「貴重な経験」 さき

10月12日

〇文化祭の撮影

 勝央文化ホールで行なわれる勝央町文化祭の映像出演で、今日撮影がありました。
 ホールの竹内さんが、照明などしてくださったり、大太鼓を貸してくださったり本当にありがたかったです。

 私は初めてバンドメンバーの人たちに同行させていただいて、楽器をセットして音出しするまでの過程を間近に経験させてもらいました。楽器や機材の名前は、外国語のようにしか聞こえず、全くわからなかったです。けれど、本当にバンドメンバーの人が、プロさながらで、しっかりとした基盤が代々受け継がれているようで、かっこいいなと改めて感じました。

 私は楽器をセットする間、ゆりかちゃんと場ミリテープを貼っていて、いつも何気なく床に貼ってあるのを見ていたけれど、これもいつも事前にやっているのだと思いました。
 ビニールテープは伸びてしまうので、30センチずつ貼るとよいことを教わったので、次やる機会があれば、一気に伸ばさず少しずつしたいと思います。

 怒涛のように午前が終わり、みんながホールにそろいました。そこからは、ダンスの場ミリやではけ、バディ練習を行なって、最後の調整をします。久しぶりに、ロビーでダンス練習をして、コンサートに似た空気感が、懐かしいなと感じました。

 あゆちゃんが教えてくれたことを思い出しながら、前のれいこちゃんをコピーする意識で踊りました。『ディス・イズ・ミー』を踊るのにはようやく慣れてきたけれど、まだ雑味が多く、手足、目線などのずれが目立ってしまうと思います。それでも、今の自分ができるベストをやろうと思い、とにかく口角をあげて、肩以外の全身に力を入れました。道着を着ていると、なぜかパンチはしやすかったです。やはり、もっともっと踊り込む必要があるので、頑張ります。

 本番では、『チープスリルズ』と『アライブ』、『ディス・イズ・ミー』の3曲を演奏しました。
 夜になると、お仕事組さんが続々と帰ってきて、一緒にできてうれしかったです。
 『アライブ』では、ホールの大太鼓を初めて叩かせてもらいました。金時太鼓でもずっと大太鼓を担当しているさくらちゃんに、少したたき方を教わったり、一緒に練習できた時間がありがたかったです。私はまだ、芯のある音が出せないけど、いつか大太鼓も宮太鼓と同じようにたたけるようになりたいなと思いました。今日は、貴重な経験をさせてもらえてうれしかったです。

 無事に撮影が終わり、みんなでかたづけをして帰りました。今日は、気持ちがちゃんとできてないがために、うまくうごけなかったです。迷惑をかけてしまいました。
 次回は、ちゃんと最後まで集中力を切らさずに、緊張もほどほどに、不安なんてしないでさっさと動きたいと思います。今日は一日ありがとうございました。また、明日から畑頑張ります。