「踊れる嬉しさ」 れいこ

11月24日

 今朝は、朝食の前に駅伝チームのみんなとランニングに行きました。
 朝一番の空気をいっぱい吸い込むとそれだけで気分が良くなって、体も芯からじんわりあたたまりました。
 今日のお題は「好きな香り」でした。
 私はふと思いついた「ゴーヤ畑の香り」と答えましたが、柚子の香りや米ぬかの香り、しその香りなど、みんなの答えにすごく共感できました。

 梅の木コースは初め20分、17分、15分のペースが上がってきて、中長距離らしいペースになってきて楽しいです。

 それから、よしみちゃんたちと一緒に、崖ハウスのセロリの手入れをしました。
 みずみずしい緑色で、20センチほどの大きさになっていました。
 畝の上にびしっと揃って成長している様子は、何度見ても美しいです。
 脇芽や下葉を摘んで、畝の上をきれいにしたのですが、予想以上にたくさんの量になりました。
 私は好きな野菜はと聞かれたらセロリと答えようと決めているくらい、なのはなでセロリが大好きになりました。今日の昼食や夕食では、セロリサラダをいただけてとても嬉しかったです。

 午前は、フルメニューとダンス練習をしました。
 ダンスの基礎練習では、今日もあけみちゃんやのんちゃんにストリートダンスを教えてもらって、リズムトレーニングがとても楽しかったです。
『グレイテスト・ショー』に合わせて、1曲分16ビートを刻み続けるという練習がありました。
 初めはふくらはぎの筋肉がきつい感じがして、なんだか体がこわばっているようでしたが、あけみちゃんが、
「体の力を抜いて、自分の身体から音が出ているイメージ」
 と教えてくれて、それから見違えるほど動きやすくなりました。

 あゆちゃんが『レインボー』のダンス練習を見てくれました。
「体に羽が生えたように、このまま飛んでいけそうなくらい軽やかに」
「幸せに満ち溢れたような笑顔で」
 あゆちゃんがこの曲で表現するイメージを、みんなに伝えてくれて、より一層フラダンスを踊れる嬉しさが増しました。
 1番の仲間がどんどん加わるところで、くるっと一回転して加わっていくような構成になったり、傘のみんなの振り付けが進化したり、どんどんすてきな『レインボー』になっていくことが嬉しいです。

 午後は、河原開墾畑で、ナッツの防根シートをはぐる作業をしました。
 お父さんがミニユンボを出してくださって、あゆちゃんが回送車を運転してくださって、嬉しかったです。
 お父さんがミニユンボでバリバリと防根シートごと掘ってくださるのを、見ているだけで爽快になります。今日は4本分でしたが、本当にあっという間に掘ってくださいました。
 
 私はあゆちゃんややすよちゃん、よしみちゃんと一緒に、その穴に牛肥を入れてから、埋め戻しをしました。
 ユンボで掘りにくいような端の部分などは、あゆちゃんがハサミで切ろう、と言ってくれて、土の中でハサミを動かしていると、手術をしているような気分になりました。
 すごく早く進んだので、早速やすよちゃんやよしみちゃんが水やりも行ってくれていて、これでまた根っこがのびのび伸びられたらいいなと思います。

 近くでは、大人数のみんなが里芋掘りをしたので、途中から合流しました。
 やよいちゃんやまちちゃんとペアになって、「1、2、せーの!」でスコップにジャンプするのが、楽しかったなと思いました。