10月25日(月)「カメチームの物語――サプライズのリレー大会 & 『時よ、前進!』練習スタート」

10月25日のなのはな

 朝から雨が降っていました。雨前にサツマイモ堀りを全て終えられて、一安心だなあと思います。昨日のサツマイモ堀りで疲れた身体をほぐすために、まえちゃん、やよいちゃんが体育館での柔軟体操を考えてくれました。
 体育館には、逆さにしたカラフルなバケツが3個、ぽつんと置かれています。まさか、とは心の中で思いつつ、ひとしきりの柔軟体操をしました。
 
「第2の柔軟体操は、リレー大会です!」
 やっぱりそうだったんだ! と思って、とてもワクワクしました。みんなからも、「やったー!」という声や、「柔軟になるのかな」と言いつつもとても嬉しそうに笑っている笑顔があって、その場はとても賑やかで活気のある空気が流れていました。雨の日の、少しどよんとした暗い空気を吹き飛ばしてくれるような、実行委員さんの提案が、私達にとってサプライズのようで、とても嬉しかったです。

 チームは、犬派、猫派、亀派の3チームに分かれました。私は、亀チームに入りました。亀チームのメンバーと顔合わせをすると、パワフルで明るいチームになりそうだなあと思いました。この仲間と一緒に勝ちに行きたい、ととても気合が入りました。

 

DSC01546

 

 1種目目は、「ボール挟みリレー」です。このリレーは、チームの中でペアを作って、ペアの人と、おでこでソフトバレーボールを挟みながら、走るリレーです。やよいちゃんとまえちゃんがしてくれるデモンストレーションを見ていると、とてもスムーズで簡単そうに見えます。けれど、実際に、ペアになったりんねちゃんと一緒に練習してみると、その難しさに驚きます。
 
 ペアの人と息を揃えて、走る速さや、おでこを前に突き出す力を同じにしなければ、すぐにボールを落としてしまいます。りんねちゃんと、「いち、に、いち、に」と、二人三脚のように、声を揃えて、ゆっくりでもいいから、ボールを落とさないようにしよう! と作戦を立てました。

「よーい、スタート!」の合図で、3チームの1ペア目が一斉にスタートラインを切りました。どのチームも拮抗していて、応援をしていてもとてもハラハラしました。1位になっていても、ボールを落としてしまうと、その間に順位が入れ替わったりして、最後まで目が離せませんでした。

「亀チーム頑張れ!」大声で叫んで、チームを応援しました。それでも、あまり聞こえないほど、みんなも本気で応援してしていました。順位は1位犬チーム、2位猫チーム、最下位が亀チームでした。少し悔しかったけれど、すぐに気持ちを切り替えて、次の種目に気持ちを向けました。

 

DSC01577

 

 2種目目は、「おんぶ&手押し車リレー」です。これも、ペアを作って戦います。逆さに置いたバケツが、コーナーとなっていて、コーナーに差し掛かるまでは、おんぶで競争します。コーナーを曲がってからは、今度はおぶわれていた人が、床に手をついて、おんぶしていた人が、足を押して、人力手押し車で帰ってきます。
 私は、なつみちゃんとペアになりました。練習なしの、本番一発勝負です。手押し車はあまりしたことがなく、とても緊張しました。
 
 ゲームが始まって、みんながおんぶしながら全力で走っている姿、必死になって手を動かし、手押し車で帰ってくる姿がありました。負けず嫌い魂が燃えて、みんなが勝つために、本気でゲームしている姿が、面白くて、そしてとても綺麗でした。

 

DSC01585

 

 腕がぷるぷるなりながら、何とか手押し車で帰ってくると、それだけでとても達成感があって、「やった!」とペアだったなつみちゃんと喜び合いました。2種目目も、亀チームは最下位で、とても悔しかったけれど、チームのみんなが全力で応援してくれたり、帰ってきたら「すごく速かったよ!」と声を掛けてくれたり、それだけでとても励まされる気持ちになりました。
 
 最後の種目は、やっぱりガチンコリレーです。実行委員さんの、
「今までの結果はいったん横に置いて、この最後のリレーで勝ったチームが優勝です!」
 という宣言で、亀チームからわっと歓声が上がりました。これは勝つしかない! 2種目とも最下位だけれど、やっぱり亀チームだからおっとりなのかと思われてはたまらない! 絶対に1位になるぞ! チームのみんなと気合を入れなおして、ガチンコリレーに向かいました。
 
