「みんなとなら、何者にでも」 ほし

10月10日

 今日の日を、お父さん、お母さん、みんなと過ごさせてもらって、また一つ、大事な気持ちを教えてもらえたような気がします。

 今日は、今朝から、みんなの中に居て、お父さんのお誕生日会をいいものにしよう、という空気を、ずっと感じていました。
 朝食前の収穫嫁入りも、途中で入った水遣りの作業でも、みんなが協力して、一致団結した空気を感じて、自分もその中に居て、その流れの中にいられて、気持ちを高めてもらったな、と思います。

 本番のオープニングで、歌を歌いながら、それぞれカラーのある煌びやかな衣装を着たみんなが、スキップしながら、体育館に入ると、お父さん、お母さんが、笑顔で迎えてくださって、その笑顔が、何よりも嬉しかったし、安心しました。

 実行委員さんが考えてくれた寸劇の中で、それぞれのパートで練習してきた曲を演奏することになっていました。
 そのときの、劇中のセリフが、心に残りました。
「私一人では、ちっぽけだけれど、みんなとなら、何者にでもなることができる」
 今の私には、一番欲しい答えだった、とその時思いました。
 
 今まで生きてきて私が思ってきたのは、自分一人で、何でもできるような人間でないと、出来損ないの人間は、誰からも嫌われて、生きていけなくて、世の中から外れてしまう、というような思い込みがずっとありました。
 けれど、なのはなでいたら、そんなことは、間違った事であって、日々の音楽や畑、伝えたい気持ちを表現して、そんなみんなと作るステージこそが、自分たちの形であって、それが誇りで、私が生きるステージはここなんだ、と思いました。
 私は、(みんながいるから、大丈夫なんだ)とその時、確かに思いました。
 何よりもそのことが、心強くて、まるで魔法のようだ、と思いました。

 自分たちがトロンボーンを演奏する前の寸劇の内容も、心に残りました。
 称賛や評価のためだけに頑張って、大事なものが何ひとつない、という部分が、今までの自分とぴったりとあいました。

 それから、トロンボーンアンサンブルのみんなと、『ルーマニア民俗舞曲』を演奏しました。
 この曲は、誇りを持って演奏しよう、ということをゆりかちゃん中心に、みんなと気持ちを揃えました。
 不器用で、ほかの人と同じように歩けなくて、つまずいたけれど、そんな私だからこそ、使命がある気がしてならない、後に続く人たちのために、泥臭く、旅を続ける、私たちは、旅人だ、と強い気持ちを持って、演奏に望みました。
 物凄く緊張していたけれど、その気持ちがあったから、一緒に演奏する誇らしい仲間がいたから、恐れも、吹き飛んでいきました。
 これが私なんだ、と誇らしい気持ちで、吹くことができました。

 クラリネットパートの『花のワルツ』も、フルートの『リベルタンゴ』も、トランペットの、『人生のメリーゴーランド』も、みんなのそれまで積み重ねてきたものや、みんな気持ちを感じて、一つ、一つの演奏が、それぞれの情緒があって、それが、心に響いてきました。
 『人生のメリーゴーランド』は、険しいけれどこの先には幸せもある、と思わせてくれるような曲で、『花のワルツ』は、軽やかで優美だなと思ったし、『リベルタンゴ』は、したたかで、威厳や尊厳のある情緒を感じました。

 特に印象的だったのは、サックスパートと、パーカッションパートの大人数でのみんなの『スリラー』でした。
 本当に迫力があって、みんなの気持ちが飛んでくるように伝わってきて、涙が出そうになりました。
 音は、賑やかな音だけれど、そこには、みんなの勇気や泥臭さや、強さを感じました。
 まおちゃんやまなかちゃんや、シンバルを叩いているさきちゃんや、サックスを演奏しているみんなも、一人、一人が、良い音を出そう、お父さんに気持ちを届けよう、という気持ちでした。
 一番は、みんながいるから、最強なんだ、怖いものはないんだ、とみんなの気持ちを、一番に感じました。

