「一人ひとりが揃える気持ちで」 なる

10月12日

 勝央町文化祭へ映像出演ということで、勝央文化ホールのステージで演奏をさせてもらいました。
 予定より早くホールに着くことができて、17時から1曲ずつ合わせ、衣装を着てリハーサルと本番があって、何度も演奏させてもらえて、1回1回が本番で精一杯だったけれど、やっぱり踊るたびにこうした方が動きやすいなとか、きれいに見えるなとか、よりよく見えるように小さなことでも改善していけるので、本番が1番良い形でできました。

 お父さんお母さんが客席から5ミリ単位で立ち位置や身体の向きを見てくれて、ステージ全体で一つのものになれるように、ステージに上がるみんなで一つのところに気持ちを集める感覚が好きだなと思いました。照明や衣装や、迫力のある生演奏に包まれると、非日常の高揚感で、そのなかで思い切り気持ちを表現できることが気持ちが良かったです。

 『ディス・イズ・ミー』の衣装を、私はこの前のお誕生日会のななほちゃんのピエロ衣装を着させてもらったのですが、いざ衣装を着たみんながステージに集まると、一人ひとり違う衣装だったので驚いてしまいました。

 前日のダンス練習の最後に、衣装がバラバラな分、振りが揃っていないとバラバラに見えてしまうけど、これだけ揃っていたら大丈夫だ、とあゆちゃんが言ってくれました。
 あゆちゃんが見てくれてみんなで揃えた振りで、癖を出さずに「これが私」と表現する。一人ひとりが揃える気持ちで、「これが私」と表現しているんだと信じられると、とても大きな力を客席やカメラの向こうにぶつけていると思えて力が入りました。
 私事ですが、リハーサルでは、仮面を締めすぎて、振りに集中できなかったので、本番のチャンスがあって本当に有難かったです。

 私は仕事から本番めがけてホールに向かうというスケジュールだったので、すぐに気持ちをぶつける強い気持ちをつくって行くことや、みんなの緊張感、ホールで練習する中で成長しているだろうからそこへ気持ちを揃えられるようにと思うと、仕事中も緊張していました。
 職場の方が演奏があるなら、早く帰りなと、16時過ぎには「頑張ってね」とみなさんが快く送ってくれて、嬉しかったです。
 ホールに着くと、会場ができあがっていて、楽しみにいったようになってしまいましたが、みんなと練習できた時間やホールで表現できたことが楽しかったです。