11月28日(日)「金管楽器の音色に包まれる2時間 ―― 金管五重奏『Buzz Five Concert』 ――」

11月28日のなのはな

KIMG0158

 

 午後から、みんなで勝央文化ホールに行き、金管五重奏「Buzz Five」の方々の演奏を聴かせていただきました。最近はコロナの影響でたくさんのイベントが中止になってしまっていたけれど、少しずつ開催されるようになって、今日の金管五重奏コンサートにも行かせていただけたことがとても嬉しかったです。

 14時から開演された「Buzz Five Concert」ですが、最初から最後まで演奏者のみなさんに目が釘付けになってしまうくらい素晴らしい演奏でした。今回のコンサートでは、トランペット奏者の方が2人、ホルン・トロンボーン・テューバ奏者の方がそれぞれ1人ずつの金管五重奏の演奏で、アンコール曲も含め9曲が演奏されました。
 1番目の曲は『スターダスト』という曲で、奏者の方々が歩きながら演奏して登場されていたのがとても印象的でした。
 
 2曲目からは順番に主役となる楽器が交代し、楽器の紹介も兼ねてプログラムを考えてくださっていたので、私のあまり詳しくない楽器もどんな楽器なのか、どんな音色なのか知ることができてとても勉強になったなと思います。

 曲と曲の間は主にトロンボーン奏者の方が司会を進行されていたのですが、時々ユーモアを交えながら、それぞれの楽器や曲の説明をされていて、演奏以外の時間もみなさんの面白いトークを聞かせていただけて、とても楽しかったです。

 2曲目は『トランペットヴォランタリー』という曲で、トランペットの中でも“ピッコロトランペット”という種類のトランペットでの演奏でした。楽器の名前は聞いたことがありましたが、実際にどんな音が出るのかは知らなかったので、今日初めて聴くことができて、嬉しかったです。普通のトランペットよりも更に高音が出るそうで、透き通るような音色がとても綺麗でした。
 
 この曲を演奏されたトランペット奏者の方は、このコンサートの中で4種類のトランペットを曲によって使い分けて演奏していて、トランペットだけでもたくさん種類があるんだなと思って、びっくりしました。その後の曲でもホルンやテューバ、トロンボーンと主役が変わり、主役となる楽器が変わるだけで曲の雰囲気もガラリと変わっていて、各楽器の音色を存分に聞くことができてとても嬉しかったです。

 後半の部では、組曲『オペラ座の怪人』や、金管五重奏のために作られた『金管五重奏曲』などを演奏してくださいました。どちらの曲も1曲が15分以上あって、私はトランペットの練習をしていると、いつもすぐに口の筋肉が疲れてしまうので、ずっと演奏している奏者の方がいかにすごいのか、ということを改めて感じました。

 

DSCF5774

 

 今回のコンサートで演奏された曲の中でも、特に私は6曲目にトランペット奏者の方が演奏された『愛の讃歌』という曲が印象に残っています。自分が今、なのはなでトランペットを練習していることもあって、プロのトランペット奏者の方がどんなふうに演奏しているのか、コンサートが始まる前からすごく気になっていました。その方が、
「トランペットは、たった一音で聴いてくれる人を虜にできるところが魅力です」
 と話されていました。

『愛の讃歌』の演奏が始まると、一音目から本当に美しくて伸びやかな音色が響き渡り、フィナーレの1番盛り上がるところが終わったとき、その奏者の方が言っていたとおり、私ももう完全にトランペットの虜になっていたなと思います。本当にかっこうよくて、私もこんな音を出せるようになりたいなと強く感じました。

 演奏を見ていて感じたことですが、私は高音を出そうとすると肩にギュッと力が入ってしまうのですが、プロの奏者の方は肩の力は完全に抜けていて、まるですごく軽々と吹いているかのように見えました。また、トランペットを吹くときの口の形や姿勢、立ち方などもずっと知りたかったことで、実際に見て、とても勉強になって嬉しかったなと思います。

 なのはなに来る前だったら、きっと、今日のコンサートの演奏も、ただ曲を聴くだけになってしまっていたと思うけれど、なのはなに来て楽器を始められたから、こうやって違う目線から演奏を聴くことができて、プロ奏者のみなさんの演奏からたくさん吸収させていただけて、ありがたかったです。

 私は最近、トランペットの高音がどうしても出せない音があり少し挫折しそうになっていたのですが、今日の『Buzz Five』のみなさんのコンサートで演奏を聴かせていただいて、諦めずにこれからも練習して気持ちを伝えられる演奏をしようと思えて、とても良い刺激になりました。気持ちもリフレッシュできて、また明日からも頑張りたいなと思います。
 
(よしみ)

 

***

 

 朝には、勝央町一周駅伝大会へ向けた選手のランニング練習や、野菜の収穫を行ないました。
 畑では今、ブロッコリー、ダイコン、ホウレンソウ、小松菜、水菜、白菜、キャベツ、アスパラ菜、ユズといろいろな種類の根菜、葉物野菜が穫れています。

 

PB283232
〈保育園前下畑のブロッコリーは、リン酸系肥料であるメガツインP56の葉面散布などの手入れが功を奏して、元気に成長しています〉

 

PB283220
〈雨つゆをのせた、ブロッコリーの頂花蕾〉

 

PB283210
〈綺麗なダイコンが収穫できています!〉

 

 また、午前のフルメニューでは、筋トレやストレッチのあとにバレエの基礎練習を行ないました。
  バレエの基礎練習では、足の筋力をつけるために、床に敷いたタオルを足の指だけで手繰り寄せる、というトレーニングをしているのですが、今日は、そのトレーニングをアレンジしたリレー形式のゲームをして、みんなで楽しみながら身体を鍛えることができました。

 コンサートから帰った夕方には、夜から来週初めにかけての寒波に備えて、秋ジャガイモにビニールやマルチシートをかぶせ、防寒対策を行ないました。