「未来を思うと」 ななほ

11月21日

 昨日の集合で、「もし、記憶が無くなってしまったら」という話がありました。なのはなに来るまでの私だったら、
(もし、こんなに苦しい思いをしなくて済むのなら、過去の記憶なんて、すべて消えて自分の事も忘れてしまえ)
 と思っていたのですが、今は少し違うなと思います。

 怖いかと言われると、怖い訳ではないし、過去の記憶は消えてもいいけれど、なのはなに来てからの記憶は無くならなくていいなと思います。
「1つだけ長いが叶うのならば、私の人生、やり直させてください」と思っていた自分も今はいなくて、なのはなの自分で、なのはなの子として生きていけることが嬉しいし、取り返しのつかないように思っていたことも、今になったら簡単に忘れてもいいことになっているくらい、なのはなで過ごす毎日が色鮮やかで、過去を思うと苦しくなるかもしれないけれど、未来を思うと何も怖いものはないように思いました。

 昨日の事になるのですが、みんなで菩提寺の大イチョウを見に行くことができて嬉しかったです。まだ、紅葉が進んでいない部分もあったのですが、高さ40メートル以上のイチョウの木は幻想的で、イチョウの樹の下にいるだけで嬉しかったです。
 
 秋の日に奈義町の方へ出る機会はあまり無いのですが、落ち着いて外の景色を見てみると、モミジや山の至る所が赤や黄色に染まっていて、日本の景色は綺麗なんだなと思いました。

 なのはなに来るまで何気なく見ていた田んぼや畑も知ると、目について好きになるように、山の景色や自然との距離も近くなったように感じます。みんなと一緒に、秋をテーマにナゾナゾをしたり、車の中も賑やかで、その時間が嬉しかったです。

・パパイア

 今日はパパイアの収穫をしました。パパイアは青いままでも青パパイアとして野菜のように頂けるのですが、そこから約20日で完熟まで追熟するそうで、また黄色く熟れたらお父さんとお母さんの所へ届けに行きたいなと思います。
 5月に盛男おじいちゃん、しほちゃんとパパイアを植え付けてから約半年間。毎日のように水やりや見回りに言っていたものの、気が付いたら草丈が20センチから、私の身長を超え、今では20個以上の実と花をつけています。

 パパイアは30度以上の気温をキープしたら年中、収穫することができるそうで今も、新しく花をつけているのですが、今咲いている花や実をちゃんと、収穫できるようこれからも温度に気を付けて、しっかり見ていきたいです。
 るりこちゃんとパパイアを収穫できて嬉しかったです。