「最初から最後まで」 まお

10月10日

 今日の朝はみかちゃん、つきちゃん、私の3人での収穫で、朝食の時間がいつもより30分はやいので収穫30分、嫁入りに30分という時間配分をめざし、みんなでいつもよりスピードアップを意識して作業をしました。体育館は誕生会の設営がされているので今日は中庭で、青空の下にて嫁入り作業といういつもと違う感じが、「今日はお父さんの誕生日会なんだなあ」という実感を湧かせてくれました。
 
 午前中からお昼にかけて事前の調整や準備を行ない、2時過ぎにお父さんの誕生会スタートです。歌とともにみんなで腕を組んでの入場でした。初めから世界観がポップでかわいくてディズニーランドのパレードのような雰囲気で盛り上がりました。
 
 そして実行委員さんたちが脚本から演出まで考えて演じられた寸劇。お父さんの誕生会に突如乱入してきたナウォンカの一味から劇はスタートし、ナウォンカの苦悩から、なのはなでの活動にふれあい何か答えを見つけていくというストーリーでした。どのキャラクターもユーモアたっぷりでポップで華やかな衣装に身を包み濃厚でした。あやかちゃん演じるウンパちゃんがかわいくて舞台に癒し要素をプラスしていてくれていたのが個人的にお気に入りです。
 
 寸劇の合間にみんなのアンサンブル演奏があり、このあいだ練習を始めたばかりだった感覚なのに予想以上の出来上がりで、日々の畑作業の合間やちょっとした時間に練習していたみんなの姿を思い出して、積み重ねは大事だなあと思いました。私も『スリラー』を豪華なフルメンバーで演奏できて心がとても浮き立って演奏できました。心の沸き上がりを感じつつもいい意味で冷静になってテンポキープを意識できたのもよかったかなと思います。

 そのあとは着替えの時間を挟んでからのファッションショーでした。われらのチームのさきちゃんの着替えというか、羽根やら白チュチュのしっぽ付けやゴールドパール付けに手間取っていたのですが、かにちゃんやみかちゃんを中心にみんなで協力して素敵に着せ替えをしてくださっていました。私もみんなの手を借りてマントや首飾りをつけてもらったり、被り物を固定するアイディアとして、「タオルを頭に巻くといい」と言われたのでタオルを巻いたら、頭を激しく振っても動かなくなりました。みんなの着替えも無事に終わってよかったです。

 ファッションショーの一番手はゆりかちゃんチームの『Rainbowで』した。シルクハットに茶髪のボブ姿の美少女は最初誰だ? と思ったらやよいちゃんで、側転のすごいバージョンのようなものを披露してくれて、意外な特技にびっくりしました。淡い虹色のドレスに身を包んだゆりかちゃんや、丸いスカートを身に着けたさやねちゃんたちがいつも踊っている『Rainbow』を華麗に踊り、後ろには長い三角頭ののっぽな色とりどりのバックダンサーが非現実的な世界観を演出していて夢のような世界でした。あゆちゃんチームからゆずりうけたという、雨を模した感じのカラフル透明テープがぶらさがったパステルカラーの傘を手に持ち優雅に踊る姿もまたのびやかで素敵でした。

 二番手はちさとちゃんチームの『Ain’t your mama』で、カラフルな衣装には、おどると裾の揺れがすてきな中東踊り子風ズボンやお父さんお気に入りのエミレーツ航空巻きスカーフのついた頭の飾りがかわいかったです。よしえちゃん演じるハリウッド女優顔負けの金髪美脚白ドレスママや、やすよちゃん演じる紫ヘアー漆黒クールママの取り合わせも最高でした。
 
 3番目は我々かにちゃんチームのBird Set Freeです。曲中にいれた動きで「これは面白いよね!」といっていた箇所で観客席から笑いが聞こえて安心しました。おすすめは卵の背後にみんないるときに、みかちゃんがコンコンと卵をたたくと、さくらちゃんとみつきちゃんが「OH~」という歌声とともに顔をひょっこりのぞかせるところです。かわいい。さきちゃんが華麗に舞う姿も涙が出そうな美しさだったと思います。
 
 四番手はまえちゃんチーム、『Up Town Funk』でした。岸本一家も踊るのに参加していてものすごい盛り上がりでした。個人的には最初から最後までちさちゃんの真顔ですかしてる感じのキャラクターのなり切り具合がツボでした。ひらひら付の扇風機やクラッカーや風船、あと両側の2人が乗っている謎の土台などの小物の演出も凝っていて面白かったです。私もサタデナイハレルヤしたい。
 
 5番目はあゆちゃんチームの『Muddy Water』です。この曲は最初に聞いた時からなんだかすごいオーラの曲だなあと思っていて演出や衣装がどうなるのかとても楽しみでした。そうか、泥ときて金色の衣装ときたかー! と思いました。お父さんがおっしゃっていたように金色の衣装に黒い傘がとても映えていてきれいでした。なおちゃんとあゆちゃんのコンビもラスボスのようなオーラがすごかったです。あゆちゃんの頭の果実っぽい飾りは何を象徴しているのか気になります。このチームも傘を使った踊りが楽しそうで、みんなの表情も笑顔になったりクールな表情になったりと作りこみがこだわりを感じました。
 
 最後はゆいちゃんチーム、『Happy face』です。このチームは世界観やモチーフがすごく良くて、大魔王やカラフルで雑多なもので飾り立てられたピエロたちや、頭が大きい謎の白い生命体など、今の消費社会に警笛を鳴らしたメッセージ性がいいなと思いました。舞台背景のごみ置き場がすごかった。ごみを捨てる現代人からニコニコ笑顔で踊りだすピエロに変身したゆいちゃんの変わりっぷりもすごいなと思ったし、ぬいぐるみを腰に付けたりんねちゃんも踊りのキレがすごくてかわいかったです。
 
 ななほちゃんりなちゃんのピエロコンビは、練習風景をたびたび見ていたので、「こうなったんだ~!!」と完成系が見られてとっても嬉しかったです。さすがの踊りのクオリティです。頭でか白生命体の人たちもいい味でした。雑多な衣装や背景の中で異世界感を演出していて、妖精さんのようで、でもどこか不気味な感じもあって引き込まれました。そしてあけみちゃん演じる大魔王(?)。ふるまいや表情のクールさ、下々を見下ろすあけみちゃんの悪役の王らしい表情、ぞくぞくしました。あとからななほちゃんに聞いたのですが、あけみちゃんとは1,2回しか合わせで練習していないそうです。限られた時間でよくぞあそこまで作り上げなさったあけみちゃん、チームのみなさまに脱帽です。
 
 誕生会のラストではお父さんが弾き語りをしてくださいました。定番の曲をやってくれて、私もだんだん曲を覚えてきました。みんなでお父さんの周りを囲んでヒーローを歌ったのがあったかい雰囲気で和みました。

 実行委員さんやなのはなのみんなが、お父さんやお母さんを楽しませようと全力で取り組んでくれたことで、最初から最後まで素晴らしい世界に浸ることができました。そして私もその世界を作るのに参加できたことで、より気持ちが入り込んで、みんなと心が一体となって、このかわいくてポップでどこかメッセージ性のある世界の住人となれたような気がします。
 
 チームのみんなと時間と手間、脳みそを費やして生み出してきた過程は、苦しさやしんどさもあったけれど、今誕生会を終えて感じるのは、学び、喜び、楽しみがそれ以上にあったなあということです。今回のことを次の催しやコンサートにつなげられるだろうということを思うととても嬉しくて楽しみです。