「楽しさが残って」 さき

10月24日

〇サツマイモ堀り

 秋晴れの中、家族みんなでサツマイモ堀りをしました。お父さんとお母さん、ひでゆきさんや、たけちゃんもいてくれて、畑にいつになく人がたくさんいてうれしかったです。

 外へ出るころは、ちょうど太陽が出てきて、唇が青から赤になり、着る服が減りました。早速梅見畑へ向かうと、すでにまえちゃんやなおとさん、そして中央には焼き芋のオブジェが立っていました。

 寸劇があるということで、ますますイベント感が増して、ワクワクした気持ちになりました。焼き芋からは、なおちゃんが登場し、まえちゃんとやよいちゃんの天真爛漫なボケに対し、今まで見たこともないほど鋭いツッコミを言っていて、なおちゃん演じるサツマイモの「焼くだけでおいしい」という名言がかっこよくて、とても面白かったです。

 そこから勢いよく始まったサツマイモ堀り。私は、よしえちゃんとまちちゃんとトリオになって進めました。スコップで掘るのと、手で引き上げるのを、3人で回してどちらもできたのがよかったなと思います。

 サツマイモは、堀った瞬間から、ずっしりと重たく、立派に太っていて驚きました。
 南側の、自家採種の芋から作った苗を植えた場所は、一つがものすごく大きいというのが多く、毎回掘るたびに「オー!」と声を上げてしまうほどでした。掘りあげたときの感覚と、それを持ち上げたときの重さが、均衡していてとてもうれしかったです。

 午後からは、午前よりも掘る範囲が広かったものの、お父さんが教えてくださった方法でやると、速くなっていきました。
 その方法は、畝の進行方向に向かって畝を崩してゆき、芋が見えたら今度は畝に対し垂直に立ってスコップを入れ、掘るという方法でした。
 すでに掘られて崩れたところからスコップを入れると入りやすいんだということがわかりました。

 夢中でやっていると、自然と身体が熱くなり汗を出てきます。けれど、そこまで疲れずずっと掘ってたいと思うほど楽しかったです。ふと気が付けば、梅見畑がすべて平らに掘り起こされていて、やはりみんなの力はすごいなと感じました。

 最後の1時間は、堤防下畑へ。ここは小さめの畑なので、1ペアが1列とちょっと堀ったら終わりました。土がサラサラだったので、平行からしかスコップを入れていなかったけれど、やはり力が少なく確実に掘れるお父さんの方法でやればよかったなと思い、来年やるときもこの方法でできるよう、メモに残して覚えておこうと思いました。掛け声も「せーの」しか言っていなかったので、次からはもっとテンポよく大きな声で出そうと思います。

 穫れたサツマイモは、やよいちゃんたちがグラウンドに運んで広げてくれていました。
 地面い広がるサツマイモが美しかったです。また選別して箱に詰めるのも楽しみです。
 終わっても楽しさが残って、(ああ、もっとしたいな)と思い、この経験をちゃんと書き留めておこうと思いました。立派なサツマイモに、大勢が畑でスコップを持って掘っている光景や、途中で見た虹など。きょう1日でたくさんの喜びとエネルギーをもらった気がして、また明日からも元気に頑張りたいです。