豆を入れてからは杵でついたりこねたりしないようにして作ってみました。そうすると、黒豆も全くつぶれなくて、真っ白なお餅の中に宝石のように黒豆が入っているのが美しい本当に綺麗な豆餅が完成してすごく嬉しかったです。次回からはぜひこの方法で豆餅を作りたいなと思いました。

PC253139

 外でみんなでお餅をついていると同時並行で、体育館の中では餅つき機でもお餅をつくっていました。そこでは盛男おじいちゃんが一緒に餅つき機に着いていてくださっていて、餅つき機担当だった子が盛男おじいちゃんからいろいろなお話を聞かせてもらったと話してくれて、おじいちゃんにも来ていただけたことが嬉しかったなと思います。

PC253209

 最後はみんながお餅つきのあとの昼食でいただく用の生餅をつきました。昼食ではついてから30分もしないできたてホヤホヤのお餅をいただき、みんなでついたからこそできる食べ方でお餅をいただくことができて本当に美味しくてありがたかったです。

PC253151

 たくさんの人の協力によって今年のお餅つきもとてもスムーズに進み、無事に予定していた全てのお餅をつくことができました。私はちょっと気合いを入れすぎて、餅つきが終わったあとは腕がぷるぷるして昼食のときにお箸が使いにくいほどでした。でも、それくらいお餅つきが楽しくて、みんなと一緒に楽しくお餅つきができて本当に嬉しかったなと思うし、今日ついたお餅を新年の三が日でみんなでいただけるのもとても楽しみです。

(よしみ)

***
DSC01496
 今日のイベントは、餅つき大会だけではありません。午後からも、イベントが盛りだくさんです!
 昼食を終えて、出来立てのお餅で、心も身体も満たされたわたしたちは、ドレスコードに身を包んで、体育館に集まりました。
 赤、白、緑、ゴールドの、クリスマスカラーを使った衣装です。わたしは、お母さんに選んでいただいた緑のスカートを履いてみると、少し照れくさい気持ちもあったのですが、いつもと違う自分の姿に、わくわくしてきました。
 真っ赤のセーター、白色のズボン、ゴールドの腕輪…周りのみんなを見ても、鮮やかなクリスマスカラーであふれていて、目が合ったとき、お互いに笑顔になりました。

DSCF1458

DSCF1479

 アンサンブル演奏を聴かせていただけるとのことで、ドキドキしながら座っていると、ちょっとしたサプライズが待っていました。
 まなかちゃんが、ギターの弾き語りで、一曲披露してくれました。雪が降る、この時期を感じさせるメロディと、まなかちゃんが歌の合間に浮かべる笑顔に、とてもあたたかい気持ちになりました。

DSCF1497

 アンサンブル演奏では、初めて聞く曲ばかりで、新鮮な気持ちで聴くことができて楽しかったです。どの曲も、その曲の世界に連れていかれたように、入り込むことができて、すごく聴き入ってしまいました。

DSCF1595

 その中でも、いくつか心に残ったものがあります。かにちゃんとさとみちゃん、せいこちゃんが演奏する「キャラバンの到着」。音が絵を描いているような動きがあって、自分の目の前で演奏されているのが信じられないくらいだったし、素敵な演奏だったなと感じました。

DSCF1548

 まえちゃんとさやねちゃんのふたりが演奏する「インスピレーション」は、まえちゃんのギターの指さばきがすごく素早くて、こんなにすらすらと弾けるまえちゃんが、かっこいいなと感じました。

DSCF1642

DSCF1603

 そして最後、あゆちゃんとまえちゃんが演奏する「イージーオンミー」。歌詞は、英語で、正確には意味は理解できないけれど、あゆちゃんの歌声や表情で、深くて、強いものが伝わってきました。涙が出そうになるくらい、心を動かされました。
 アンサンブルメンバーのみんながとても綺麗で、演奏を聴かせていただけて、本当にありがたかったです。

DSCF1676

 お楽しみは、まだ続きます!次には、ゲーム大会が始まりました。
 実行委員のみんなが考えてくれた競技は、「進化系玉入れ」と「○☓クイズ」です。
 進化系玉入れってなんだろう?と首をかしげていると、スズランテープと三角コーンで、丸い形をしたエリアが用意されていました。
 そしてなんと、エリアの中には、カゴを背負った、実行委員のみんなが立っていました。
 そうです、この玉入れのカゴは、動く! それも、予測不可能の動きをするカゴだったのです!

