「トランペット!」 えみ

11月4日

*『時よ、前進!』の合わせ練習
 昨日に引き続き、今日の午後にも『時よ、前進!』の楽器練習と全体での合わせ練習の時間がありました。今日は、お仕事組さんたちはいなかったけれど、それぞれのパートで練習をした後、音楽室にまたみんなで集まって、あゆちゃんやお父さんにも見ていただきながら合わせをした時間がとても嬉しかったです。
 
 あゆちゃんの指揮に合わせての演奏。全部のパートが集まると、自分の音が聞こえないほどの音圧で、それもたった2日でどんどん曲らしくなっていっているのが本当にすごいなと思います。自分たちの後ろにはドラムのさきちゃんや、シンバルのさくらちゃん、前にはサックス隊、横にはトロンボーン隊。たくさんのみんなに囲まれて、その中の一部として演奏していると、それだけで鳥肌が立つような感覚があり、力が湧いてきます。
 
 今日の練習では、トランペットはもっと大きな音を出す練習をすること、息継ぎをなるべく短くして音を滑らかにつなげること、もっと綺麗な音を出せるようにすることなどを教えてもらいました。もっと曲も聞きこんで、意志のある音にしていきたいです。 
 
 トランペットを新しく始めた時は、音も全然でないし楽譜の最初の音すら出せないしで、いつやめてしまおうかというくらいだったけれど、今ではトランペットを吹いている時間がすごく楽しくて、トランペットという楽器自体にもどんどん愛着がわいてくるなと感じます。多分、一人で新しく楽器を始めようと思ったら吹けるようになる自分も想像できないし、続かないだろうなと思うけれど、ここではコツコツと積み重ねて吹けるようになっている人がたくさんいて、そのことにすごく勇気と希望をもらって、自分も頑張ろうという気持ちにさせてもらっているなとも思います。
 
 なのはなに来る前までは、真面目に努力している人はバカにされたり落とされたりするような、意地悪でおかしな空気がどこにでもあって、何でも適当にやっている振りをしないといけない苦しさがずっとあったし、自分もそれに流されかけていたと思います。でも、楽器を上手くなるには、どこまでも近道はないし、コツコツと積み重ねてやっとできるようになってくるんだろうなと最近すごく感じます。 
 
 自分はまだまだ音を出すことに必死になってしまっているし、曲を吹いていてもただの音の集合になってしまっていて、綺麗な音や、トランペットらしい華やかな音とはほど遠いです。でも、毎日少しずつでも練習していると、本当に少しずつでも出せる音が増えたりして、それがすごく嬉しくて楽しいです。
 もっと気持ちも強くして、曲全体の中でもトランペットパートで厚みに貢献できるようにこれからしっかりと練習をしていきたいなと思いました。
 読んでくださりありがとうございました。