「心と体、柔らかく」 さき

11月30日

〇ふみちゃんのお誕生日

 今日はふみちゃんのお誕生日でした。
ふみちゃんの笑顔に、目の前の人への利他心を感じます。どんなときも笑顔で、出し惜しみせず、全力で物事に向かっていて走っている姿が、とてもすてきだなと思っています。
 それは本当に自分を捨てて、常に周りのことを考えていないとできないことだと思いました。笑顔の力でこんなにも人をうれしい気持ちにさせたり、心をすくってもらったりするのだと感じさせられる、ふみちゃんの笑顔が大好きです。

 ふみちゃんと、金時太鼓を隣で叩いているとき、ホールから突き出しそうな鋭い音が響いてきます。力強くて、姿勢が美しくて、そんなふうにたたけるようになりたいなと思いました。

〇心と体、柔らかく

 フルメニューが始まり、筋トレやストレッチもだんだんと慣れてきました。
 最初はがちがちに体が固まっていて、「これは、まずい」と思いました。これからイベントや、スプリングコンサートで、ダンスを踊ったりするのに、体の柔軟性が必要になると思います。まずは真面目に一つひとつこなしていくしかない! そう思って始まったフルメニュー。

 容赦なくありとあらゆる部分が、曲がってねじれて……。そのときはきついけれど、終わった後は、体の節々がすっきりと軽くなったように感じます。特に私は、とても個人的ですが側弯症だったので、ロアバックなどの体をねじるストレッチが、「これは効きますな」と思いました。
 自分だけでなく、みんなの表情からもうかがえる、「こんなところ伸ばしたことない」というようななんともいえない顔をしていました。一人では絶対に続かないけれど、みんなと痛い痛い言いながらでも、少しずつよくしていけることが何よりうれしかったです。
 
 本格的に、フルメニューやダンス練習をしていく中で、今日はちょっとした変化がありました。それは、お昼前『ディス・イズ・ミー』のダンスを踊っているとき……。
 今までちゃんと笑顔を作れたことがなかったけれど、今日初めて体中から表現しようとして出る、笑顔ができたなと思いました。素直に、みんなの中で踊っていることが楽しかったです。そのとき私は、「ああ、体と心が連動しているんだな」と感じました。表現したいという心と、体がそろって初めて、伝えられるダンスができるのだと思います。正直ダンスはへたくそで、とても得意とは言えないけれど、それでも今日の出来事がうれしくて、少し希望が見えてきました。

 やはり毎日している筋トレやストレッチのおかげか、最近とても体が楽に感じます。特になにかあるわけではないけれど、前向きに明るくいられることができています。
 自分でも不思議だけれど、以前より生きやすくなったというのは確かな事実です。
 それでも、まだ完全に柔らかくなったわけではないので、これから積み重ねていけば、きっと身体と連動して心の持ちようも、いいほうに変わってくるのではないかと思いました。

 今回の機会に、心も体も柔らかくなることを目標にして、終わるころに開脚が180度開くように心も開いて、パワーアップした自分を想像して成長していきたいです。