「目を開けて」 まち

12月23日

 今日はたけちゃんがお泊まりしてくれました。朝にリビングに行くと、何重にもなった布団と毛布の真ん中でたけちゃんが寝ていて、両手を上げて寝ているその姿がものすごく可愛かったです。そのあと、たけちゃんがかすかに動いて、あ、起きる、と思ったら、目を開けて、少し目を動かして私を見たとき、ふっと笑顔を見せてくれて、それがものすごくドキッとしました。そのあとちょっとぐずりそうになったので、抱っこをしたら、すぐにご機嫌になって、なっちゃんとひろこちゃんと着替えて、元気に朝ご飯も食べて、いつも元気で明るいたけちゃんに、ものすごく救われている、と感じました。

 午前は収穫で、初めて、るりこちゃんたちとコマツナやホウレンソウを収穫しました。大きくて立派なコマツナを根から包丁で刈っていくのが楽しいと思いました。私はのえちゃんと一緒にやっていたけれど、るりこちゃんから75株収穫してほしいと言われていて、のえちゃんと37と38株ずつだね、と言っていたのですが、ちょうど2人とも37株終わったタイミングが一緒で、あとはのえちゃんがもう一株穫って、75株終わることができて、2人の息が合ったみたいでそれがすごく嬉しかったです。

 ホウレンソウは肉厚で、畑に大きく葉を広げている姿がお花みたいで美しいと思いました。ピンク色の根が可愛いと思いました。

 古吉野に帰って、るりこちゃんとコマツナとホウレンソウを軽トラの上でしょうやくしました。水で洗い流せば洗い流すほど、野菜が綺麗になっていくのが楽しかったです。洗えたら、体育館に持っていって、体育館の中にはせいこちゃんやほしちゃんやさきちゃんがいて、すかさず嫁入り準備をしてくれました。流れ作業がとても気持ちが良かったです。

 午後はさきちゃんやせいこちゃんたちと、ジャガイモの収穫をしました。収量は少なかったけれど、付いているジャガイモはどれも全部すごく綺麗でした。虫食いとか、傷とかが少なかったし、たまに握り拳大のジャガイモが穫れると、すごく嬉しい気持ちになって、みんなと喜び合えて嬉しかったです。どの畑も土が本当にふかふかで、スコップを入れやすくて収穫しやすかったです。みつきちゃんやのえちゃんと一緒に「せーの!」と言いながら掘っていったのが楽しかったです。

 夕方は野菜切りをしました。なっちゃんとさやちゃんとえみちゃんとほしちゃんと、豚汁用のハクサイやサトイモやニンジンをカットしていきました。今日は多くの野菜を少しずつ切れたので、いろんなことができてラッキーでした。ハクサイは、包丁で線を入れて、ザクザクと切っていくのが、ダイナミックで好きです。個人的に、ライスマンから、これくらい必要かな? と思って持って来たハクサイが、ちょうど欲しかった量ぴったりだったことが嬉しかったです。最後、夕食前ぎりぎりにサトイモが終わって、大急ぎで片付けをしたのですが、ほしちゃんの掃除がすごく速くて、さやちゃんとえみちゃんの洗い物やシンクチェックもとても綺麗にできていて、ちゃんと終わらせることができて嬉しかったです。

 今日は午後から藤井先生が来て下さって、5年生教室で版画を教えてくださっていました。5年生教室が、ストーブだけじゃなくて、本当に、雰囲気がとても暖かくて、5年生教室を通るたびに幸せな気持ちになりました。

 昨日、あゆみちゃんがお子さんを生まれた、と聞いて、ものすごく驚きました。確か、昼食後に子ども玄関を掃除していたときに、あゆみちゃんとひでゆきさんが出て来て、あれ、出掛けるのかな、と思っていたら、そのあとすぐ生まれたみたいで、安産だったのかな、と思うとすごく嬉しかったし、家族がまた増えたことが本当に嬉しいです。早く会いたいな、と思ったし、正月は、ひょっとして、新しい家族とあゆみちゃんたちと挨拶できるのかな、と思うと、ものすごく幸せな気持ちになります。

 幸せのその日暮らしって、本当にその通りで、幸せって、みんなといることでずっとある、と思いました。認識力をもっと高めて、みんなとの幸せをもっと感じたい、と思います。

 明日はどんな面白いことがあるのかとても楽しみです。明日はクリスマスイブだし、気持ちもわくわくするな、と感じます。読んで頂いてありがとうございました。