「よくなりたい」 よしみ

10月14日

○お父さんへ
 お父さん、お誕生日おめでとうございます。いつも本当にありがとうございます。

 なのはなに来て、お父さんとお母さんの娘にしていただいて本当に感謝の気持ちでいっぱいです。私は、なのはなに来ていなかったらきっと生きることを諦めていたと思います。なのはなに来るまで私は、誰のことも信じることができなくて、誰も自分の求めている答えを教えてくれなくて、誰も理解してくれなくて、自分に未来なんてあると思えませんでした。でも、お父さんとお母さんは私の生きる意味を教えてくださいました。私が求めていた答えを教えてくださいました。どんなに迷惑をかけても、成長が遅くても、お父さんとお母さんは私をずっと見放さずに信じて見守ってくださいました。私はなのはなに来ることができて、お父さん、お母さん、なのはなのみんなと一緒に生活させていただけて本当に幸せです。
 
 私は、どんなにでこぼこでも、成長が遅くても、絶対に回復することから逃げません。未来に保証がなくても、私は回復することを信じ続けます。なのはなの子として、これからもっともっと成長して、誰かの希望になれるような生き方をしたいです。

 今年は稲刈りでお父さんチームに入らせていただけて、お父さんの側で一緒に作業させていただけた時間が本当に楽しかったです。私が不安定なときも、お父さんがミーティングで私の問題を解決してくださったことが本当にありがたくて嬉しかったです。

 今日は直接お父さんにお祝いの言葉を伝えられなかったのは少し残念でしたが、また明日お父さんが来てくださったときにみんなでお祝いできるのが楽しみです。
 お父さんのことが大好きです。これからもよろしくお願いします。
 

 昨日、今日と、あゆちゃんやまえちゃんたちと一緒に倉庫の片付けの作業に入らせていただきました。倉庫の中にはまめがらの他に大量の薪などもあり、小さな倉庫でしたが想像以上に物がたくさん入っていました。みんなでねこを使ってせっせと薪をエルフまで運んでいくと、たくさんあった薪もみるみるうちになくなっていってすごく気持ちが良かったです。やっぱり綺麗になっていくのを見ると気持ちもスッキリするなと思います。
 
 夕方には、あゆちゃんとまえちゃんと石生田んぼで作業をしました。あゆちゃんとまえちゃんの間に挟まれて一緒にたき火を見ながらいろいろなお話しをしました。その時間が本当に暖かくて、嬉しくて、少し涙が出そうになりました。あゆちゃんとまえちゃんの中で一緒に居させていただいて、「私も絶対によくなりたい。あゆちゃんやまえちゃんのような人になりたい」と改めて強く思いました。お話しの中で、あゆちゃんが唯一連絡を取っていた友人の方のお仕事のお話しをしてくださったのですが、そのときにあゆちゃんが、「本当に、何歳からでもやろうと思えばできるんだよね」と話してくださって、その言葉がすごく印象に残っています。あゆちゃんとまえちゃんと一緒に作業させていただけて、すごくパワーをもらいました。自分はほとんど力になれなかったのですが、本当に嬉しかったです。

 読んでくださってありがとうございました。