「本気でぶつかって」 えみ

11月14日

*なのはな大運動会
 今日は、待ちに待った、なのはな大運動会の当日でした。
 日記にはなかなか書けていなかったけれど、今日までの準備の時間もとても楽しくて、実行委員としてみんなを楽しませる側としても、みんなの作ってきてくれたゲームを楽しむ側としても、とてもわくわくした気持ちで朝を迎えました。
 
 私は、あゆちゃん・ちさとちゃんチームで今日までゲームの準備をさせてもらいました。テーマは、頭脳、認識力を使ったゲーム。チーム発表の直後は、このテーマと運動会が結びつかなくて、一体どんなものになるんだろう、ちゃんとみんなに楽しんでもらえるかどうかと少し不安もありました。でも、リーダーのあゆちゃん、ちさとちゃんを中心に、みんなでアイデアを出し合い、今までにあるようでないようなゲームとしてだんだんと形になってくると、その不安もとれて、もっとよくしたいという真っすぐな気持ちで準備に向かうことができました。せいこちゃんが面白いクイズや伝言を考えてくれたり、チームの垣根を越えてみんなが手伝ってくれて制作物を作れた時間、ゲームの進行を念入りに確認した時間、みんなとの時間がどれもとても楽しかったです。
 
 今日は午前中最後の詰めの準備や確認をした後、早めの昼食を頂いてから競技が始まりました。
 1種目目の障害物リレーから始まり、ボッチャリング、玉入れ、そして実行委員としての頭脳認識力ゲーム、借り人競争、ラストの竹取物語。どのゲームも面白くて、最後の竹取をしている時には、初めの種目をやったのが遠い昔のように感じるくらい、午後の時間が盛りだくさんで楽しかったです。
 
 個人的に中でも印象に残っているのは、ボッチャリングと竹取物語です。
 白チームにはお父さんも入ってくださって、ボッチャリングでは白チーム①と白チーム②として他のチームと戦いました。ボッチャリングという競技自体初めてで、自分は全然貢献はできなかったのですが、すごく新鮮で、やっていてとても楽しかったです。

 球を投げる力の入れ加減がすごく難しくて、ちょっと弱気になると全然円まで届かなかったり、勢い余ると通り越したり、少し狙いを間違えると簡単に勝ち負けが入れ替わってしまったりと、技術だけじゃなくて頭を使う競技だなと感じました。
 
 前半の試合では、このままいけば勝てる! という時に最後、自分の失敗で負けてしまった回もあって、自分の無力さやチームのみんなに対する申し訳なさに悲しくなったりもしたのですが、その後の後半では後もう少しで勝てる! という時にお父さんが何度も球を命中させてくださって挽回することができて、チームのみんなと喜び合うことができて競技自体も好きになったなと思いました。対戦した緑チームでは、なおちゃんがすごく上手かったりして、みんなの新たな一面を見られたことも嬉しかったです。
 
 竹取物語は、本当に体力と気力の勝負だったけれど、みんなと体を思い切り使って本気でぶつかって戦えた時間がすごく楽しかったです。
 今回の竹取物語ではスペシャル竹があったり、ルールでタックルして相手チームを妨害するのもありだったりして、今までにないくらいとにかくみんなと竹にくらいついたなと思いました。

 1試合目、ピンクチームとの対戦の時、チームの中での作戦で4人がスペシャル竹を狙って1人が細い竹を確保してから参戦するということになったのですが、スペシャル竹に戻ってくるとどこからか「代わってー!」という声が聞こえてきて、振り返るとあゆちゃんの後ろにどれみちゃんがピタリとくっついて竹から外そうとしているのが見えました。その声につられて、気づくとどれみちゃんの手を思い切り引き剥がしていました。後から考えると自分はすごくひどいことをしていたかもしれない、とも思ったのですが、他のチームの試合を見ていてもそのくらいみんな本気になってぶつかり合って戦っていました。負けた時の悔しさもあったけれど、守りぬくことができた時は爽快感があったなと思いました。ゲームが終わった瞬間はぜーぜーという息が止まらなくて、あまりの体力の消耗にびっくりするくらいだったのですが、全身の力を使い切ると不思議と強い気持ちになれました。
 
 実行委員として参加させてもらった進化型椅子取りゲーム、人文字、伝言障害ゲームは、少し時間が押してしまったり運動会の競技としてはどうだったのかなという部分もあったりしたのですが、3ゲームともみんなが楽しんでいるのが感じられてほっとしたなと思いました。中でも人文字はみんな答えを聞いてから文字を作るまでのスピードが思っていた以上に素早くてびっくりしたのと、伝言障害ゲームは日常にも通ずるものがあって、正確に伝えるって難しいんだなというのを思ってちょっと衝撃的でした。
 
 今日1日、とても充実した時間をお父さんお母さん、家族みんなと過ごせて嬉しかったです。
 読んでくださりありがとうございました。