「自分は自分でしかない」 さき

10月23日

〇自分は自分でしかない

 夜の集合のお話、とても心にささりました。
 自分は他の誰かにはなれない、自分は自分でしかない。鉛筆にも、本にもなれない。自分の喜怒哀楽は、自分の体験するものは、自分の見るものはこの世界のすべてである。人生の主人公は自分しかいない。
 かといって、自分のためにしか何もしないというのは違っていて、誰かに喜んでもらうことが自分にとっての一番の喜びであって、だからこそ人は一生懸命動いて、働くんだ。

 ダンス、音楽など、なかなか上達しない人は、人生の主人公になれていない。じゃあ、主人公は誰なのか。それは、親もしくは、親との思い出だ。
 主人公をやっている人は、ダンスも楽器も何やっても上達していくのだと教えていただきました。(聞いたままの言葉で書きたかったのですが、文章の前後がわからなかったので)

 私は、今まで誰かの容姿、才能、性格に憧れて、その人になりたいと思っていました。今でこそ、その思いを抱くことはなくなったけれど、完全にではなかったです。結局その人と比べては、自分の不甲斐なさ、不出来さに落ち込んで、そんな落ち込む自分に酔いしれているだけだったと思います。最終的に自分の中で積みあがったものに、いいものは何一つなく、ただ自己否定に陥るだけでした。
 
 しかし、お父さんの言葉が耳に飛び込んできた時、自分は自分でしかない。という言葉は、重く重くのしかかってきました。本当に、誰かになりたいと思ってもなれないし、自分は自分を生きていくしかないんだと思います。
 主人公は私なのです。誰も代わりはいません。運動能力とか学力とかもそうですが、単純に物事すべてが脇役の目線になっていました。
 私は、脇役ではありません。自分の人生は、自分が切り開いていくものです。

 人生の主人公を取り戻す。私は主人公になります。すべての答えを求めようとせず、今わからなくてもいずれわかるときがきっとくると信じます。だから、今を精一杯、誰かのために生きていきます。今自分にできることは、それにつきます。
 つたない文章ですみませんが、教えていただいたことを記憶にとめておきたく、書きました。

 明日は、念願のサツマイモほりです。毎年楽しみにしているので、この日がくるのがとてもうれしいです。自分にできることを百パーセントの力で頑張ります。