「目的を持って自由に」 えみ

10月30日

 今朝は、昨日にも増して冷え込んでいて、外で作業していると手先や足先がかじかむ感じを思い出しました。朝食前の時間では、よしえちゃん、ゆかこちゃん、よしえちゃんと一緒に大根の手入れをしました。主には大根1弾の害虫つぶしをしたのですが、先週大人数のみんなに協力してもらったおかげでだいぶ虫も減っていて、綺麗に葉が伸びている株が大半になっているのが嬉しかったです。首元が少し地表に出かかっている株は、直径3センチくらいにまで成長していて、寒さは厳しくなってきたけれど日に日に大きくなっているのを感じて、収穫が待ち遠しいなと思いました。

*玉ねぎの定植準備
 午前は、やよいちゃんや何人かのみんなと玉ねぎの定植準備をさせてもらいました。初めに、昨日みんなが立ててくれていた畝をくわでならして、玉ねぎが植わりやすいようにかまぼこ型に形成していきました。なるべく高畝。でも山形にし過ぎると玉ねぎが滑り落ちてしまうので、なだらかに。少しその感覚が難しかったけれど、昨日みんながすごく綺麗に畝たてをしてくれていたおかげでスムーズに進んで、畝の形成自体は1時間もかからずに完成させることができました。
 
 私は、途中から、さくらちゃんとしなこちゃんと一緒にみんなが畝ならしをしてくれたところから穴あきの黒マルチを張っていきました。しなこちゃんがマルチのロールをどんどん伸ばしていってくれて、私はさくらちゃんとペアで畝の両サイドからぴんと引っ張ってUピンを使って1メートル間隔くらいで止めていく役割でした。
 
 しわなくぴんと張るのは結構難しかったけれど、さくらちゃんと息を合わせながら1畝、2畝とやっていくうちにだんだんコツがつかめてきて、最後畑の半面に張られた光景がマルチの海のようで、それを見た時にすごく達成感を感じました。
 苗床に植わっている玉ねぎの苗は、根元が直径1センチくらいあって葉先もぴんとしていて整然と畝に並んでいる様子がすごく綺麗でした。今年は玉ねぎが大成功しそうだなと今からすでに思えるくらいの立派な苗で、それもみんなの手入れのたまものだなと思いました。
 明日は今日準備した畝に植え付けをするのかなと思って楽しみだし、自分もできることを頑張りたいです。

 夕方のハウスミーティングでは、お父さんお母さんのお話を聞かせてもらえて嬉しかったです。
 作業などをしていて、質とスピードのバランスを取るのが難しいと感じてしまうということに対して、お父さんはそれも自分はいつも人生の脇役で生きてしまっているから、作業でも目的が見えなくなってしまっているんだという話をしてくれました。
 どんな作業でも、自分がここを綺麗にしたいとか、こんな風に野菜を育てたいとか、目的がはっきりとしていたら、なるべく高い質で、しかもなるだけ素早くやりたいというのは明らかだし、そのためにどうしたらいいか考えてそれに近づけるようにすることができます。その間に周りの評価なんて関係ないです。
 
 でも、今の自分は周りの評価ばかり気にしてしまっていて、それに惑わされて本当の目的が見えなくなってしまっているなと思います。本当はどうでもいいことにばかり囚われていて、ともすれば作業もやらされている、やらないといけないという義務感が強くなってしまっていることもあると思いました。
 
 そんな脇役の人生はつまらないし、ちゃんとプレーヤーとして生きていきたい、そう強く思います。今は自分の周りが硬い殻で覆われているみたいに狭い世界、浅いところしか見えていないと思います。
 でも、本当はこうしたい、こう生きていきたいという意志は、ちゃんと自分の中にあるとも感じます。自分が囚われてしまっているものをちゃんと取り除いて、もっと自由に、純粋に生きられるように変わっていきたいです。
 まずは、日々の作業や当番に向かう時にも、その目的を自分の中でちゃんとはっきりとさせることを心がけたいです。
 
 まとまりのない文章になってしまいましたが、読んでくださりありがとうございました。