 エースとアンカーを走るのはやよいちゃん。やよいちゃんに続いて、次々と、チームのみんなが続きます。「よーい、スタート」の声が、異様にも神聖に聞こえて、そこから今までに増して、大きな応援の声で体育館が包まれました。
 みんな、裸足になって全速力で体育館を駆けていきます。番が来る頃になると、心臓がバクバクして、とても緊張しました。前を走る人が、もう折り返して、猛スピードでこちらへ向かっています。前の人が伸ばした手の平をめがけてハイタッチし、バトンを繋ぎました。

 すぐ後ろからは、他のチームの人が追いかけてきます。何とか、1位を守らないとと、必死になって走りました。コーナーを曲がると、応援するチームのみんなの顔が見えて、一瞬のうちに、バトンが渡されました。

 

DSC01601

 

 3チームの中でひとり、アンカーの証の蛍光色のゼッケンをつけて、やよいちゃんが走ってくれました。最後の最後まで諦めずに、3種目目で、亀チームが1位になりました。やよいちゃんが走り切った勢いで、抱きしめてくれて、一緒に喜び合えた時間が、とても嬉しかったです。最後の最後に1位になれたことも嬉しかったけれど、チーム違えず、本気になってゲームできたこと、チームのみんなと息を合わせたり、喜び合えた時間が、とてもありがたくて、嬉しかったです。心も身体もホカホカになったところで、リレー大会はお開きとなりました。とても楽しい会を過ごすことが出来ました。

(りな)

 

***

 

 来年に予定しているスプリングコンサートに向けて、ビッグバンド演奏の練習が始まりました。
 曲目は、ゲオルギー・スヴィリードフ作曲の『時よ、前進!』。この曲は、元々、たけちゃん(編注:たけちゃんは、スタッフのあゆみちゃんの子供で、現在1歳5か月です)が大好きな曲で、いつも、たけちゃんと、みんなとで一緒に聴いていた曲でした。たけちゃんは、この曲の動画を見ると、決まって画面の演奏に夢中になり、すっかりご機嫌になります。このたけちゃんお気に入りの曲を、コンサートで、演奏することとなったのです!

 

PA250012

 

 練習のはじめに、みんなで食堂に集まり、原曲を聴きました。アップテンポで、スリリングなメロディーと、規則的な打楽器のリズム。一度聴いたら覚えてしまうような曲で、これからの練習へ向かう士気が高まりました。

 楽譜は、事前に、さとみちゃんとかにちゃんが、なのはなでの演奏用に全てのパート分を作ってくれていました。どんな曲でも、なのはなのみんなで、なのはなファミリーらしく演奏できるように、楽譜を再構築できる2人が本当にすごいと思ったし、感謝の気持ちでいっぱいです。
 
 原曲を聴いて、楽譜を受け取ってからは、各パートの部屋に分かれ、いざ、練習開始です!
 私たちトランペットパートは、まず、楽譜の譜読み、運指を確認してから、原曲を何度も聴き直し、自分たちの音が入るタイミング、リズム、音程などを、一緒に歌って確認していきました。

 

PA250025

 

 そして、久しぶりに、パートでの基礎練習をしました。みんなで音を揃える感覚、綺麗に、且つ、はっきりと華やかな音をみんなで目指して出して行く感覚。1人での練習も大切だし、好きですが、やっぱりパートのみんなと一緒に音を出すのは、すごく楽しいです。
 
 基礎練習を終えてからは、譜読みした楽譜を吹いていきました。『時よ、前進!』でのトランペットは、緊迫したピアノのメロディーに合いの手を打つようなフレーズが多かったです。これからの練習でも、曲全体のスパイスになるような音をみんなで表現できたら、と思います。またBメロの部分は、トランペットがメロディー部分を担当することも多く、伸びやかで華やかな音色を響かせられるよう、頑張りたいです。

 

PA253038

 

 何より、お父さんのお誕生日会以来のパート練習で、どのパートの部屋も賑やかで、和気藹々とした空気が古吉野いっぱいに広がっていて、とても嬉しかったです。これからの練習も、すごく楽しみです。

(せいこ)

 

●各パートで譜読みや練習を行ないました●

PA250014

PA250031

PA250476

PA250465

PA250472

 

***

 

雨の1日、室内では桃の樹にかぶせるネットづくりや、桃花づくりが進みました!

PA250461

P1010109