「自分の人生の主人公になること」 えみ

10月23日

 今日の夕方のハウスミーティングや、夜の集合のお父さんのお話がすごくありがたくて嬉しかったです。
 自分の人生の主人公になること。お父さんのくださった答えを一言で表すと、これでした。
 先日、評価される側ではなくて、評価する側として生きていくというお話を聞いて、私は、なのはなに来る前まで、そして今でも評価される側としての生き方しかできていないと思いました。

 日々、なのはなのみんなと関わったり一緒に作業する中で、自分は大なり小なりそれぞれの人のことを心の中で評価しています。でも、自分が尊敬する人であったり、見習いたいなという理想の人であっても、自分に対する評価でその評価がぶれてしまっているなと感じる場面が最近多いと感じていました。自分でもびっくりするくらいに小さなことで傷ついてしまう自分が情けなくて、自分の中で葛藤が起きてしまって苦しかったです。

 そうなってしまうのは、私はいつも、自分ではなくて、自分を評価する人の物差しで世界を見てしまっているからだとお父さんは話してくださいました。自分がどう思われるかに意識がいっているから常にびくびくとしていて、目立ちたくないからずっと脇役で、何を考えているかも何を待っているのかも分からない。喜怒哀楽を表に出さず、感情がない。

 ダンスや楽器がなかなか上達しないのも、同じことが言えるとお父さんは言っていました。ダンスや音楽は自分の感情を表現するものだから、それがなかったら何も表現しようがないし、踊りたいとも演奏したいとも思えない。何か表現したいものがあって、例え初心者だったとしても今の自分の現状をちゃんと評価して何をしたらいいのか分かって動ける人は、上達も早い。

 思えば、自分は何をやっている時も誰か自分を評価する人が脇にいて、その人が自分の物差しになってしまっていると思いました。このくらいやっていたら注意されないかなとか、叱られないかなとか、自分がどう思われるかが第一優先になってしまっていて、いつも自分の守りに入ってしまっています。その思考回路が普通になってしまっていて、それがおかしいこと自体に普段は気づいてもいないと思います。

 自分の物差しではないから、その時々で評価が変わったり、浅いところで手を打ったり間違いや失敗が多かったり、コロコロと自分が変わって振り回されているように感じます。だから何もかも中途半端で、曖昧なまま。自分の曖昧さの根本は、そこにあると感じました。本当の自分が求めているものは、もっとはっきりとしていると思います。

 この世界は自分が生まれた時に始まって、自分が死ぬときになくなるものと言ってもいいくらい。だからと言って、何でもかんでも自分中心であればいいかというとそうではなくて、自分が幸せに生きるためには、人を喜ばせて、人を映し鏡にして初めて幸せを受け取れるんだということ。「人に喜んでもらうために、一生懸命働くんだ。」こうお父さんは言っていて、その言葉でやっと、利他心と自分の人生を生きることとがつながった気がしました。

 今日お父さんが話してくださったことは多分、ミーティングとかでも少し話してくださったことのあるものだったと思うけれど、今のタイミングで改めて答えを教えてもらって、これから自分がどう回復していったらいいのか、理屈として頭の中でつながった感覚があった気がして嬉しかったです。今すぐにとはいかないかもしれないけれど、変わっていけるかもという前向きな希望が持てて、今日はお父さんのお話からたくさんパワーをもらいました。

 まとまらない文章になってしまいましたが、ここで終わりにします。
 明日は芋掘りをみんなとできるのが楽しみです。
 読んでくださりありがとうございました。