「誰かのための自分で」 せいこ

10月27日

*大好きなりなちゃん、みかちゃん
 今日はりなちゃん、みかちゃんのお誕生日でした。私は、りなちゃんもみかちゃんも大好きです。りなちゃんの、いつも気持ちが外向きで、誰かのための自分であり続けている姿が、本当に綺麗だと思います。どんな大変な作業でも、リーダーさんの声掛けに、大きな声で返事をして、全力で作業するりなちゃんと一緒に、畑を駆け回る毎日が本当に尊くて、いつも感謝の気持ちでいっぱいです。
 
 みかちゃんの作業している姿、目の前の人に対する気持ちの向け方は、本当に美しいです。畑作業はもちろん、バンドで一緒に配線をさせていただいた時も、またイベントなどで、衣装の着替えを手伝ってくださった時も、みかちゃんの動きには、無駄がなくて、それでいて、その場にいる人に対する細やかな気遣いが行き届いていて、日々の中で、みかちゃんが本当にすごいな、と思うことが何度も何度もあって、私も、いつか、みかちゃんのように、本当に強くて優しい人になりたい、と心から思います。りなちゃん、みかちゃんとこれからも一緒に生活できることが本当に嬉しいです。いつもありがとうございます。

*大好きなみくちゃん
 今日の午前中、みくちゃんが出発ギリギリまで、キーボードの使い方を解説してくれました。音の作り方、保存方法、よく使うエフェクトの種類や、その効果、フットスイッチの使い方とその設定の仕方などなど…。本当に数え切れないほどの性能が搭載された2台のキーボードの使い方を、順序立てて分かりやすく説明してくれました。私は以前から、みくちゃんが、キーボードや鍵盤の話をしてくれるときの、キラキラした表情が、本当に大好きでした。そんなみくちゃんが、心を込めて演奏して来たキーボードを、しっかり引き継いでいけるよう、バンドメンバーのみんなの中で、心して演奏していきます。みくちゃんの旅立ちは少し寂しいけど、私も、新たな一歩を踏み出すみくちゃんと同じ気持ちで、なのはなバンドとして、本当に伝えるべき志をいつも胸に据えて、演奏も、日々の生活もしっかり頑張っていきます。いつでも帰って来てね!

*駅伝のお話を聞いて
 今日のお昼の集合で話してくださった駅伝のお話。みんなの前で手は挙げられなかったけど、私も走ってみたいな、と思いました。高望みかもしれないけど、もっともっと自分の力をみんなのために惜しみなく出せる人になりたいし、みんなのために、まだ見ぬ誰かのために、いつだって力を尽くせるパワーが欲しいです。いまの自分をもっとパワーアップできるチャンスかもしれない、と思ってしまいました。もちろん、いまの私がするべき役割が、駅伝じゃなく、他にあるならば、そのことに専念します。

 今日も1日ありがとうございました。明日も自分にできることを精一杯頑張ります。おやすみなさい。