「太鼓の楽しさ」 さき

11月11日

〇竹内さんのお誕生日

 今日は、勝央金時太鼓を教えてくださる竹内さんのお誕生日です。
 なのはなで金時太鼓を習わせてもらってから、今も変わらず、基礎を身体にしみこませるように、何度も教えてもらいます。
 竹内さんは、ホールで演奏するときも、金時太鼓を始めるときも、とても温かく受け入れてくださり、本当にいつも感謝してもしきることができないです。

 今、1月にある勝央金時太鼓保存会のコンサートに向けて、練習をしています。何より、みんなと太鼓をたたくというだけで、とても楽しいです。そう思えるのも、竹内さんが私たちに本当の太鼓の楽しさを教えてくださったからだと思います。金時太鼓のメンバーでいられてよかったと思います。最初は、「音が出ない。手が上がらない。楽譜がわからない。」の三拍子に尽きるという感じでした。しかし、竹内さんが一人ひとりに、細かい手の動きやばちの向きなど、アドバイスをそのときどきで言ってくださるので、少しずつ理解していくことができました。

 音が出るようになった今でも、まだ不完全なところはありますが、これからも、なのはな金時太鼓のメンバーとともに、よくしていきたいです。また来週も、竹内さんや保存会の皆さんと、金太郎ばやしを叩けるのを楽しみにしています。