 目には見えないけれど、そこには、演奏しているみんなの気持ちが、確かにあったから、それが、見ている側の感動として、と伝わってきたのだと思いました。
 聞いているだけで明るい気持ちになれて、まるで魔法のようだ、と思いました。

 そのあとのファッションショーも、私は、ゆりかちゃんチームで、曲は『Rainbow』で、トップバッターでした。
 それまで、みんなで、良いものにしようと、衣装や振りも考えて、練習して、そんな時間を積み重ねていくうちに、絶対にいいものにしたい、と大事に思う気持ちが、確かな実感として、自分の中にも芽生えていたことに気が付きました。
 私は、とんがり帽子の道化師で、パステルカラーの衣装を着て、それになりきって、周りには、キラキラの傘、妖精のようなダンサーの衣装、虹の番人さん、まさに、虹のイメージ、夢の世界を表現する、そんな柔らかくて、優しい世界を表現するのは、最高に、心地が良かったし、みんなと、気持ちを一つにしてできたことが、何よりの宝物になったな、と思いました。

 練習の時間も、制作物をしているときも、一緒に作り上げる時間が、本当に楽しかったです。
 こんなに素敵な世界を作り上げられらて、お父さん、お母さん、みんなにも、笑顔になってもらえて、そのことが、表現する喜びを感じられた瞬間でした。

 他にも、みんなのステージを見せてもらって、チームそれぞれのカラーがあって、その世界観に引き込まれるようだったし、色んな世界を見せてもらって、そのたびに、色んな色とりどりの気持ちになって、楽しかったです。
 ちさとちゃんチームの、エミレーツ航空巻きを取りいれた可愛らしい衣装と振りや、バードセットフリーのさきちゃんの翼を広げた姿や、とても賑やかで、踊りだしたくなるような気持ちにさせてくれる、アップタウンファンク、まるでおとぎ話の中にもぐりこんだような気持ちにさせてくれるハッピーフェイスに、重厚な音とそれに合わせた動きで、衣装もまとまりがあって見ごたえのあるマディーウォーターも、みんなにいい刺激を貰って、感化されました。

 曲調は、それぞれ違うけれど、違う味として、それぞれに自分たちの伝えたい気持ちを込めることが出来るんだな、と思いました。
 こんな素敵な表現ができるみんなと仲間で居られることが、本当に嬉しいな、と思いました。
 最後には、お父さんの歌も、みんなと円になって、聞かせてもらえたことも、勇気が湧いてくるような気持ちになれて、嬉しかったです。

 みんなが、夢のような時間だった、と言っていて、素敵な空間だったんだ、と思いました。
 まるで、お菓子の箱をひっくり返したような、そんなファンタスティックで、カラフルで、夢のある世界が、そこには、広がっていたのだと思います。
 まるで、子供の頃に夢見たような、そんなドキドキするような気持ち、そんな世界観が、たまらなく好きだな、と私も思いました。
 落ち込んだことがあっても、ここに来れば、笑顔になれるよ、といってあげられるような、そんな夢のステージを作り上げられる人になりたい、と強く思いました。

 別世界の人物になりきって、その世界の生き物として、動いているのは、夢のあることでした。
 まるで、ディズニーランドのようです。
 同じチームのみんなと一緒に、表現したり、みんなの表現も見せてもらったり、アンサンブルや、ファッションショー、劇も、一つの物語を作る一人として表現者でいられたことが、嬉しかったです。
 少し、気持ちがついていけなくて、疲れてしまった部分もありました。
 みんなのステージを見ているときも、笑顔でいようと思っていても、ついていけなくて、みんなと同じ気持ちの土俵に、今の自分は乗り切れない部分があって、そのことが、悲しくなりました。
 けれど、そんな私だからこそ、表現できるものがある、と、今日の会を得て、思いました。
 悲しさも辛さもつきものだ、と思うけれど、それも、人生だと思いました。

 今日の会が嬉しかったです。

 読んでくださってありがとうございました。
 おやすみなさい。