DSCF1713

 1分間の制限時間内に、エリアの外から、玉をカゴにめがけて放り投げます。カゴまでの距離は近いけれど、なかなかうまくはいきません。実行委員のみんなの、ぐるぐる走り回ったり、くるっと回転する動きに、玉は転がっていってしまいました。
 でも、本当に今までやったことのない新しい玉入れで、汗をかくくらいはしゃいでしまいました。そして、サンタクロースやトナカイ姿の実行委員のみんながぐるぐると動く様子が、まるでメリーゴーランドを見ているようで、かわいらしくて、クリスマスらしさのあるゲームで、とても楽しかったです。
 
PC253225

 マルバツクイズでは、あゆちゃんが「お正月」に関するクイズを出題してくれました。「大阪に、1日と2日でお雑煮の味が異なる地域がある?」「凧あげは、昔、戦いに使われていた?」「紅白のかまぼこは、初日の出を連想させるもの?」など、わかりそうで分からない、迷ってしまうクイズばかりでした。

DSCF1896

DSCF1866

 特にわたしは「神社には、刃物、生もの、あとひとつは、動物を持ち込んではいけない?」というクイズが、とても面白かったです。わたしは、「それ以外は思い浮かばないし…マルかなあ?」と感じて、マルのほうに移動したのですが、○を選んだのは、ゆずちゃんと、あんなちゃん、わたしの3人だけ。バツを選んでいる人のほうが圧倒的に多くて、不安になってドキドキしていたのですが、「正解は、マル!」とあゆちゃんが言ってくれたとき、とてもビックリして、うれしかったし、悲鳴や歓声を上げたり、わいわいと活気ある空気が、楽しかったです。

DSC01632

 ゲーム大会の後には、最後のお楽しみに、盛男おじいちゃんから「しめ縄づくり」を教えていただきました。
 わたしは、昨年にもおじいちゃんから教えていただいていたのですが、なかなかうまく縄を編むことができず、悔しい記憶がありました。なので、「今年こそは、絶対に、良いものをひとつ完成させる!」と気合を入れて、参加しました。

DSC01504

DSC01517

 しかし、1年ぶりということもあって、作り方をすっかり忘れてしまっていました。みんなの手の動きを見て、真似て動かしてみるものの、藁がきれいにねじれていきません。少し焦っていると、なるちゃんが声をかけてくれて、隣で編み方を教えてくれました。「藁を挟む右手を奥に動かす。ねじれてきたら、奥の束を手前にもっていく」と、ゆっくりゆっくり丁寧に教えてくれて、だんだんと綺麗に編めるようになっていきました。

DSC01625

DSC01544

 そして、最後にはひとりで編めるようになって、輪っかのしめ縄がひとつ、完成できました。初めて完成させることが出来たので、本当にうれしかったです。周りのみんなも、座ってうつむきながら黙々と編んでいて、「できた!」と笑ってこちらにしめ縄を見せてくれて、それがあたたかい気持ちになりました。

DSC01576

DSC01678

 おじいちゃんに教わりながら、あゆちゃんたちが作っていた神社にあるようなしめ縄、三つ編みのしめ縄も見せてもらいました。おじいちゃんと一緒に居させていただくと、「お店に行かなくても、自分たちで作ることができる」ということも教えていただけて、このことは、忘れないようにしたいなと感じました。

DSC01694

DSC01697

 古吉野の校舎のあちこちに、手作りのしめ縄が溢れています。それを飾ったとき、しめ縄作りをしたとき、お正月が来ることを、やっと実感することができたと思いました。
クリスマスという特別な日を、家族みんなで思いきり楽しむことができて、わたしは本当に幸せだと思います。

DSC01699

 これからお正月も、新しい年も、ここで過ごすことができるのだと思うと、楽しみで、待ち遠しくて仕方ありません。

(みつき)

***
おまけ

DSC01430
〈昨夜。古吉野なのはなにはサンタさんが来ました!  枕元のプレゼントにはサンタさんからのメッセージがありました。なにやら明日もサンタさんのサプライズは続くようです……☆〉