「達成感」 りな

10月29日           

 今日は朝から霧が晴れて、スッキリと天気が良かったです。まおちゃんとオクラの収穫をしに、畑へ向かう吉畑手前ハウス横の道も、まおちゃんが「こんなに景色が良かったんだ」と言っていて、そう思って私も見てみると、遠くの家や、広がっている田んぼまでよく見渡せて、綺麗だなあと思いました。

 午後に、車の中で、かにちゃんと話す機会があって、かにちゃんがなぜ秋の空は高く見えるのかを教えてくれました。夏は、空気中に本当に小さなちりが混ざっているけれど、秋になると、空気中のちりが少なくなって、透明度が増すんだと、教えてくれました。確かに、秋の空は夏よりも淡くて、高いなあと思いました。

 まおちゃんとオクラの収穫をして、今日は300グラムほどしか収穫できなかったのですが、まだ小さい実や、花のつぼみもたくさん付いていました。夜の寒さはオクラにとっても厳しいと思うけれど、それでも頑張って実を付けているオクラの株が凄いなあと思いました。

 嫁入り会場の体育館へ行くと、とても綺麗なほうれん草が届いていました。虫食いがなく、肉厚で濃い緑色のほうれん草でとても嬉しかったです。

 

 午前中は第一鉄塔畑のほうれん草の手入れに入らせてもらいました。
 畑に着くと、ななほちゃんが、同じ畑に植わっている水菜や小松菜を、ツアーのように回って見せてくれました。水菜は、数センチ残して刈り取りがされていて、切り口からまた、もさもさと葉っぱが伸びていました。小松菜は、1弾から4弾ほどまであって、1弾はもう草丈15センチぐらいになっていました。等間隔に、規則正しく並んでいる小松菜がとても綺麗だったし、虫食いがなく、まん丸い葉っぱがたくさん出ている姿がとても可愛いなあと思いました。

 そして、ほうれん草です。今日は3弾の間引き、追肥、中耕、土寄せと、4弾のネット掛けが作業の目標でした。

 私は、4弾のネット掛けを、さやちゃんとほしちゃんと入らせてもらいました。まず、4弾の畝に掛かっている不織布を巻くところから始まりました。私はさやちゃんと一緒に不織布を巻いていきました。

 風が強くて、巻いている間も不織布が風になびいていました。でも、風向きを上手く利用すると、不織布がピンと張って巻きやすくなって、風が味方してくれているようで嬉しかったです。 

 ほしちゃんが巻きやすいように補助をしてくれたり、ユーピンを取ってくれました。ネット掛けも、以前ブロッコリーの定植の時にお父さんに教えて頂いた方法ですると、とても速く掛けることが出来ました。さやちゃんとほしちゃんと、協力しながらポールを立てたりネットを広げて掛けていくことが楽しかったし、次々に光景が変わっていって、4畝のネット掛けを終わらせられた時は達成感がありました。

 ほうれん草の土寄せにも入らせてもらって、まだひよひよしたホウレンソウを土寄せして立たせていくと、葉もピンと上に伸びて、ほうれん草も喜んでいるように見えました。土寄せされた畝を見返すと、ポコポコ、四条に小さな山脈が作られていて、綺麗になっていました。

 作業時間が2時間という、短い時間の中でも、目標だった作業を終わらせることが出来て嬉しかったです。間引きしたほうれん草が、また食卓に出てくる日が楽しみです。

 

 午後は、毎週火曜日にギター教室を開いてくださる藤井さんの、版画の展覧会に家族みんなで行かせてもらいました。向かうのは、文化センターというところで、どこなのかなあと思っていたら、なんと文化ホールの隣の勝央美術文学館で驚きました。毎週太鼓で通っているところだけれど、ホールの隣に、図書館や、展示室があることは初めて知ったなあと思いました。

 展示されている絵は、全て版画だったけれど、版画だとは思えないぐらい細やかだったり、色とりどりな作品が多くて、凄いなあと思いました。中でも、とてもダイナミックなシーラカンスを描いた作品は、釘を打って彫った作品だと聞いて、そんな手法もあるんだなあととてもびっくりしました。近くで見てみると、小さな点が集結して、色の濃淡を表されていました。

 人の横顔が描かれた作品も、近くで見ると、丸い点がよく見えるけれど、遠くから見ると、浮き上がって作品が見えました。作品の1つ1つに工夫が凝らされていて、それを探すことが楽しかったです。

 藤井さんの版画の作品は、以前展覧会に行かせてもらったときにも見させてもらっていました。でも、その時よりも、もっと藤井さんの作品が身近に、温かく感じて不思議だなあと思いました。

 「無我」というタイトルの作品が心に残っていて、組んでいる手だけしか版画の中には映し出されていないけれど、手を組んでいる人の表情や、気持ちがなぜだか優しくて、温かいものに感じました。手のしわや、服の模様、光加減なども細かく再現されていることが、本当に凄いなあと思いました。

 少しの時間だったけれど、展覧会に行かせてもらって、たくさん版画を見ることが出来て嬉しかったなあと思いました。

 

 明日は土曜日で、お仕事組さんと過ごせる日を大切に過ごしたいです。