「伝える気持ちで踊る」 よしみ

11月26日

 今日も1日とても楽しかったです。最近、フルメニューやダンス練習、駅伝の練習に金時太鼓の練習と本当にいっぱいやりたいことがあって時間が全然足りないです。でも、ちょっと物足りないくらいが毎日楽しく続けられて良いんだろうなと思います。
 
 昨日は12月4日の演奏に向けて、のりよちゃんが誘ってくれて一緒にアライブの練習をしました。曲中はサビ以外でもずっと2人で動きを揃えて演武するので、のりよちゃんと一緒に練習させていただけてすごく嬉しかったです。練習中ものりよちゃんが細かな手の形や動き、目線など何か分からないことがないか聞いてくれて、私が質問すると倍以上に説明して答えてくれます。のりよちゃんと自分が一緒に鏡の前で練習していると、のりよちゃんの動きはすごくキレがあって強そうで本当にかっこいいなと思いました。
 
 のりよちゃんは、どうしたらかっこよく見せられるか勉強しているんだと教えてくれて、ただ演武するのではなく見てくださる人に伝えたい気持ちで演武しているから、のりよちゃんの演武がかっこよく見えるんだなと感じました。私も今の現状で納得するのではなく、もっともっと上を目指して練習していきたいです。
 
 また、先日のレインボーのフラダンス練習のときに、あゆちゃんが、
「よしみちゃんはもっと周りのみんなを感じながら踊らないといけないよ。ちょっとよしみちゃんだけ浮いている」
 と教えてくれました。あゆちゃんにそう言われたとき、私は以前、お父さんが演歌歌手の人のお話をしてくれたことを思い出しました。感情が入りすぎてしまって自分の世界に入ってしまうと見ている側の人たちは逆に引いてしまうことを思い出して、今の自分のダンスはそうなってしまっていることに気づき、ちょっとへこみました。でも、あゆちゃんにハッキリと教えていただけて本当にありがたかったです。みんなと同じ気持ちで、みんなで伝えるダンスなんだということを忘れずにこれからの練習も頑張ります。

 今日は桃のポールの修正がたくさん進んで嬉しかったです。読んでくださってありがとうございました。明日もすごく楽しみです。