「6つの虹」 ななほ

10月17日 日曜日

 朝食前の時間はるりこちゃん、なおちゃんと一緒に収穫ということで、朝から鼻歌を歌って担当野菜のゴーヤ・ミズナ・ホウレンソウ・小松菜の所に向かいました。ゴーヤはここ数日の寒さで葉も随分と枯れてきて、もうすぐお別れの時を迎えます。そんな中、今朝も10キロ近くのゴーヤが採れて、その中の半分以上は虫食いのない真っすぐなゴーヤでした。

 また、第一鉄塔畑では葉物野菜が無邪気に育っています。ホウレンソウとコマツナはお父さんが考えて下さった新しい種蒔きのやり方のお陰で、蒔いた種は100パーセントと言ってもよいくらいに、生育も揃い全ての芽が発芽しています。ハートの形の双葉はとても可愛らしく、これからの成長が楽しみです。

 今年は小豆や葉物野菜などの生育が少し早い印象があるのですが、ありがたくもミズナは植え付けから20日で収穫を迎えました。今は毎日15キロ近く、収穫をしているのですが、見るからにシャキシャキで新鮮ミズナに毎回、励まされるような気持ちになります。なおちゃんが「二十日ミズナだね」と笑ってくれたり、一緒に朝の収穫に行けるのが嬉しくて、つい口が達者になってしまいました。でも、るりこちゃんと担当野菜の話や最近あった楽しかったことなどをなおちゃんに話していると、やっぱり気持ちも上がり、身体が軽くなったように感じるのは不思議です。

 収穫をしていると、西の空にうっすらと虹が見えました。丁度、朝にリビングに行ったら、メダカの水槽から反射した光ではるかちゃんの肩に虹が架かっていてはるかちゃんと笑った所だったので、空に浮かぶ虹の光がより、温かいもののように感じました。虹を見ると、力が湧いてきます。今日はどんな一日になるんだろうという、朝のワクワクした気持ちが明るい方だけに向いているような、前向きな気持ちになりました。

・紫色の実

 午前中はナスの草取り、枯れ葉摘み、中耕の作業から始まりました。ナスはもう10月だというのに、夏野菜の誇りを胸にまだまだ力がみなぎっているように見えました。上品な紫色の花をいくつも咲かせ、ツヤのあるふっくらとした実を飾りの様につけたナスはとても美しく、写真を撮っていてもナスの魅力に、ナスの持つ世界観に引き込まれていきました。

 最近は1日、カメラを持たせてもらっているのですが、写真を撮りたいと思った瞬間に、カメラを持っていられるとそれだけで嬉しいです。ナスは草丈が高いこともあり、畑全体がナスの紫色の雰囲気があり、まだまだ頑張るナスの背中を押すように、中耕ができて嬉しかったです。

 また、その後は古畑とプール下畑で育てているブル―ベリーの草取りをしました。収穫の終わったブルーベリーは桃と同じように、早速、葉芽や花芽をつけ始めていました。プール下畑の方も綺麗に草取りができて達成感を感じたし、誰も焦らせる事のない空気なのに、みんなが良い仕事をしようという気持ちいっぱいで作業をしているのを感じて、時間内に目標以上の作業ができて嬉しかったです。

 さくらちゃんが、「あれ、実をつけていないはずなのにブルーベリーが落ちてる」と言っていて、その隣でりなちゃんが、「あ、本当だ。ここにも、ここにも」と言っていました。最初は(少しだけ、幼木でもブルーベリーがなったのかな?)と思ったのですが、ふと上を見るとブルーベリーにそっくりの紫色の実をたくさんつけた木があり、実は私たちはその木に囲まれるように作業をしていました。

 さくらちゃんとりなちゃんと、「ああ、そういうことだったのか」と笑った時間も楽しかったし、今まで見向きもしなかった紫色の実がつく、木が好きになりました。

・6つの虹

 夕食の時に「今日は5回も虹が出ていました」と話したのですが、朝のはるかちゃんの虹をすっかり忘れていたので、実は6回かもしれません。今日は朝から晴れては曇り、気が付いたら雨の中で作業をしているということが続いたのですが、太陽の光が差す中に霧のような雨が降る光景はとても自然の恵みを感じて綺麗でした。

 午後の初め、食堂のベランダに出ると、北東の那岐山をバックに大きなアーチを描いた虹が架かっていました。つい、その場にいたのんちゃんや、さきちゃん、ひでゆきさんを呼んで一緒に見ていたのですが、忙しい中でもみんなが虹を見て、柔らかい笑顔になり嬉しそうに元の場所へ戻っていく光景に、私も温かい気持ちになりました。

 また、午後は下町川で作業をしたのですが、車の中で太い虹を見ることができて、その時一緒にいたみんなと「何かいいことがあったらいいね」と話しました。虹が出るとなのはなにとって、何が嬉しいニュースがプレゼントされるような、そんな気持ちになるのは嬉しいことだなと思います。

 下町川に行くのは久しぶりだったのですが、大根やカブが大きくなっていたり、上の畑の太ネギも遠くからでも迫力があるくらい、とても立派に育っていました。
 作業が終盤になるにつれて那岐山の方角から徐々に雨雲が向かってきて、気が付いたら雨も降っていたのですが、その分、下町川では虹を3度も見ました。こんなにたくさんの虹を見るのは初めてだったのですが、よしみちゃんに、「ななほちゃん、いつも元気だけれど今日はいつにも増して、元気だね」と言われるくらい、虹を見ると笑顔になれます。

 5時までは作業をしたい。お願いします。
 そんな気持ちで作業をしていたら、隣にいたえみちゃんも、「5時まで待ってください」と言い、それからせいこちゃんが、「ブルーベリー畑に上着を取りに行きたいので、5時10分まで待ってください」と言っていて笑ってしまいました。でも、私たちの気持ちが伝わったのか、雨がスッと止んで、安心した所でまた降ってきて、「私たち、要求が多いかもね」とりなちゃんと笑いました。

 そんなこともあったのですが、ダイコンの草取り・ムシ潰し・追肥とプラスアルファでニンジンの草取りと追肥も終わらせることができ、終わった時はスッキリして作業をしていても楽しかったです。