12月11日(土)「お客さんへ演奏&勝央町一周駅伝大会に向けて」

image

 今日は午後からなのはなファミリーへお客さんが来てくださり、演奏を見ていただきました。
 私たちの仲間が大切にしている人で、私たちにとっても大切なお客さんでした。
 この日のために演奏やダンスを練習し、今日お会いできることを楽しみにしていました。
 なのはなファミリーを知らなかった人へなのはなファミリーを知ってもらえること、そんな機会をいただけたことも嬉しかったです。

IMG_30661

IMGP39341

 一度も話したことのない人、今まであったことのなかった人、そんな人と出会うときも、なのはなファミリーの演奏やダンスは、何を話すよりも何を見てもらうよりも、的確に私たちを映してくれます。
 そしてそれがたった一度の出会いだったとしても、その瞬間受け取ってもらえた伝わったと感じられたらそれは希望になります。
 伝わる人がいる、ここを好きになってくれる人がいる、そう思えると、本当に生きていく希望になります。明日からもまた頑張ろうとそんな気持ちになります。

IMG_3074

IMGP3967

 だからたった一度の演奏でもたった一度の出会いでも、本当にたった一度だから大切なのだと演奏をしながら感じました。
  今日出会えた人に今日の自分たちの全てを見てほしい、だから1日1日を毎日を今の自分の精一杯で生きていきたいと思いました。
 良いお客さんに出会えると本当に嬉しいです。今日なのはなファミリーに来ていただいてお会いできてとても嬉しかったです。

***

***
DSC00489

 作東バレンタインホテルで行うアンサンブルコンサートに向けて練習をしています。
 本番が近づいてきて、私たちの練習も譜読みを終え、一通り演奏できるという形からもっと踏み込んで、誰かに聞いてもらうという前提での演奏、そしてもっと踏み込んで曲を通して気持ちを伝える、表現する練習へと進んでいきます。

DSC00509
 ここからはチームワークもとても大切です。同じ曲を演奏するメンバーと何度も合わせて、1曲をどう表現するかを全員で理解を深めてそれを表せるようにしていきます。
 その練習がとてもおもしろくて、曲がどんどん自分たちのものになっていく、その過程を体験できることがとても嬉しいです。
 音楽の面白さ、音楽の深さを練習を重ねるたびに感じます。

DSC00591
 演奏する子の音からも、その人の新たな魅力を感じたり、表現の幅を感じるととても刺激になって、自分ももっといい音を、もっといい演奏をという気持ちになります。
 久しぶりのイベント出演で、緊張もしますが、1曲1曲の魅力を最大限に伝えられる演奏にできるように、良い練習を積み重ねていきたいです。

***

PC113446

 いよいよ明日が駅伝大会当日です。
 2週間ほど前から駅伝に出場するメンバーと一緒に、ランニング練習を始めました。
 それも、今日で最後の練習です。

 これまでずっと、駅伝大会に向かって、メンバーのみんなと気持ちを揃えて走ってきて、それももうすぐ終わってしまうのか、と思うと寂しい気持ちもあるけれど、明日、実際に1区から7区までのコースを走って、7人で襷を繋ぐことができるんだと思うと、少しワクワクドキドキする気持ちもあります。
  
PC113451

  なのはなのランニングコースで一番初歩的な梅の木コースから始まって、心臓破りの坂が待ち受ける石生一周コース、そして平坦な道が続く奈義コースをこれまで走ってきました。
 今日は、体と心のコンディションを整えながら、梅の木コースを走りました。
 いつものように、準備体操をしてから2列になって古吉野を出発します。

 「いっちに、いっちに」とみんなでかけ声をしながら、一定のリズムで走ります。このリズムを体に刻んで、明日も臨みたいなと思いました。
 私は本番、4区を走らせてもらうことになりました。
 4区は、古吉野の校舎から歩いていくことが出来るぐらい近くて、走っていても、古吉野の校舎や、なのはなの畑が見えるコースです。

 普段、何気なく通っている道だけれど、いざその道を走るとなると、緊張して上り坂は少し不安な気持ちもあります。
 けれど、フルマラソンのように、一人で完走するのではなくて、これまで一緒に練習してきた仲間と一緒に完走します。
  
PC113461
  
 そして、周りには、なのはなのみんなや地域の方もいてくださります。なのはなの校舎、畑があります。
 決して一人ではなくて、みんなにいつでも囲まれているから、何も不安になったりすることはないんだと思いました。
 なのはなのたくさんの家族がいるから、これまで練習してきた仲間がいるから、自分は走ることが出来るんだな、と改めて思いました。

 3区を走るえみちゃんに襷を受け取って、5区で待つよしみちゃんに襷を渡します。襷を繋げるチームなのはなの一員として、精一杯走り切りたいです。
 笑顔で、楽しんで迎えられるように、駅伝メンバーのみんなと、気持ちを揃えて明日に向かいます!

