「『豚の死なない日』」 れいこ

11月23日

 『豚の死なない日』に出会えてとても嬉しいです。
 リビングの本棚の一番端に、控えめに並んでいたけれど、目に留まったときこれを手に取らずにはいられないような不思議な気持ちになりました。
 読み始めると、私もアメリカの農場に一気にワープして、どっぷりと浸ってその空気を感じ取ることができました。

 主人公の少年と、そのお父さんは、現代には珍しいほどの素朴さやたくましさがあって、自然に近い人こそ持てる人間味の深さを感じました。
 なのはなのお父さんお母さんやみんなに感じるあたたかさと、近しいものを感じて、嬉しかったし感動しました。

 タイトルの日が訪れたときには、胸がきゅーっと痛くなったけれど、それでも主人公の少年やお母さん、伯母さんも、誰もが悲しみに暮れるのではなく、傷が癒えるまでの時間を穏やかに過ごそうと努める潔さが、美しいなと思いました。

 なのはなのお父さんも読んでくださって、感動したよ、いい本に出会えたねと言ってくださったことが嬉しかったし、それがお母さんのおすすめ本だったと知れたときは、さらに嬉しさが倍増しました。
『星の王子さま』を薦めていただいたときのように、また1つ宝物をもらったように感じました。
 なのはなのみんなにもぜひ読んでほしいなと思いました。

 今日も1日フルメニューやダンス練習で、みんなの呼吸を身近に感じながら、その輪の中にいられたことが嬉しかったです。
 柔軟体操では、さくらちゃんとペアになって、さくらちゃんが体を伸ばしてくれるとき、また私が補助する側のときも、すごく効果的にできている手応えがあって、気持ちが通じ合えた感じがしました。

 ダンスの基礎練習は、のんちゃんがストリートダンスのアップとダウンや、アイソレーションなどを教えてくれました。
 ディスイズミーのバディ練習でも感じたのですが、私は体でリズムを刻むのが少し苦手だなと思います。拍が上手く取れず、どたどたしてしまうかぴょんぴょんしてしまう感じです。
 それは、ストリートダンスのような動きのレパートリーが、自分の身体にあまりないためかなと思ったので、のんちゃんたちに基礎を教えてもらえることが嬉しいです。

 『レインボー』のフラダンス練習では、今日は祝日でお仕事組さんのメンバーも揃って、たくさん踊り込みました。
 ゆりかちゃんが、みんなに振りが入るまで、ていねいに根気強く教えてくれて、とてもありがたいです。
 12月4日という目標があることで、みんなの気持ちがより一体となっている感じがして、私も頑張ろうと思いました。

 最近、食卓ではコマツナやキャベツなどの葉物野菜が登場しています。
 私は今季、コマツナの美味しさに目覚めてしまって、青物が体に染みわたる感覚を初めて味わっています。
 一昨日と今朝と続けて、第一鉄塔畑の葉物野菜の収穫に入らせてもらって、るりこちゃんやななほちゃんたちが大切に心を配って手入れをしている様子を感じたためかな、と思いました。
 明日も、できることを頑張りたいです。