「表現する人として」 みつき

11月12日

 今日は、なのはなの演奏のビデオ撮影をしていただけるとのことで、みんなと、町のホールに行ってきました。

 ホールには、金時太鼓の練習で何度も訪れていたのですが、今日は、いつもと違う雰囲気がして、どきどきしました。
 舞台の上には、バンドメンバーのみんなが一足早く来て、準備してくれていた楽器がずらっと並べられていました。いつもは点灯している客席のライトも暗転していて、舞台のみが明るく照らされていました。
 また、みんながメイクをして、同じ衣装でいると、わたしたちは出演者なのだなあと実感が湧いてきました。

 実際に舞台に立たせてもらって、曲が始まると、パッと、ライトの光が目に入ってきました。お父さんが教えてくださったように、目にたっぷり光を入れるような気持ちで、いつもの何倍も目を大きく開きました。

『チープ・スリルズ』では、心の底からの笑顔と楽しさが伝わるように、意識しました。
 手を挙げる振り付けが、とても楽しくて、だいすきな曲です。でも、手をしっかり伸ばすこと、止めを付けることを意識して、ただ楽しいではなく、ピシッと決めるところは決めるように、気を付けました。

『アライブ』では、強さ、頼もしさのあるキリっとした気持ちを意識しました。
 わたしは、みんなのように口を大きく開けることが出来ていなくて、これは、普段から、口を大きく開けていないといけないなと課題に感じました。
 
 また、目線のことについて、「少し違っていただけでも、すごく目立つんだよ」とお父さんお母さんが教えてくださいました。そのため、みんなで見る対象物を決めて、演奏をしました。すると、自分自身も視線や身体や気持ちがまっすぐになって、とても堂々と立っていられました。

『ディス・イズ・ミー』では、わたしは、客席でみんなの演奏を観させていただきました。今回は、それぞれ衣装が異なっていて、ちょっとヘンテコで、でもとってもかわいくて、見ていて楽しかったです。
 みんな、振付が揃っていて、立ち位置や列も綺麗に揃っていて、目が離せないくらい気持ちがいい演奏だったなあと感じました。
 ピンスポットが当たって、あけみちゃんがソロで踊っているとき、本当に美しくて、ぞわっとしました。
 みんなが踊っているのを見ていると、すごく明るい希望やエネルギーが伝わってきます。でも、どこかで、涙が出そうになります。そのくらい、心が動かされました。

 みんなの姿が、本当にプロの人のようにかっこよかったです。
 でも、みんなの表現からは、まっさらで純粋な、あたたかい気持ちが伝わってきて、どれだけレベルが上がっても、いつも目の前の人のことを想って演奏するみんなが、本当にすごいなあと感じました。また、その気持ちがあるから、ここまで高いレベルに創り上げることができるのだ、とも感じました。

 わたしは、コンサートが待ち遠しくなったし、みんなに付いていけるよう、これからの生活や練習で、表現する人としてふさわしい心と身体を作っていきたいです。