(りな)

***

PC110147

 10月13日に種まきした春菊。今日、念願の初収穫をしました!!

 今回は前回よりも半月ほど種まきが遅いこともありスタート時はかなりゆっくりとした成長だったのですが、12月に入っても例年より日中の暖かい日が多かったり、防寒用ビニールで寒さ対策も徹底するようになってから春菊たちもグンッと大きくなってくれてとても嬉しいです。

 待ちに待った初収穫は、りんねちゃんと一緒に行いました。
 今日の収穫では主に地面に張って伸びている脇芽を中心に収穫しました。
 地面付近の脇芽を収穫することで株周りがスッキリし、風通しも良くなってカビ予防にもなります。
  
PC110153

 なのはなでの春菊の収穫は、収穫をするとき主に脇芽を収穫し、次はそこからまた更に伸びる脇芽を収穫していく摘み取り式です。
 こうすることで翌年の3月頃まで長期間収穫することができ、冬の間、なのはなの食卓にもたくさん登場します。
 まだ株自体は全体的に小さいのですが、毎日確実に大きくなっていてこれからの成長もとても楽しみです。

 あまり一気に取り過ぎると株が疲れてしまうため、今日は少し控えめに収穫したのですが、それでも2人とも収穫カゴの8割以上の春菊を収穫することができました。
 私は冬野菜の中でも春菊が特に大好きで、こうして春菊の担当をさせていただけることがとても嬉しいなと思います。
  
PC110150
 
 実は私は、今年もりゅうさんに春菊の天ぷらを作っていただくのをこっそりと自分の目標にしています。
 この冬、たくさん春菊を収穫してみんなと美味しくいただけるようにこれからも大切に育てていきたいです。

(よしみ)

***

PC110068

 12月、今年も終わりに近づき、いよいよこれまで夏からずっと収穫し続けてきたピーマンともお別れの日が来てしまいました。

 朝に中畑のピーマンを全収穫し、午後からは支柱や株の撤去の作業を行いました。
 前日から計画をして、この作業に備えました。スムーズに美しい作業にしたいとイメージしていました。変更したところもあったけれど、後半から怒涛の勢いで、竹が運べて、本当にみんなの力がすごかったです。次の作業を伝えると、あっという間にどんどん畑が片付いていくのが、やっていてもとても達成感がありました。

PC110066 

 私はピーマンが大好きです。私は野菜の栽培の中でも一番ピーマンに魅力を感じています。
 ピーマンの担当になって、第1弾の5月11日の定植から、ちょうど7か月。長い期間、ずっと実をならしつづけ、最後まで緑の状態を保ち続けたピーマン。本当にここまで、頑張ってくれて感謝しています。毎日手入れをする中で、感じたピーマンの粘り強さと、いつ見ても成長し続けるたくましいピーマンの姿に勇気をたくさんもらいました。自分自身も、一緒に成長したような気がします。

PC110077

 今作のピーマンも、つやつやで立派なピーマンが穫れて豊作となりました。数々の手入れのうち、失敗したこともあれば成功したこともあり。手入れの記録は、すべて書き残し、反省点と良かった点もすべて含めて次回につながるよい経験となったと思います。年内のピーマンは終わったけれど、はやいことに3月からは種まきがあります。
またその日まで。
 ピーマン、ありがとう。

(さき)

***

PC113468
〈桃の枝吊りに使う新アイテム!『カラマンモンローちゃん』が仲間入りしました。 今まではスズランテープを使ってワイヤーを固定していたものを、新しくロープに変えることで、丈夫にかつ、絡みにくく、使いやすいように考えました〉
 

PC113473

PC113493
〈12段の脚立に登って、エクセル線を桃の支柱に結んでいます。 1本の桃を吊るのに最初は1時間以上時間がかかっていたのですが、この頃は40分で1本の枝吊りができるようになりました。 メンバーの動きも、使うアイテムも日々、進化しています!〉

PC113504