「仲間がいる」 ふみ

11月30日

 みんなが誕生日のお祝いをしてくださって本当に嬉しかったです。
 みんながハッピーバースデーを歌ってくれたときのみんなの笑顔があたたかくて、みんなのお祝いの言葉も嬉しくて、みんなが言ってくれたような人になりたいです。

 今、外で働かせてもらっていても、お父さん、お母さん、みんなの存在が自分のなかにいてくれて、どこにいても、心強く、前向きにいられます。お父さん、お母さん、みんなの仲間だから、みんなのことを思うと私はこうありたいという気持ちが強くなって、真面目で一生懸命であることが格好いいのだと、思うことができます。

 お父さん、お母さんが話してくださることで、私は、今の自分は未熟で、失敗もあるし、怒られることもあるけれど、この先の自分は変わっていくんだと思って、前を向きます。お父さん、お母さんがそう教えてくださったからです。
 もし私の志が、次に、まだこの世に存在していない人のもとにいくとしたら、その人のためにも、私は人生をかけて魂を磨いて、成長していきたい。そう思いました。
 そう思えたのは、なのはなファミリーに出会い、お父さん、お母さんのお話を聞かせてもらったからです。
 だから、これからも未熟な自分を成長させていきたいです。

 失敗することが恥ずかしいのではなくて、失敗を恐れて逃げることの方がよっぽど恥ずかしい。
 それは、なのはなファミリーに来て、お父さん、お母さんに今までの見ないようにしてきた自分を教えてもらって、気がつくことができました。
 失敗をしてもいいから、うまくいかないことがあってもいいから、私は、みんなのためになる一番いいと思う選択をしていきます。それが、失敗してしまったとしても、自分はみんなのために良いと思ったから、次から直していけばいい。そう、お母さんが教えてくださいました。
 だから、私は、逃げる人生ではなく、立ち向かっていく人生にしたいと思いました。
 お父さん、お母さんのように走り続けて、全力で、人のために生きていきたいです。

 お父さんが私のことを、「お前は優秀でもなんでもないよ。普通だよ」と言ってくださったことがあります。
 私は、お父さんのその言葉があったから、今までのレッテルが剥がれたと感じました。お父さんは、できる、できないはみていないです。目の前の人がちゃんと正しい心持ちでいるかをみてくれます。

 私は、お父さんとお話させていただいて、今までにない世界を知りました。
 目の前が大きく広がっているけれど、なのはなファミリーに来る前のような漠然とした怖さや不安はなく、信じられる仲間がいてくれることで、世界の見え方もこんなにも違ってくるのかと感じました。

 今までは、できないことが恥ずかしいし、怒られるのが怖い、みんなからの評価が気になってばかりだったけれど、そうではなくて、みんなと作業をするなかでも、お母さんのように、みんなと協力して、みんなに助けてもらって、みんなのためになることを考えて生きていきたいです。

 ずっと前に、あゆちゃんと一緒に、池下田んぼの稲刈りで、コンバインでできなかったところを、手刈りでさせてもらったことがありました。
 そのときに、5人くらいで作業をしていたと思います。あまり作業時間はなかったのですが、あゆちゃんはみんなを焦らせることなく、
「一つの目安として、あゆがどのくらいで稲の束を縛っているか数えてみるね」
 と言って、秒数を数えながら、一つの束を縛り終わったら教えてくれました。
 そのときに、すごくあゆちゃんの優しさを感じて、あゆちゃんはみんなを焦らせることなく、みんなの一つの基準となるようにと、全力で示してくださったことが、私はすごく嬉しかったのと、あゆちゃんがリーダーで引っ張ってくださった時間や空気に、大きな安心感と優しさを感じました。
 あゆちゃんと一緒に作業をさせていただけて本当に嬉しかったし、いつか自分があゆちゃんから感じた気持ちを伝えていきたい、誰かを助けられる存在になりたいと思いました。

 なのはなファミリーに出会えて、お父さん、お母さん、みんなに出会えて本当に心があたたかいです。
 お祝いしてくださって、本当にありがとうございました。
 お父さん、お母さん、みんなのことが大好きです。